上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日のマリオさん。
DSCN1543.jpg
――ちょっとクッパがカッコ良かったので思わず激写(そして少し失敗)。
相変わらず攻撃が多彩だなあ、この大王サマは。


こんな感じでマリギャラ(?)は順調に進んでおりますが、同じ日に購入したエースコンバット6は遅々として進行しておりません。

…難易度「ノーマル」でやっている筈なのにノーマルな難しさに感じられないのはどういう訳なんだろう?

やはり技術的な問題か?
――いや、それよりも他にもっと別の理由が――ありました。
かなり根本的な問題が…^^;


戦闘機のリアルな挙動を体験することが出来るこのゲーム。
その性格上、(ゲーム内での)速度はべらぼうなものとなるので、常に敵の位置を把握することが基本戦術。
そして、その為には敵の位置を把握する為の機能――ロボットゲーム等ではお馴染みのレーダーの存在が重要になってきます。 なってくるのですが。

我が部屋に設置されている14型ブラウン管TV(三菱製)では、レーダーの詳細を表示することが困難。

何が画面上に書いてあるのかさっぱり読めねえ!^^;;

…一応、敵・味方に関しては色分けが為されているので何とか識別できるのですが

あそこに居るのが何の部隊か。
こちらに居るのは何の部隊か。

それが解らないのでは部隊の護衛もへったくれもありません。

仕方が無いので適当に敵を追っかけていると

「ガルーダ1(主人公の名前)! 何をやっている! 味方の部隊が襲われているぞ!」

と、基地のオペレーターから怒声が飛んでくるのですが

味方が何処に居るのか解らないんだから仕方が無いじゃないかッ(泣)


結果、勝利条件を満たせずに敗北すること多数(苦笑)



…まぁ、ゲームがクリア出来ないのをテレビの所為にするのは筋違いなんですが…ゲームショウで体験した画面では、もう少し見易かったような気がするので…。
昔のゲームなら充分に表示出来てたんだけどなぁ。
ハードのレベルが上がると要求される画像設備のレベルも上がる、ということか。


――流石にこの為だけにテレビを買い換えられる勇気は僕には無い…(汗)
スポンサーサイト
2007.11.07 Wed l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (4) トラックバック (0) l top
紆余曲折ありましたが
DSCN1532.jpg

マリオギャラクシーをやってます。

つい先日発売された、任天堂・スーパーマリオの最新作。
いつもの如くクッパに姫が攫われ、それを助けに行くのが本筋なのですが、今回彼が姫を助けに訪れるのは宇宙。
今まで色んな所を旅して来たが、とうとう宇宙へ行くことになったか(まぁ今までのシリーズでも結構行っているけど)…どんどんスケールが大きくなっていくなぁ。 未来や過去にも行ったし、恐竜が住む様な場所にも行ったし、色んなジャンルのゲームにも出演してるし…次は何処へ行くのだろう?w


さて、肝心のゲーム内容ですが、基本的なルール(ジャンプして相手を踏み付ける、アイテム(今回はスター)を集めると1UPするなど)は今まで通り。 それにスピンハチマリオなどの新要素が加えられております。
“マリオ”シリーズで一番評価出来るのは、そんな風に基本的なルールは(あんまり)変わらないのに、毎回違う世界観とゲーム性(操作性等)織り込むことで、マンネリ感を感じさせないように創られていること。
まだ序盤ですが、きちんと作ってある完成度の高さがひしひしと感じられます。

――“任天堂に外れ無し”とは、上手いことを言ったものですな(誰が言ったのかは知らないけれど^^;)


しかしながら、問題が一つ。
ゲームの舞台が宇宙だから仕方が無いのですが、画面が上下左右に目まぐるしく動く――マリオさんもマリオさんで姫を救い出すのにやっきになっているものだから、これがまた激しくアクションを起こしてくれます。

結果、僕ことプレイヤーは目を回してしまう場面が多数。

画面上部が天井かと思えば、土管に入った瞬間に画面下部が天井になったり。
縦横無尽に走り回っていると、見失っていた穴にあっさりと落ち込んでしまったり……始めたばかりだからなのかも知れませんが、中々このゲームの特性に感覚が付いていけていない模様です。

元々乗り物酔いし易い体質だから、それが原因なのかなあ……酔い止めを飲んでからやるべきなのか(苦笑)




追記

ギャラクシーの他に
DSCN1533.jpg

これも購入しました。
こちらの感想は後日書きますが……間違いなく酔うだろうなあ……^^;;
2007.11.04 Sun l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (5) トラックバック (0) l top
本日はマリオギャラクシーの発売日。

――しかし諸事情の為、自分は二日後までお預けを喰らっております。

早くやりたいッ…!!



しかし、今まで色んなゲームをやってきたけれど、あのヒゲのおっさんには強い思い入れがあるなぁ。

パッと観、ただのおっさん(怪しげなキノコや草を食べたり、色んな怪物と戦ったりしてるけど)なんだけど……生まれてから一番最初に触れたゲームだからなのか、〝マリオ〟は自分の中で特別な存在になってます。


トレードマークの赤い帽子。
青色が栄えるオーバーオ-ル。
ふさふさのヒゲにおっさん体型。
赤いキノコを食べて大きくなって。
緑のキノコを食べて分身して。
茶色いキノコを食べたら二頭身。
花を食べたら炎を撒き散らし、星を取ったら光り輝く。
時にはタヌキ、時にはカエル、更には地蔵といったコスプレからマントまで華麗に着こなすナイスガイ。



憧れとか、そういうのとは違うけど。

〝ゲーム好き〟な自分にとっては、マリオはいつまでも、これからも僕の中でヒーロー…みたいな位置付けになるんだろうなぁ…言ってて少しばかり恥ずかしいけどw


次のスマブラXも楽しみだなー(^^)
2007.11.01 Thu l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (5) トラックバック (0) l top
てな訳で始めたサケブレイン

ブルーこと長兄は何となく微妙な表情をしておりましたが、そんなことは気にしちゃいられません。
恥ずかしいのは解るけど、諦めて正義を守るんだなっw


さて、このゲームは音声認識タイプのアクションゲーム。
次々と出て来るザコ敵をやっつけながら、ボスを目指して進んで行く…ルールとしてはとても単純なものです。
昔のゲームで言えば、ファイナルファイトや、ザ・グレイトバトル等に近い感じでしょうか。

しかし、それらのゲームと決定的に違うのは、音声認識に対応している――敵を攻撃するにはマイクに向かって叫ぶ必要があるという点。
普通のボタン操作だけでも攻撃は繰り出せるのですが、それだと敵が中々倒れない上にこのゲームをやる意味が8割ほど減ってしまうので…^^;)
つまり、ゲームをやりながら

たあ!
てい!
うりゃあ!


などと叫ぶことになる訳ですね、必然的に
――この時点で、道端とか喫茶店の中とか…外ではやりにくいなぁ(苦笑)

そうやって叫んだり(叫ばなかったり)しながら敵を倒していくと溜まっていく画面下のゲージ。
そのゲージがMAXになった時、気合と共に

チェーーンジッ!(此処で切ると認識され易いような気がする)バクレツッ!!

と叫べば変身完了。
攻撃力が上昇し、必殺技が使用可能になります。

自分が使用しているキャラ〝レッド〟の固有必殺技は飛び蹴り
通常はジャンプ中に何か叫べば勝手に飛び蹴りになるのですが、此処は敢えて

フェニックス・キィーーーックッ!!(゜□゜)

と、(設定上の)必殺技名を高らかに叫んでみる。
…結局のところ威力は変わらないんですが

普通に蹴るより技名を叫んだ方が強くなる(参照:必殺技語り)筈なので、気分的には満足w

どうにもこうにも〝必殺技〟という単語の響きに弱い自分。
こういう部分がガキっぽいと言われるんだろうなー。
ま、楽しいからいいか(^^)



――総評として。

ゲームシステムや難易度、世界観等は普通なんですが、

必殺技の名前を堂々と叫ぶことが出来るのとパートナーがゲームをやりながら何やら叫んでいる姿を観られるのは面白いなぁと。

まぁ、自分の姿も同じように見られていることになりますが、それはそれでw



…次の休みには次兄も帰って来るだろうから、三人で合体技でも試してみるか…(笑)
2007.09.20 Thu l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (8) トラックバック (0) l top
何時までも落ち込んでばかりではいられないので、ストレス解消に良さそうな

DSCN1397.jpg


絶叫戦士サケブレインをプレイしてみることにする。

ソフト自体はちょっと前に届いていたにも関わらず、色々あって積んでしまっていたこのゲーム。

このゲーム特有の声を出して敵と戦うシステムであれば、きっと僕のこの陰鬱な気分も吹き飛ばしてくれる筈…そう思いながら、早速スイッチをONに――――って、あれ。

これって……ホントに1人じゃプレイ出来ないのか?(汗)

い、いや! パッケージにもHPにも「2~3人専用」と書かれていたから、2人以上でやるゲームということは理解していたけれども。

Wi-Fiに対応してないのには少しばかり面食らってしまった。

…と言うことはDSを持っている友人か知人と直接差し向かいでやるしかないのか……でも、平日のこの時間帯(夜)に
「サケブレインやろうぜ!」
などとは誘いにくいし…(^^;)


正義と平和は一人じゃ守れないものなんだなぁと妙なことを悟りつつ、諦めてゲームを棚に戻そうとしたところ

「ただいまー」

玄関から帰宅を告げる声が響く。

あ、おかえり兄貴……そう言えば兄貴もDS持ってたっけ。


――よし、二人目の戦士決定(p ̄ー ̄)
2007.09.19 Wed l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。