上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
それは寮近くの駅での出来事。

何処の駅にでも在る、共同トイレで用を足そうとしたところ。
そのトイレの入り口で誰もが嫌う黒いヤツ――別名「G」が自分の前に立ち塞がりました。
Gは自分が最も苦手とするモノ。
対峙してしまった以上、先に動いたらやられると思い、その場に立ち尽くしておりました(恐怖のあまり軽度の金縛りにあっていたとも言う)。
互いに隙を伺ってから三十秒ほど経過した頃でしょうか。
突然、ヤツ――Gの傍らから何かが飛び出して来るのが見えました。
効果音にするのなら“しゅばっ”と言う感じだったので、しっかりとは見えなかったのですが…あれはヤモリなのかトカゲなのか…兎に角、爬虫類のように見えました。
第三者の登場に戸惑ったのか、はたまた僕との対峙に夢中になっていたのか――黒いヤツことGは易々とその“爬虫類のようなもの”に圧し掛かられ、暗闇の中へと連れ去られて行きました。
後に残されたのは、呆気に取られてそれを見守っていた僕一人。
最早用を足す気にもなれず、寮への帰路を取るのみでした。

暗闇に連れて行かれたヤツが一体どうなったのか。
その先は想像するに難くありませんが…想像したくないです^^;
かくも、この世を生きるという行為は戦いの連続である、と痛感した一夜でした…だからどうしたと問われると非常に返答には困ってしまいますが(苦笑)

本当に気持ち悪かったんですってば(汗)
スポンサーサイト
2006.09.19 Tue l 日常 l コメント (8) トラックバック (0) l top
ゴッドハンド、もしくは神業をやりたい
公式HP、およびプレイした(プレイ中の)人の記事を見る限り、どちらも激しく面白そうです。
片やぶっ飛んだ世界観とギャグ。
片や“他人のものを盗む”というシステム。
昔あったクレイジータクシー的なノリですなこりゃ…(悪い意味でなく)お馬鹿なノリに特化したという感じか。
素敵スティールとかゴッド土下座とか、思わず繰り出してみたくなるような技が素敵過ぎるんですけど(笑)。
FF3のような所謂“正当派”に位置するゲームに対し、これらは言わば“変則派”のゲームと言えるでしょう。
そして時に、人は激しく変則的なものに惹かれてしまうもの。
…積みゲーはまだあるけど、安く売っていたら無意識のうちに買ってしまっていそうな自分が嫌だ(苦笑)


http://www.cloverstudio.co.jp/godhand/(ゴッドハンド公式HP)
http://kamiwaza-game.jp/entrance.htm(神業公式HP)
2006.09.18 Mon l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨日(17日)は徹カラに参加して参りました。

歌える歌のレパートリーが非常に少ない(限定されている)ので、少々盛り上がりに水を差してしまったり。
後半の方で30分ほど眠りこけてしまったりと色々とやらかしてしまいましたが、非常に楽しい時間を過ごさせて戴きましたw

しかし。
充実した時間を過ごし、満足して家に帰ったまでは良かったのですが…。
帰宅した瞬間に激しい筋肉痛に襲われました。
野球→徹カラと少々身体に無理をさせたツケが来たのかどうか解りませんが、兎に角腕と足にぴりぴりとした痛みが。
ぐぬぅ、確かに運動不足は運動不足だけど…筋肉痛が遅れて来た、というのはショックだ…。
普通に筋肉痛になるのは良いけど、遅れて来るのは老化の証だと良く言われてるしなぁ。
こんな時だけ“自分が歳を取った”と実感するのも嫌だし。
やはり少しでも身体を鍛えるべきなんだろうか…うーん(汗)


>PS
誘って下さった桐生さん姫苺さん
そして付き合って下さったゴブさん天狼さん着弾観測さん松さん…本当に有難うございました。
皆さんと過ごした時間、とても楽しかったです。
宜しければまた誘って下さいね~(笑)
2006.09.17 Sun l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top
三連休の始まり。
何をしようかなあと思っていた矢先、先輩からの電話が。
「お早う。 早速だが今日君は暇だな?」
「はぁ、暇と言えば暇ですが」
「良し。 野球に行くぞ」
「え? いやちょっ…」
“ブツッ、ツーツー”といった無機質な電子音が片方の耳に届く中、もう片方の耳では窓の下で待機している先輩の車のエンジンの音が聞こえて来るのでした。
正直話に付いて行けていないのですが、言われるままに車に乗り込み、事情を聞くことにしました。
何でも今日は試合の日であるにも関わらず、うちの会社の野球部のメンバーが何人か都合が付かず、試合に参加するための最低人数を割ってしまっているそうなのです。
そこで人数合わせの為に僕が選ばれたとのこと。
まぁそういう事情があるのであれば参加するのに文句はないのですが、そうなると気になる事柄が一つ。
僕は何処を守るんですか?
「ああ、ショート
Σ( ̄△ ̄;)そこって、守備の要じゃ…しかも結構ボール飛んできますよね?
「他にショートをやりたがるヤツがいなかったんだから仕方あるまい」
仕方がないってアナタ
「先輩命令」
…ハメラレタ、と思った時にはもう遅かったです…orz

結局7番ショートとして試合に臨むことになった訳ですが。
相手のピッチャーの物凄く速(く自分には見える)い直球とかなり曲(がっているように自分には見える)がるカーブ。
取り敢えずバットを振ってはみるものの、当たらないことこの上なし。
兎に角バットにボールが当たってくれない(ボールがバットに当たってくれない?)のが問題。
ボールを良く見て振っているにも関わらず、三振&凡退を繰り返す状態。
このままではいけない…打者は出塁しないと始まらないので、漫画で学んだ打法?バントをしたり、左打席に立ってみたりと色々試してみましたが、どれもさしたる効果は得られませんでした。
…たまに野球を観戦しながら「チャンスの時くらい打てよー」とか「あんなフライくらい楽勝だろ」とか言うガラの悪いおじさんが居たりしますが。
そんなおっさんに野球をやらせたら、そういうことは言えなくなると思います。
当たり前だけど、実際にやるのと見るのとでは全然違いますのう…(汗)

最終的には四打席一ヒット(文字通り偶然当たった)。
エラー三つで試合を終えることが出来ました^^;
こんな成績にも関わらず、帰り際に先輩が残していった台詞が気になっております。
「次も頼むぞ」
次?!


※ご報告
これからコメントへの返信はコメント欄で行うことにしました(汗)
このブログにコメントして下さった方にはお手数をおかけしますが、そちらでの確認をお願い致しますm(_ _)m
2006.09.16 Sat l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top
神奈川を訪れて二ヶ月。
ようやっと早い時には6時~7時
遅くても8時~9時には帰れるようになりましたw
定時(5時半)より遅くなってしまうのは変わりがないのですが、最初の頃――12時とか1時までかかっていた頃と比べると、まぁ早くなったのではないかと思います。
仕事に慣れた、などとは口が裂けても言えやしませんが、少しは社会人として成長してるのかなぁ…僕。

最近ちょっぴり帰るのが早くなった自分に対し、先輩方から色々なコメントが。
「お前が早く帰ると安心するなあ」
「どこか間違えたところはないか?」
「何かあったらすぐに言えよ~」
「お菓子あげるから元気出してね~?」←?
「車には気を付けろよ」

…僕はそんなに危なっかしく見えますか?(汗)
何だか憤りを感じると共に、自らの情けなさに涙が出てきました^^;

嗚呼、一人前になれるのは何時のことやら(苦笑)


>涙星さん
ですねぇ…リメイクして良くなったはずなのに、逆に古いものの方が良かったと思うことが度々…w
新しいものも、古いものも、それぞれに良い所があって悪い所もある…今の所、リメイクの悪い所ばかり見えていますな(苦笑)
>>セーブ忘れ
これをやったのは小学生以来でしたorz
それだけにショックもひとしおです…^^;
2006.09.13 Wed l 日常 l コメント (3) トラックバック (0) l top
ある友人は言う。
僕はゲームが下手であると。
好きは好きなのだろうが、技術がそれに伴っていないと。
…自分でもあまり上手くないとは思うのですが、それでも。
自分は下手であるとは認めたくないのがゲーム好きの性であります(何^^;

…ゲームが下手である、と言われてしまう原因は何か。
それは技術、反射神経云々ではなく、もっと根本的な…“ゲームを進行させる(クリアする)ため”“対戦に勝つため”の「何か」が欠け、変わりに別のものが頭をもたげて来ているのが原因ではないか、と自分は考えております。
原因の名は「拘り」
ゲームをクリアするという「結果」ではなく、ゲームをクリアするために辿る経過に対する「拘り」を求める傾向。
それが日々強くなっているのを実感しております。
字面で書くだけでは解りづらいので、マリオカートを例として挙げてみると。

相手は一位、自分は二位のポジション。
スピードはこちらの方が上…最終コーナーで上手くインを衝けば一位に躍り出ることが出来る! という状況。
勝つことに拘るのであれば、普通にドリフトでインを衝けば良いのですが…大人になった今では、勝つこと以上に勝つと言う行為自体に華々しさ(自己満足とも言う?)を求めてしまうため、そこで無理にミニターボをかますことになるワケです。
…結果はコーナーを大きく膨らみ、二位。


もしくはボンバーマン。

対戦時、火薬7個、ボム5個、スピードアップ5個、リモコン爆弾取得。
この絶対的有利な状況で、アイテムを更に取得しようと動き回ってしまう。
能力は出来るだけ限界に近い状況にして勝つ――そんな下手なプライドに拘った結果、相手の意表を衝いた爆風に巻き込まれ爆死。


最後に格闘ゲーム。

お気に入りの必殺技で勝つことを意識。
結果戦術が単調に。
勿論敗北



…全て、勝ち方に拘り過ぎる姿勢が招いた敗北と言えますな orz

従って、勝ち方に拘らなければ僕のゲームの腕は標準である…と言えるのではないでしょうか?
この理論、どう思いますかうーさん。
DSCN0532.jpg

「…ヘタクソなのを必死に言い訳しているようにしか聞こえねぇニャ」

Orz


>PS
同じことを友人に熱烈に語ったら、案の定「あっそ」の一言で一蹴されました(泣)
…僕は下手じゃないんだってばさ^^;
2006.09.13 Wed l ゲームプレイ日記 l コメント (3) トラックバック (0) l top
現在地はこちら。
DSCN0549.jpg
…進行が遅すぎると言うなかれ(苦笑)

めでたくトードを手に入れ、オーエンの塔攻略へ。

このゲームの雑魚敵が強いのは先日述べましたが、同時にエンカウント率(敵の出現確率)も高めに設定されております。
そういうゲーム特性と(RPGに対して)行き当たりばったりなプレイスタイルの自分が噛み合うとどうなるか。
答えは勿論、大苦戦
白、黒魔道士の魔法が封じ込められてもやまびこそう(バッドステータス:沈黙を治すアイテム)がなかったり。
毒を喰らってもどくけし(orポイゾナ)がなかったり。
主力の赤魔道士が死んでも、フェニックスの尾(戦闘不能を治すアイテム)がなかったり
…と、雑魚敵に次ぐ雑魚敵に散々な目に合わされる羽目に。
RPGに於いて、回復手段がないときほど悲しいことはないッ(泣)

…まぁ、そんな状況でも何とか塔はクリアしたのですが…。
次なるダンジョン、ドワーフの洞窟~地底湖でも同じような状況に陥ること暫し。
案の定そこのボスにも敗北の二文字を叩きつけられる事に。
しかも塔クリア時にセーブをし忘れていたというおまけ付きorz
ゲームオーバー後セーブをしていなかったと気づいた時、10分ほど固まりました(苦笑)

………我ながら不甲斐無いとしか言い様がありませんが、(FC版を)一度クリアしたと言う自惚れがこのような傲慢なプレイに繋がっているのでしょーか^^;
昔プレイした時はもう少しスムーズに進んでいたような気がするんだけどなあ…こうなったら裏技が使えるかどうか試すしかないのか…(ぉ


>黒百合さん
此処で僕のレベルは13なのですが(ぇ
攻略に妥当なレベルではない、ということなのでしょうか…^^;
2006.09.12 Tue l ゲームプレイ日記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
現在、小人の森~古代人の村辺りまでゲームを進行させております。
しかし、相変わらず敵が強い
雑魚敵の癖にこちらのHPを平気で50~100程度削っていきやがります(こちらのHPは200前後)。
…進め方間違えてるのか?^^;

ストーリー的にはFC版となんら変わっておらず。
最初のボスを倒した後は、飛空挺じーさん・シドをカナーンの街へ連れて行き、記憶喪失の小僧・デッシュと共にバハムートの巣を抜け…といった具合です。
こんな感じでFC版をやった経験から“次進むべき場所・展開”を導き出しながら進行させているのですが…まぁ多少忘れている部分も存在するわけで。
トードの魔法って何処にあるんだっけな?(汗)
これは対象を蛙に変化させる魔法なんですが、これがないと次のダンジョンに入ることすらままなりません。
後ろから付いて来ている小僧は「グルカン族の谷へ行け」としか喋らんのですがそのグルガン族の谷のある場所が解らんのじゃあ!(泣)(
もっと有益な情報を教えろと小一時間問い詰めry


そんなこんなで海の上を探すこと二時間。
ようやく谷を発見致しました。
探索していた海とはちょっと距離のある場所で。
…まぁ、「谷」って言うくらいだから陸地にあるのは当然だよね…(泣)

しかしこんな所、FC時代に行ったっけな僕?(汗)


>朝比奈さん
コメント有難うございます~。
レビューの方は何ともお目汚しで申し訳ありませんです(苦笑)
白魔道士も良いですが、この後に出てくる「導士」もなかなか良いとの評判…是非ともプレイをw

>記号士さん
うーん、このゲームに関してはシステム的には古臭さを感じる部分も多々あるかも知れません。
でも、元は10年以上前のゲームということを考慮し、古臭さを「新鮮なもの」として受け止めやすくしているような配慮は為されていると思います。
…雑魚敵が強くてちょっといらいらすることはありますケド(ぇ)^^;

>七夜奈留さん
それは何番目のBADENDですか?(ぉ)^^;
タイガー道場のヒントを参考に、真のエンディングが見られるようセーブ&ロードを繰り返しませう~(ぉぃぉぃ)

>二階堂財閥さん
うーむ、夢でアニメキャラが出て来ることは自分にもありますが…何と言うか、女性キャラが出て来ることが少ない?ような気がします^^;
夢にド○ベンとかが出てきても全然嬉しくないッw
2006.09.11 Mon l ゲームプレイ日記 l コメント (1) トラックバック (0) l top
ゲームプレイ日記…何とも安易なカテゴリですが作りました(汗)
今やっているゲームのことをちょこちょこと語っていきますー。


FF3、取り敢えず始めてみました。
約三週間後には自分はポケモンマスターを目指さねばならないので、ちゃちゃっとじっくり(?)やっていきたいと思いますw


光と闇とのバランスを司るというクリスタルに(ほぼ一方的に)選ばれ、「世界を救って来い」と言われてしまった主人公。
気弱で読書家な幼馴染と。
鍛冶屋の娘ながら、修行が嫌で家出した気の強い娘と。
城の優秀な兵士で三人の兄貴的存在な青年と…四人でパーティを組み、長い長い旅に出発することに。
世界の命運は、光の戦士ことこの四人の行く末にかかっている…というのが冒頭の流れです。
…うーん、しかし、頼りないなあ…^^;;;
キャラクターに個性付けが為されたからなのか、FC版よりどうにも頼りなく思えてしまう面々。
雑魚敵が強めに設定されている(ような気がする)のもこの感覚を助長しているのかなぁ。
まさか初っ端で二度も全滅することになるとは夢にも(苦笑)

FC版と若干の相違はあるものの、基本的なシステムは殆ど同一。
戦闘時、逃亡する際に受ける追加ダメージ“逃げ腰”がなくなっているのはちと寂しかったですが、攻略をする上では有難い。
エンカウント率が高い(&バックアタック率が高い?)のは変わりがないので「にげる」コマンドは実に重宝しますなw


そういう訳で、何だかんだありまして。
最初のジョブチェンジはこちら
DSCN0540.jpg

シーフ、赤魔道士、黒魔道士、白魔道士。
スタンダードに戦士とモンクを入れるのは何とも変な感じがしたのでこの編成に。
シーフの直接攻撃が思ったより弱いので、暫くは苦戦しそうな感じですが…忍者になれるようになるまで我慢我慢^^;
最終的には、FC版で使っていなかったジョブ編成にしたいと思ってます。
バイキング、空手家、狩人、賢者とか(笑)

おまけ
DSCN0541.jpg

白魔道士、ジョブチェンジさせたら意外に可愛かったです(ぉ)w


>記号士さん
九分九厘性的欲求不満になるとは…それってかなりてきとry(自主規制)^^;
まぁ、人間は大なり小なり不満を抱えているようなものですから、大抵は欲求不満になってしまうということなのでしょうかw

>Ashさん
初めまして、コメントありがとうございますw
こちらこそ、妙なコメントを残して申し訳ありません(苦笑)

我ながら妙な夢でした。
普通にお礼を言われるならともかく、集団で、しかも連続で言われると…不気味でしたね。
実際の自分はお礼を言われるどころか、お礼を相手に「言わねばならない」立場のような気もします^^;
そういう意識と熱が合わさってあんな夢を見させられたのか…結局は何の意味もないのか…答えは誰にも解らない(苦笑)
謎は謎のままで終わらせておいた方が良いこともある、ということでしょうか(何)

ご訪問、本当に有難うございました。
またそちらにもお邪魔させて戴きますねw

>涙星さん
有難うございますm(_ _)m
階段から…しかも受験前にとはッ^^;;;
縁起が悪いにも程がありますなぁ(苦笑)
自分は受験前には「試験を受けた」夢を見ました。
感覚的には二度試験を受けた感じで、何だかとても損をしたような気分になったことを覚えております(笑)
2006.09.10 Sun l ゲームプレイ日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
先日より少々風邪が悪化し、一日寝込んでおりました。
熱が上がり、頭の中がぼーっとします。
そんな体調なのに、今日見た夢は鮮明に記憶に残っておりました。
いつもは「夢を見た」という感覚があるだけなのに、何故に今日だけ…?


(夢の中で目が覚めると)自分はスーツ姿で街中に立っておりました。
何処かで見たような街並みなのですが、此処が何処なのか思い出せないような奇妙な感覚を覚えつつも、ゆっくりと歩いていく僕。
そのうちに、一人の子供に声をかけられました。
その子は「こっちへ付いて来い」と僕を呼びます。
目的も何もはっきりしないので、取り敢えずその少年に付いていってみる。
付いて行ったその先は、ちょっと広い公園の中(のようなところ)。
そこでは、かつて出会った友人たちが一堂に会しておりました。
小学生時代の友人、中学・高校時代の友人。
そして大学時代の友人が、自分に挨拶をしてくる。
しかも皆当時のままの姿で。
更に奇妙な感覚を強めながら、取り敢えず皆に挨拶を返します。
そのうちに皆が自分の挨拶に対し「有難う」としか返答しないことに気が付きます。
「どうして有難うなんだ?」
何を聞いても「有難う」としか返さない友人たち。
段々面倒になってきて、その場を立ち去ろうとしても「有難う」と通せんぼされてしまう。
…御礼を言われるのは結構ですが、こうも何度も言われると流石に食傷気味な上に怖い。
こうなれば強行突破とばかりに勢い良く目の前の友人に体当たりをしてその場を逃げ出しました。
虚ろな目をしながら追いかけてくる友人。
口の形はもちろん「あ」と「り」と「が」と「と」と「う」
何をそんなに御礼がしたいのか?
何でそんなに追いかけてくるのか?
わけの解らぬままに逃げまくります。
汗はかくのに息は乱れず、疲れは感じないという夢の中特有のご都合主義っぷりに辟易しながらも、どうにかこうにか自宅に逃げ帰ったと思った瞬間、目が覚めました。

夢でさんざ走り回った結果か、多少熱は下がってました。
訳の解らない夢を見るのはしょっちゅうですが、今日のは群を抜いておりました。
…何か悪いことが起こる前触れか…?^^;;


※9月7日分返信

>記号士さん
痛い! それは痛い!w
そんなに次々と入れられたら別の症状が起きる可能性大です^^;;
出来れば普通の飲み薬を戴きたい(苦笑)

>ヴェントさん
GBAは名機ですw
DSでもGBAのソフトが使えるので、自分のは机の中にしまわれていますが…必要とあればすかさず(笑)

>>風邪
久しぶりにひいたので、少々対処に戸惑ってました^^;
もう何もぜずにぐったりしてます…(汗)
"緑茶"…今度ひいた時にはそちらを飲むようにしますね(苦笑)
>>アンパン&クリームパン
出来ることなら輸出でもしてあげたry^^;
2006.09.09 Sat l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top
つい先日、やっとこさ手に入れて来ました^^;
20060910084322.jpg

ちょっとだけやってみた感想です。
少々辛口なので、追記にしておきます(苦笑)
2006.09.09 Sat l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (0) トラックバック (0) l top
ファミ通927号。
DSCN0534.jpg

特集は
プレイステーション3特集 第二弾
DS“脳トレ”ソフト大解剖
FF3攻略小冊子

となっております。

次々と登場ソフトが明らかになっていくPS3.
どのソフトも美麗なグラフィックであることは良いのだけれど…やはり、美麗というだけでは本当に「面白いのかどうか」は解らないですね。
シリーズものとして流れを汲むものであれば、従来品から“これはこういうストーリーになる”とか“それはああいうシステムになる”といった大まかな想像をし易い(のでやる人も発売前からイメージ的にとっつきやすい)、しかしながら、PS3は全くの新規のゲームばかりが登場するが故に、グラフィックとゲーム内容から面白さを想像するしかない。
本体同時発売ソフトに、このような“イメージ出来るだけでも面白そうなソフト”が無いのは、発売当初の売り上げに相当響くのではないでしょうか…。
新規のソフトも皆面白そうなんですけどね…何かパンチに欠けるというか何と言うか(苦笑)
…ファミ通には売り上げベストランキングというものがあります。
そのランキングのうち、1位から8位までがDSに独占されている(しかも大体が20万本以上売れている)のには流石に驚きました。
果たしてPS3はこのDSの牙城を突き崩せるのか?
…無理かなあ^^;

“脳トレ”ゲーム特集
こうやってまとめられている特集を見るとDS、PSPと合わせて相当数が発売されているんですねぇ…。
ゲームショップの店頭で体験プレイした際には、自分の脳年齢は34歳
こうして心も身体もおっさんになっていくんだなぁ(泣)

FF3 小冊子(風~火のクリスタル取得辺りまでの攻略)
まだ此処まで進んでねえ!^^;;
火のクリスタルを取るには、後二時間くらいプレイせねば…。


個人的注目作
DSCN0538.jpg

星のカービィ 参上! ドロッチェ団
DS版星のカービィ第二弾。
新キャラが色々出てきてますが…デデデ大王とか、メタナイトとかは出てこないのかな…?
今月末のポケモン、年末のゼルダと任天堂は絶好調(笑)

DSCN0536.jpg

デビルメイクライ4
カプコン。 スタイリッシュアクション。
新主人公登場と、前作までの主人公が敵に回っているという点が挙げられてました。
このシリーズのキャラ、“ダンテ”は女神転生にも登場したりとかなり幅広い活躍をしております。
メーカーの枠を超えて活躍するキャラが増えるのは、ユーザーとしても楽しいものですねぇ…。
2006.09.08 Fri l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top
今週の始めより、風邪をひいてしまいました orz

久しぶりにひいた風邪。
やはり(当たり前ですが)キッツイですなぁ…。
鼻はずるずるになるし。
喉は痛いし。
セキはげほげほと止まらないし。
熱の所為で身体は重いし。
間接はぱきぽきと痛いし
…最悪でございます(泣)
ひいた当初はこんなに症状が重くなるとは思わなかったんだけどなあ。
…うーん、もしや治そうと思って飲んだ(飲まされたとも言う)が原因か…?
昔の人は酒は百薬の長とか言っていたらしいですが…嘘じゃねえかコンチクショウ(苦笑)
昔の人の嘘つきッ(超自分勝手発言)
…普段風邪をひかないので、一度ひいてしまうと回復が極端に遅いのが我が体質の特徴でございます^^;
くそう、何時治るんだコレ…誰かホイミケアルをかけてくれないかなあ…もしくは弟切草でも(何)
ただし、ポーションだけはNGで(ぇ)

そんな自分の様子を見かねたのか、先輩から
「辛そうだな。 まぁ、これでも食べて元気を出しな」
と言われ、食べ物を頂きました。
…まぁ、その行為自体はとても感謝すべきものなんですが…。
くれたのがアンパン×2&クリームパン×2と言うのが厳しすぎる。
いやだから、僕喉が痛いんですけど…。
この状態で、飲み物なしで甘いものの代表格を食らうのはとてもキッツイんですが。
新手の苛めか? 苛められているのか僕は?!^^;;

風邪っぴきはあらゆる意味で試練の連続ですな orz


>二階堂財閥さん
最近はちょっとずつ品薄状況が解消?されている模様ですよw
これでもうちょっと値段が安くなってほしいなあ…と思ってしまうのは流石に望み過ぎなんでしょうか(何)
FF3は後の記事にも書きますが、やっと手に入れられました^^;
たまねぎ剣士には何時なれるのだろうかw

>dry foods
最早突っ込む気にもなれんw

>>360
開封はしてない(ぉ)
…つか、ルータ無いから同時にPCが出来んのだ。
クロムハウンズは相当後かなー。

>記号士さん
そうですよね! 黒は指紋が目立つのが欠点…なのかな?(不安そうに)^^;
それはともかく、フォロー有難うございました(何)w

>コンフェクトさん
こちらこそ、リンク有難うございましたw
確かに性能的には変わらないのですが、心情的には黒の方が…。
例えて言うのであれば…ガンダムよりドムの方に心惹かれるのと同じ理由です(何)

>涙星さん
旧DSはうちの兄貴に取られました(涙)
それ故にこの白ライトを買わねばならない状況に陥ったという…弟の辛いところです^^;
FF3は…やっとこさ手に入れました…。
進行具合はかなりのろのろとしたものですが(苦笑)
PSPのGジェネは自分も興味があります。
ディスティニ-ガンダムを使ってみたい(笑)

>七夜奈留さん
他の方が持っているものほど良く見える。
…何と言うか、自分はそんなんばっかりです(何)^^;
それが自分の「人間らしい」部分なのかなあと思うと、ちょっと哀しい(ぇ)
2006.09.07 Thu l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top
DSブラック

DSライトブラックを買ってしまいました。
…いや、僕のものではなく、昨日の話に登場した従兄弟の少年のものになる予定のものなのですが(家の近所に売っていなかったため、買って来てくれと頼まれた)
しかし、やっぱり黒はかっこいいなあ。
取り敢えず並べてみる

こうやって、今僕が持っている白と比べてもこれは…。
……。
……………。

「…飼い主、それは流石に大人気ねぇニャ」

お…大人気ないって何故ですか^^;
ただちょっと並べてみただけじゃ…。

「どーせアンタのことだから、白は汚れやすいから黒と変えたいなあとか、正直白より黒の方が好きなんだよなあとか考えてるに決まってるニャ」

…図星を突く事が、ひとをどれだけ傷付けることになるのか、貴女は解っておられるのでしょーか?

「解らねぇニャ。 だってワシは猫ニャし」

orz
くそう、どうせ僕のDSは真っ白さッ(泣)


※8月29日分返信
遅れて申し訳ありません m(_ _;)m


>コンフェクトさん
おおー、お久しぶりですw
確かに、何でも出来るようになってしまうが故に、楽な方へ楽な方へと流れていってしまいそうですよねぇ。
ドラえもんが来るのは万々歳なんですが、やはり頼りきりと言うのも問題ですな(苦笑)
ブログを作られたのですかー。
遅ればせながらリンクの方は大歓迎…というより、こちらからもお願いさせて戴きますw

と言うわけで
●リンク一件追加
えつぃブログコンフェクトさん)
チャットで知り合った、コンフェクトさんのブログです。
最近作り上げられた、新品(?)のブログ。
タイトルこそ「えつぃ」ですが、決してえっちではありません(何)
これからも宜しくお願い致します~。

>記号士さん
ドラえもんを手にした者は神にも悪魔にもなれる! …と誰かが言っていたような気がします(ぇ)
原子炉がメルトダウン…やはり手前勝手な要望をするからには、それなりの代償を支払わねばなりませんねw

>ルイス
そんなことはない(笑)
ドラえもんを全巻持っている君なら解るだろう。 ヤツがどれだけ危険な存在なのか(何)

>dry foods
ヤツはあまり可愛くないと思えるのは気のせいか?^^;
もし飼える動物を選べるのだったら、チーを飼うよ僕はw

>二階堂財閥さん
四代目は違和感がありまくりですなぁ。
声とかもそうなのですが、何だか全体的に…^^;
個人的には、居てくれれば確かに便利だし、刺激的な日常が得られそうな感じがしますねw
日テレ版は…うーーん、何処が違うのかと言われると困るけど…何か、目に見えないもの(雰囲気?)からして違ってきているような気がしますな(苦笑)

>七夜奈留さん
何気に口煩いのは、ドラはドラなりに自らの危険性を熟知しているということなのでしょうかw
しかし、本体がいないと用途(及び操作方法)不明の道具が多数…(ぉぃ)
2006.09.03 Sun l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
今日は法事に行って参りました。

法事と言うイベント(?)の特性上、参加出来るのは何年かに一度、という頻度なのですが。
お経、毎回少しずつ短くなってないかな?^^;
法事を取り仕切るお坊さん――住職は、うちとは10年来の付き合い故に、法事の際は毎度毎度お経を読んで下さる方。
まさか? そんな縁深い方がお経を省略して読んでいるなんてことは…???
無い。…よね、多分(苦笑)

法事となると集まって来るのが親類の面々。
そんな中、久しぶりに会った従兄弟の少年は(当たり前ですが)順調に成長を遂げておりました。
今年で彼は小学六年生になったのだそうです。
…大体僕の半分しか生きとらんのか、この小僧は。
ということは、自分が小六の時にはコイツは存在していないことになるわけで…うーむ、つくづく時の流れというもののオソロシさを感じますなぁ…^^;

その少年との会話はこんな感じでした。
「うちの学校、指相撲が流行っているんだよ」
指相撲?
指相撲ってあれ? 互いの右手の親指を親指で押さえ込み合う…。
「うん、それ」
随分インドアな遊びが流行ってるんだなあ。 普通は野球とか外へ出て遊ぶものだろう。
「まぁ、暇つぶしにやるんだよ」
ふーん、そうなのか…良し、勝負しようか。
「やろうやろう」

…。
……。

敗北しました orz
…こ、この僕が小六・12歳児の後塵を廃することになろうとはッ!
まさか彼の学校のローカル・ルールでは人差し指を使うのが認められているとは夢にも思わなかったよ…いやでもそれ、反則じゃないのか?
“指相撲”なんだから、親指以外も使うのは当たり前じゃないか。
親指だけ使うんなら“親指相撲”だよ~


へ、屁理屈じゃないかそんなん!!( ̄д ̄;)
そんな歳から屁理屈をこねるなよ、少年(苦笑)
2006.09.02 Sat l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ファミ通926号。
ファミ通 926号 (9・1)

特集は
欧州最大ゲーム展示会「GC2006 Games Convention」
レアグッズ大放出
ビジネスシーンでのDS活用法
ポケモン発売直前特集

となっております。
ドイツでもゲームショウみたいなイベントが行われているんですねぇ。
ゲームファンに新作を遊んでもらうことに主眼を置いているというこのイベント…いつか、E3とともに行ってみたいイベントの一つでございます。
…他の記事は…今週もちょっと魅力が薄いかな?
まぁ、盛り上がった夏もそろそろ終わりに差し掛かっている今の時期、ゲーム業界も少しのインターバルが必要なのでしょう、おそらくは。
三週間後のポケモンダイヤモンド&パールに期待ですなッ

そんな中、ちょいと気になるツールを発見。
ちょっと気になるツール

ドットクリエーター
特集などはなく、ただ広告だけの掲載なのですが…説明文を見てみる限り、ドットイラストを作ることが出来るツールなのだそうです。
ちょっといじってみたい(笑)

ビジネスシーンでのDS活用法
インターネットブラウザや電子辞書などのツールを利用することで、仕事や生活にも便利に活用することができる、という内容の記事でした。
単なるゲーム機としてだけでなく、様々な用途に対応できる便利ツールとしての顔を持つDS。
PSPもそうなのですが、最早ゲームを楽しめる“だけ”では、注目されにくいのですなあ…。

個人的期待(注目)ソフト
竜が如く

竜が如く2
アクションアドベンチャー。
極道が生き死にの喧嘩を次々と行うという、ハードボイルドな雰囲気と自由度の高いゲームシステムが魅力。
前作は体験版のみのプレイでしたが、機会があればやってみたいソフトの一つです。

ガンダムアーケード

機動戦士ガンダム 戦場の絆
現在中央線・中野でのあるゲーセンでのみ稼動を確認している、ガンダムのリアルシュミュレーションゲームです。
感覚的にはバーチャロンに近い筐体でガンダム――モビルスーツを操作出来るのが最大の魅力。
ファンなら一度はやってみたい、と思うはずです(笑)


来週はもっと面白いソフトが出るといいな~w
2006.09.01 Fri l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。