上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
任天堂3DSカンファレンス 2011(任天堂)

ソフトラインナップを見てるうちに何となく顔に違和感を覚えたので、何だろと思って頬を触ってみたら思い切り緩んでた。
…モニタの前でにやにやしている自分、我ながらキモイ…w


てな訳で本日は任天堂のマスコミ・ゲーム業界関係者向けの発表会、任天堂カンファレンスの日でありました。

「ビデオゲームの歴史上例がないのでは」 大量ソフトで攻勢をかけるニンテンドー3DS(ITsoftMEdia)

任天堂タイトルでは「スーパーマリオ3Dランド」(11月3日)発売や、「スーパーマリオテニス」「ペーパーマリオ」などの新作や「ファイアーエムブレム」シリーズの完全新作、「カルドセプト」などを発表。バンダイナムコゲームスが任天堂ハードとしては初となる「エースコンバット」「鉄拳」シリーズを発表するなど、サードパーティの作品もそろえた。

な…なんかわからんけど色々キターーー―!!Σ( ̄◇ ̄;)

マリオの新作が11月という比較的早い時期(個人的には最悪来年になるかと思ってた)に出るのもさることながら、マリオテニスやペーパーマリオ、マリオカートなどシリーズ的にも充実。
そしてファイアーエムブレムやカルドセプトの新作が来たのも嬉しいサプライズ。 こ、これはやばい。 全部欲しいぞ正直。
通信機能が結構充実してる今の状況でカルドセプトとか、今から対戦が楽しみすぎるわw
ファイアーエムブレムも楽しみだなぁ。 またソフトリセットを多用する日々が始まるのかと思うとちょっぴり冷や汗が。

ファイアーエムブレムの完全新作が萌え萌え大戦すぎる件(ばるかんろぐさん)


他にも

「NEWラブプラス」発売日が12月8日に決定! 公式サイトリニューアルオープン! コナミスタイルで3DS本体の抽選予約スタート!(わぷわぷだいあり~♪さん)

「SDガンダム ジージェネレーション 3D」12月22日に発売決定! 「機動戦士ガンダムAGE」も参戦決定!(わぷわぷだいあり~♪さん)

「NEWラブプラス」、「SDガンダム ジージェネレーション 3D」。

カプコン、3DSで『モンスターハンター4(仮題)』の開発を発表!(ゲーム好きの戯言ブログさん)

「モンスターハンター4」のサプライズ発表など、何か全力を傾けて来た感が伺えるラインナップの目白押し。
モンハン新作が3DSでこの12月に出るというのに、次作の開発はもうやってるのか…これもゲーム好きにはたまらないな。
後暫くモンハン専用になりそうな3DSの追加オプションも。

【3DS】3DS専用アタッチメント『拡張スライドパッド』の実物接写画像
(ゲーム情報!げーむのはなしさん)

モンハン新作、「モンスターハンター3G」と同時発売。
モンハンみたいなゲームをやるには少々3DSは小さすぎるので、手に本体を持った時のホールド感とボタン数の少なさをカバーする意味でのこういう拡張は万々歳なんだけど、単四電池一本付きってのが気になるなあ。
本体の充電池と連動で使える仕様には出来なかったのかな?
まぁ3DSは結構バッテリーの消耗が早いし、仕方ないといえば仕方ないのかも知れないけれど。

『モンスターハンター 3(トライ)G』12月10日発売&予約受付開始!(PSP、DS、んでTAKEOさん)

肝心の新作の方も、旧作に出てきたモンスターがまた復活するということで、コレもまた楽しみであります。

3DS「モンスターハンター3G」はオンライン非対応!(ゲームでYouTubeさん)

ただ、オンライン非対応って情報があるのがちょっと気になるけど…。
基本ソロでしか狩りに行かないから問題ないな、うんw



いやー、ゲーム好きにとってはかなりの豊作だった今年のカンファレンス。
先日の話ですが、この後WIIではドラクエの最新作出るし(オンラインってのがちょっと不安だけど)、PS3やVITAではペルソナ4の格ゲーと完全版出るし…年末から年始にかけて、中々面白いことになりそうです。

まずはマリオかー。 今から楽しみが広がるなぁ。
スポンサーサイト
2011.09.13 Tue l ゲーム l コメント (4) トラックバック (0) l top
2011081600.jpg

「題 聖地巡礼」

8月14日朝・国際展示場、ビッグサイト前にて撮影。
――この構図、もっと良いカメラで、凄く腕の良い人が撮ったらちょっとした賞取れないかな? 戯言も良いところですが(苦笑)

三日目午前中のみコミケに参加して来ました。
暑いのは解ってたけど此処まで暑いとは。 じりじりと体全体を焼かれる感じが何とも言えず酷かったです。
今回はちゃんと帽子やら飲み物やらの準備をしていったから余裕がありましたが。 …良かった、用意して置いてほんとに良かった^^;
あと、途中で買ったかき氷は本気で美味かったなあ。

2011081601.jpg

たぶんコレがなかったらちょっと死んでたかも知れない。 氷屋のお兄さん有難うw


遅ればせながら、暑い中参加された方本当にお疲れ様でした。




んで、コミケに行って来た後の午後は此処に行ってました。

PRESS START 2,011

2011081602.jpg

ゲーム音楽の祭典、PRESS START。
お目当ての本が発売されるコミケ三日目と日程が被ったのはもう悲劇としか言い様が無い。 欲しい本を買って、コンサートも見て、となると(コミケというイベントの性格上)どうしても朝に行かないと間に合わなかったんだよなあ……コミケが無ければもう少し余裕を持って見に行けたのにw

流石にちょっと疲れましたが、まぁその苦労に見合うに足る、自分にとっては価値あるイベントでありました。


ゲームを構成する上で決して無視出来ないのは音楽という要素。
大抵の場合、ゲームを起動したユーザーが最初に触れるのが音楽。
ユーザーの中で作品のイメージを決定する為の大切な要素の一つであります。

そして、FFしかりDQしかり“ユーザーの記憶に残るゲーム”というのは例外なく名曲が揃っているもの。

名曲の存在が名作を作る。 これはゲームに於ける真理だと思います。

ごく偶に「名曲だけどゲーム部分はダメ」ってのはありますが(苦笑)


2011.08.16 Tue l ゲーム l コメント (6) トラックバック (0) l top
今日は先日行ったイベントで体験してきたことを書こうと思ったら、カードリーダーの不備で画像が使えなくてかなり凹みましたorz

…最近、身の回りのものが壊れることが多いなあ…。



閑話休題。



本日、PSPにてSDガンダム ジージェネレーション ワールドが発売されました。

Gジェネレーションシリーズは常に「ガンダム」という作品の深い所まで網羅するゲームなのですが、今作は何時にも増して収録作品が多いなあ。 「クロスディメンション」(スーパーファミコン。 ガンダムの世界観を踏襲したシミュレーションゲーム。 異常に難易度が高く、後半はほぼ運ゲー)なんてプレイした人自体少ないんじゃなかろうか。
プレイ済の僕としてはとても嬉しいのだけれど…ガンダム・ピクシーって聞いて「ああ、地上ではアムロのガンダムより強いっていうアレか」ってピンと来る人が果たして何人居ることやら。 相変わらずガンダムファン以外には優しくないゲームである。

と、このように原作ファンにはたまらないゲーム内容なのですが、個人的には不満が一つ。



マイナーなゲームを引っ張ってくるくらいなら何故↑の方も出さないのかと。
何時も漫画の方の「ガンダムF90」は出てるのに…差別だw

音楽は上の通り凄い良いし、物語自体も面白いのになあ。 ゲーム的には素晴らしく微妙だけど。
当時(小学校1年)マジ泣きしながらクリアしたのは良い思い出である。 ビームサーベル当たんねー! ビームライフル当たんねー! また母艦がやられたーー!!(泣)


このGジェネレーションやスーパーロボット大戦等のクロスオーバー作品を見ると、何時も「あの作品が出てない」、「この作品が出てないのは残念」、「その作品は要らないんじゃね?」ってな気分になってしまうのはガンダム――いや、ロボットアニメオタクの性みたいなものなんでしょうかね(苦笑)

何時か全てのロボット作品を集めたシミュレーションゲームをやってみたいなあ…ブルーレイで3枚組くらいのボリュームのヤツをw




※コメントレス遅れて申し訳ありません。

後日返答させて頂きます…m(_ _;)m
2011.02.24 Thu l ゲーム l コメント (5) トラックバック (0) l top
20110223.jpg

僕は何度ゲームオーバーになれば気が済むのだろうorz


てな訳でPS3のキャサリンやってます。
先日そんなに詰まることはない、とか書いておきながら早くも先へ進むことが困難になっております。 正直こんなに難しいゲームだと思わなかったよ…一度はまり込むと抜け出せない、アリ地獄のようなゲームだコレは。

ゲーム内容は主人公が二人の魅力的な美女に翻弄される日常を描くアドベンチャーパートと、原因不明の悪夢から脱出するために挑むパズルパートを交互に繰り返すことで物語が進行していくという仕様。
このパズルパートが激ムズ…という訳でなく、繰り返しやることとちょっとした閃きでクリア出来るようなバランスになっているのが面白さの要因になってます。 ただし閃きが来ないとどうしようもなく先に進めないのですが(汗)
将棋で5~6手くらい先の展開をきちんと把握出来る人なら楽に進めるかも知れないけど、僕はそういう先読みが全く出来ないんだよな…目の前のことで精一杯な人間には、こういうゲームは不向きなのかも知れない。
まぁ、面白いから継続して遊んでしまうんだけどw


果たしてクリア出来るのは何時の日になることやら…。



>気になったニュースとか

キャサリン攻略wiki(ネタバレ有なので閲覧時には注意されたし)

基本的にゲームに関しては「一度クリアするまで攻略記事は見ない」というポリシーがあるのですが、あまりにも進行しないので仕方なく(どうしても勧めない場合のみ)こちらを閲覧してます。
トップページの攻略映像には本気で助けられました…でも、なんなんだろうこの敗北感は(苦笑)

こうなると難易度調整パッチも使ってしまうかも…いや!使わないぞ!使ってたまるか畜生!^^;
2011.02.23 Wed l ゲーム l コメント (4) トラックバック (0) l top
(個人)理想のゲーム、論(よゐこ有野 書記係に立候補しますさん)


有野課長がゲームのことを語られていたので抜粋。


>>今のオンラインゲームに限ると、プレイ時間の長い人程、得をするようになってる。 

ゲームは(基本的に)プレイ時間が長ければ長いほど見返りがある(そのゲームのシステムに対する慣れとか、キャラクターのレベルとか)ものですが、オンラインゲームに於いては特にその傾向が顕著だろ、と。
自分だけでそのゲームをやるのならまだしも、多数のプレイヤーが集まるオンライン上ではそういった〝初心者と経験者との差〟が色濃く現れてしまうので、結果的にオンラインゲームは(初心者にとって)敷居が高くなってしまっている、と有野さんは書かれている。

文章中で示唆している〝やり込んでる人ほど、武器メッチャ減ってる〟オンラインゲームはそんな敷居が取り払われているので、初心者・経験者と言った枠組みが作られず、ユーザーの方々に幅広く支持されそうな感がありますな。 強い武器を使って一撃で敵を倒すのではなく、弱い武器で工夫して敵を倒すってコンセプトは中々面白そうだ。 

ただ、オンラインゲームでは手っ取り早くキャラを成長させる為にそのゲームの経験者に同伴・レクチャーを受けるという方法も使用できるので、一概に「プレイ時間が長いほど得をする」とは言えないんだよな。 例え初心者でも要領が良ければ特は出来る。 そこら辺はゲームもリアルも同じか。
まあ、その為にはユーザー自身の社交性を発揮することが要求されるのだけれど。  …例えオンライン上とは言え、全く知らない人に話しかけるのって結構勇気がいるもんなんですよ…昔ちょこっとFF10をやってたことがあるんですが、他の人と一緒にクエストに出掛けるまでに二週間。 俺ってこんなに人見知りだったのかと痛感した瞬間でありましたorz

知らない人と知り合って、一緒にゲームを楽しめるのもオンラインゲームの魅力の一つなんですけどね。
ある程度の社交性が要求されるって時点で、やっぱり少しは敷居が高くならざるを得ないのかも知れんなあ。
 


>>オンラインゲームってドンドンリアルになっていってる。 これも、何か嫌や。


オンラインに限らず、ゲームがグラフィックの向上などでリアルになっていくのは構わないのだけど、あまりにも現実を連想させるような内容になっていると少々違和感を感じる。
これは単なるゲームなんだから、そんなに現実に即した内容にしなくてもいいじゃん! みたいな感じで。
リアルさを究極まで追求したら、それはもうゲームじゃなくて別の何かだよなあ。

一方バイオハザード龍が如くなどのリアルさを追求しつくしているようなゲームで、主人公がA地点のアイテムボックスに入れたアイテムをB地点のアイテムボックスから取り出したり、ヤクザ同士が抗争を始めようとして一触即発な状態になっている時にのんびり釣りをしたりキャバ嬢を口説いたりしている姿を見ると、ああ、ちゃんとゲームとしてのルールが守られているなあ、と安心したりもする。 

ゲームはゲームである以上、リアルでは実現不可能(不自然)な要素を幾つか入れておくのが正しいんでしょう、多分。



まあ、この先ゲームがどうなっていくのかは解りませんが、取り敢えずはこれからも理屈ぬきでゲームを楽しめる自分で在りたいもんですねえ。



>本日購入

091204.jpg

ときメモ4とどっちにしようか迷ったのですが結局こちらに。 「ラブプラス」を細々とまだやっている身としては浮気は出来ん(ぇ)

今作は行き詰まり対策としてルイージが〝お手本プレイ〟を見せてくれる仕様になっているとのこと。
その旨を兄に話したら

「えー? 一人で姫を助けたことも無いあんな緑のヒゲのレクチャーが役に立つの?」


などと言う始末。

お…弟を馬鹿にすんなァ!!!



2009.12.04 Fri l ゲーム l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。