上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「たまには皆でご飯を食べに行こうぜ」

休みに入ったばかりの夕方、うちの父の気まぐれが家族に炸裂。
また唐突だな親父よ…(汗)
まぁ断る理由も無いし、外食に行くのも久しぶりだし…と言うことでお寿司屋さんに連れて貰って来ました。
スポンサーサイト
2007.04.30 Mon l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
三日ほど研修で留守にしてました。

行って来たのは兵庫県

車の通りは少なく。
人通りも少なく。
建っているお店も少ない。

周囲には青々と広がる田んぼ。
夜には満天の星空と、心地よく響き渡る虫の声。
心なしか空気も美味しいよーな、綺麗なよーな。
…いつかは、こういう場所でのんびりと暮らしてみたいものですな。

まぁそんな暮らしやすそーな場所にも問題は多々あるもので…。
まず
コンビニへ行くのに片道(歩き)一時間かかること。
次に携帯(docomo製、F902is)が常に圏外状態になってしまうこと。
ネット環境(宿泊施設含む)が皆無等が挙げられます。
(殆どネットにどっぷり浸かっている人間の発言ですが)コレらは由々しき問題だなと思いました。
そのあまりの無さっぷりには、少しばかり戦慄を覚えてしまうほど。
一年前に訪れた群馬にさえ30分くらい歩けばネットカフェやブックオフの一軒くらい存在したと言うに…(苦笑)

まぁネットが繋げないのは百歩譲って(?)良いのですが。
携帯が繋がらない、と言うのには何となく妙な感じを覚えます。

更に他の同僚のもの(AU、ソフトバンク)は平気で繋がっているという事実が更にその感情を掻き立てることに。
…何故君達のだけ繋がるんだ…?^^;
最新鋭とまでは言わないけど、結構新しいヤツなのになあ…色々な機能も付いているのに(使ってないけど)。
通話&メールが出来ず、Iモードすら使用不可能な携帯なんてただの壊れやすい箱ではないですか。
取り回し辛い時計にしかならんッ。

…そんな感じで、この三日間は終始ネットに繋げられない状態でした。
別にネットに繋げられないから不安を覚えるとか、そういうことではないですが…何となく手持ち無沙汰な感覚を覚えていたのは事実です。

何時の間にやら自分の生活には、ネットの存在が息衝いてしまっているのだなあ…と再認識させられた三日間でした。
完璧なインドア派ですな自分(苦笑)。
2007.04.29 Sun l 日常 l コメント (8) トラックバック (0) l top
うちの場合、二匹が同じ場所に揃っているのは珍しい。
20070425202301.jpg

しかし仲が良いのか悪いのか、何とも微妙な距離をキープしているお二方。

どう見ても互いの攻撃(?)が届かない距離だよなそれ

べたべたしろとまでは言わないけど、同じ屋根の下に住んでるんだから、もう少し仲良くしたらどうだろう?^^;

もう一緒に暮らして結構経つのになあ。
まぁ猫は群れない動物みたいだし、これはこれで自然なのかも知れませんが。


しかし寝相が悪いなぁキミは。

20070425203005.jpg

……すぴぃ……すぴ……。

…しかもいびきか…どれだけリラックスしてるんですかアナタ。 野性味は何処へ行った?^^;
いや、それだけ安心されているということか? それはそれで嬉しいけど。

片やもう一匹はと言うと。
20070425204029.jpg

……………………じー。

こちらの挙動を逐一見逃さないように、熱心に視線を送り続けてくる
…こっちはこっちでイヤだな(^^;)
僕はキミの飼い主なんだから、そんなに警戒せんでもいいではないですか(苦笑)



一匹は能天気。
もう一匹は(多少)神経質。
この両極端な性格が、両者の歩み寄りを阻害しているのかなあ…相性って難しいw
2007.04.25 Wed l l コメント (7) トラックバック (0) l top
パンツァードラグーン(※重厚な世界観が魅力の3Dシューティング)で酔う。 と言うか目を回す。
…どうにも三半規管がヨワイ^^;

日常生活や車の運転等では酔わないのに、最近のちかちかびかびかぐにゃぐにゃする(?)ゲームで良く目を回してしまうのが悩みどころ。
だったらやらなければいいじゃないかとも思うのですが、中途半端にシューティングが好きだからまた困ってしまっております。
もしこの先、もっとグラフィックが進化したシューティングが登場したら? そしてそれを嬉々として今のままの自分がプレイしたら?

………大惨事だなあ、きっと(汗)
今のゲーセンにあるヤツでもちょっと危なかったし(ぇ)

これからもゲームを楽しむために、何か対策を考えないといけませんなあ…。
酔い止めでも常備しておくか…(苦笑)
2007.04.24 Tue l 日常 l コメント (8) トラックバック (1) l top
深夜前の駅構内は結構人が溢れているもの。
時折帰りが遅くなるとその人の多さを実感します…朝よりは楽だけど^^;
そんな深夜近くの駅構内での出来事。

電車に乗ろうとホームに降りると、不自然に人の流れが滞っているような感じを覚えました。
普通ならもっと勢い良く人が流れているはずなのですが。
なんだろう? 皆何故かある一点を無理に避けているような…?

ちょっと気になったのでその地点を覗いてみると。
一組の男女がお互いを見詰め合っているのが見えました。
男性の方は女性の手を握りながら熱い視線
女性の方は俯きながらほんのり頬を染めている(ように見えた)。

…これは、もしかしてアレか?
「僕に毎朝味噌汁を作ってくれ!」
「…私のお味噌汁で良いのなら」
というやり取りの最中か?
世の中の男女の仲も春を迎えておりますか
うーん、いい季節になって来たものですなあ。

…でも、此処は駅のホームですよ?
終電が近いから、人が結構いますよ?
電車に乗ろうと、沢山列を作って待ってるんですよ?

そんな中で二人だけの世界を作るな!

人込みの中で他人が相容れない空間を作られると、進行が非常に困難になるでしょうがッw

…微妙に、ホームの先に行くためのルートを塞いでる(二人の後ろにはキヨスクがあるので、通り抜けるためのルートが更に狭くなっている)んだよなあ…この二人^^;
こういう男女の間を通れるような人は、相当精神力が強い人じゃなければ無理だ、たぶん(汗)



結局自分が電車を待っている間、両者はずっと見詰め合っていたワケですが。
二人がどうなったのかは定かではありません(苦笑)
2007.04.23 Mon l 日常 l コメント (9) トラックバック (0) l top
さて、先日自分の期待を裏切らぬ形で結末を迎えた逆転裁判。
その興奮も覚めやらぬまま、早速二週目を始めてみたのですが――。

2007.04.22 Sun l ゲーム l コメント (7) トラックバック (0) l top
遅ればせながら、逆転4をクリアしました。

最終話の展開は終始驚きの連続。
結末に至るまでの過程で、今まで張って来た伏線、湧き上がってきた謎、キャラクタが持つ秘密、全てが綺麗に解決して行く展開には本当に快感を覚えました。
ちなみに、ラストのラストで荒唐無稽なことをやると後味がとても悪くなりますね。
やっぱりどんな話もハッピーエンドが一番なんだなあ…^^;

惜しむらくは結局前作までのキャラが全員出て来なかった点ですが…まぁそれは5に期待でしょうか(苦笑)
トータルのプレイ時間は長いようで短かった…ような微妙な感覚を覚えました。
でも、単純に一言。

面白かったと。


久しぶりに個人的に満足出来たゲームでしたw
有難う、カプコン!
2007.04.21 Sat l ゲーム l コメント (0) トラックバック (0) l top
全国の読者投票から、その年で最も活躍したゲームクリエイター及び、最も印象に残ったゲームを決定する――言わば“ゲームのアカデミー賞”とも言えるイベント「ファミ通アワード」。


ゲーム業界の活性化に貢献された方々を表彰するために設けられたこの表彰式。
運良く招待された自分は、本日この式に出席して来ました。

2007.04.20 Fri l 日常 l コメント (4) トラックバック (1) l top
久しぶりに遭遇したので思わず写真を撮ってました。
20070419235121.jpg

コイツの名はぎん
いつも近所で騒ぎを起こしている、生粋ののら。
攻撃力、機動力ともに他を圧倒するモノを持ち、うちの近所では“一番強い”と専ら評判のツワモノです。
うちのちびもコイツに何度追い立てられていることか…。
元のらと現役(?)のらとでは戦闘能力に如何ともしがたい差が出てしまうものなのでしょーか。
や、猫同士の喧嘩を奨励しているワケではないのですが。
喧嘩に負けて帰って来るちびを見ていると、もうちょっとうちの猫にも野性味が欲しいかなーと…^^;


しかしコイツは極度の人間嫌いで、ちょっと近付いただけでも逃げてしまうくらい猜疑心が強かった――はずなんですが…逃げないな。
少しは人間に慣れたのかな?
もうちょっと近付いてみよ…。
20070419235130.jpg

キッ

う( ̄△ ̄;)

20070419235148.jpg

ふぅぅぅ~~~……

うう( ̄△ ̄;;)
ま、まだ3メートルは離れてるのに…そんなに威嚇せんでもいいじゃないかよっ

20070419235138.jpg

ふぐううぅぅぅぅぅ~~………

ゆっくりと戦闘態勢を取り始める彼。
相当嫌われてるらしいな、僕(;´д` )

これ以上近づけないので、微妙なこの距離をキープしたままズームで彼の顔をパチリ。
20070419235205.jpg


取り終えた後みぎゃっ!!っと大声を出し、彼は脱兎の如く走り去って行きました。

…多分あれは猫語で「覚えてろ!?」とかそういう類の意味なんだろうなあ…黙って写真を撮ったのは悪かったよ、もう(苦笑)



>追記
人間嫌いの彼は、最近餌をくれる母には懐き始めている、とのこと。
やっぱり猫に好かれるには、ご飯をあげることから始めないといけないんでしょうかねぇw
2007.04.19 Thu l l コメント (4) トラックバック (0) l top
何気なくニュースを見て回っていると、このような記事が。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/tenki/news/20070418mog00m040005000c.html

学術的にはこれも「桜」らしいのですが、色は思い切り「緑」。
何だか物凄く違和感を覚えるな^^;
少なくとも、この花を目当てに花見に行くことはムズカシイような気がするw

第一この花の色を語る時はどうすれば良いんだろう?
桜色」と表現すれば良いのかな? でも色は何処をどう見ても緑だし。
ストレートに「緑色」と表現すれば良いのだろうか…でもそれじゃあ桜という名前を付ける意味がなあ…世の中に「桜」という名を持っているひと(苗字が桜井さんとか名前が桜さんとか)がどれ位居るのかは解らないけど、そのひとたちが持っている名前の意味もこの花のお陰で変わってしまうのではないだろーか……うむむむむむ(汗)

変に悩んでしまってますが、どうにも「桜色=うすいピンク色」という基本概念(常識)が頭の中を支配してしまっている訳で。
素直に「こういう桜もあるんだよ」と認めきれないのは、自分の頭が物凄く固いからなんだろうなあ…。


早急に思考に柔軟性を持たせる必要があることを感じております(苦笑)
2007.04.18 Wed l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top
黒百合さんにバトンを戴いたので、今日はそれに応えてみる。

テーマは☆あの子の事をもっと知りたいバトン
自分語りか…何か緊張するなぁ^^;

自分が名前を拝借した方々、暇があったら応えて下さい~(^^)

2007.04.17 Tue l バトン l コメント (4) トラックバック (0) l top
回復したと思っていた風邪のぶり返し。

今回は喉より鼻の方に多大なダメージを受けてます。
基本的に風邪をひく時には〝喉から〟だったので、今回の〝鼻から〟の風邪には全く免疫がないのが悩みどころ。
断続的な鼻詰まりはともかくとして、くしゃみが誘発されるのには閉口ですな。
噂をされている訳でもないのに、くしゃみが二、三発続けて出るのはキツイ…と言うより、身体全体が痛い^^;

喉からより鼻からの風邪の方がダメージが大きいんだなあ…。



話は変わりますが。
貴方の風邪は喉から? 鼻から?」というCMの風邪薬。
…カコナールだったかバンテリンだったか忘れてしまいましたが…アレって何故効果を分ける必要があるんですかね?

鼻からひく人には「黄色」、喉からひく方には「銀色」(うろおぼえ)と飲む薬によって効果を分けていたよーな気がするんですが、同じ風邪なんだから効果を統一すりゃいいんじゃないかと。

もし「喉」と「鼻」の風邪を「同時に」ひいた時はどうすればいいんだろ?

同時に飲め、ってことなのかなあ…それによる二倍の売上げを見込んでいるとか。

大人ってズルイ!(苦笑)
2007.04.16 Mon l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
ちょっと回復したので買い物がてら街中に繰り出してみると。

ニンテンドーWiiを8台くらい持った親子(多分三人親子)横断歩道の前で赤信号待ちをしておりました。

あんまり沢山持っていたので、つい視界に入ってしまったその家族。
…ただ楽しむだけなら1台で充分なのに、何が目的なんだろう?
近所の皆さんに配るのか? でもサンタクロースの真似事をするにしては季節外れだし。
もしかして転売する気なのか? 家族ぐるみで? …もしやるなら家族じゃなくて仲間同士でやるよな…?

そんなことを考えているうちに青信号になり、その家族は雑踏の中に消えて行きました。
周囲から注目されるのを嫌がっているらしく、足早にその場を立ち去って行きましたが…そりゃ、注目されるよなぁ…あんな様子じゃ^^;;

世の中には色んな事情があるんだなあ、と間違った(ているであろう)悟りを開いた気分になりました(苦笑)
本当に何だったんだろう?w



話は変わって逆転裁判。三話まで終了しました。
多分四話構成(今までのシリーズでは四話構成が主)だろうと思うので、次のエピソードが最後だと思われます。
取り敢えず、三話までに受けた印象を列挙。
2007.04.15 Sun l ゲーム l コメント (4) トラックバック (0) l top
昨日より風邪でダウンしておりました。
…まぁ、原因は最近あまり寝てなかったのと、アレの所為だと思うのですが…今日はこのまま安静にしていたいと思います^^;
喉イタイ…(苦笑)

兎に角、4は面白いぞということで。
DSを持っている人はやるべし、ですねw
2007.04.15 Sun l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top
13日未明、手に入れてきました。
久しぶりに全力疾走しましたのう(汗)
DSCN0746.jpg

DSCN0747.jpg


兄からの写真で大きいのは解っていましたが、こんなにでかいのか…。

保管場所については後で考えるとして、自分の場合心配なのはうちの猫さん達のこと。
…どう見ても、彼らの簡易的な寝床&爪とぎに最適な大きさのような気がするなあ。
嬉々として箱を開けている時も「その箱は私らにくれるんだろうな?」みたいな目をしていたし…いや、あげないよ?

DSCN0729.jpg

ジー

…そんな目で見詰めても、やらんものはやらん!^^;
2007.04.13 Fri l l コメント (4) トラックバック (0) l top
うちの兄は子供である。

一応、それなりに仕事はしているし、僕以上に社会に揉まれているハズなのだけれども。

どうにも弟の前では子供。

…親しい友人とかの前でもこうなんだろーか? この男は(苦笑)


2007.04.12 Thu l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
現在住んでいる場所の近くの商店街のイベントにて、ガンプラ(※ガンダムのプラモデルの略)を頂く。
20070412021725.jpg

貰ったのはまた随分と知っている人が少なそうなプラモ(最近出たばかりのヤツらしいですが)。
…うーむ、商店街のオヤジ、また渋いモノを寄越すなぁ。
今現在このプラモのことを知っている人はどれくらい居るんだろう?
元ネタがセガサターンのゲーム(しかも三部作)であり、丁度10年くらい前の話だからなあ…限られた人しか買わないんじゃないのかコレ?^^;;

まぁ、ガンダムは嫌いではないし――いやむしろ好きな訳ですが――〝貰えた〟という点に関しては素直に嬉しいので、取り敢えず作ってみることにしました。

しかし、今のプラモって細かいもんなんですねぇ…。
20070412021732.jpg

頭からしてスゲー小せぇし^^;
20070412021739.jpg

最近の子供たちはこういうものばかり作っているんでしょうか。
いや、子供向けというより大きな人(?)用なのか?
とにかく小さい上に細かいのでかなり苦戦。

説明書を見ながらあーして、こーしてを繰り返すこと約二時間
完成しました。
20070412021750.jpg

20070412021758.jpg

流石にヤスリがけとか塗装とかをする気力は無いので、ただ作っただけなのですが…それでも二時間もかかったのか…。
昔のプラモは30分程度で作れたもんなんですが、何時の間にやら模型も進化しているもんなんですなあ…疲れた…w



※機体の元ネタ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A9%9F%E5%8B%95%E6%88%A6%E5%A3%AB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0%E5%A4%96%E4%BC%9D_THE_BLUE_DESTINY
2007.04.11 Wed l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top
布団を出そうと押入れを開けると、そこには巨大なワタボコリ。

20070410230257.jpg


…と思ったら、うちの愛猫でした。
何やってんのそこで?

…。

もしかして、ドラえ○んの真似か何か?

……。

でも、そこをどいてくれないと僕が寝れない…んだけど、どいて頂けませんでしょうかうーさん? うーちゃん? うー様? おーい聞いてますかー?

………。

おい(指でぐいぐい)
ねえ(手でゆさゆさ)
起きなさいってば…こら。

…………。


完全無視。
耳は時々ぴくぴくさせているから、起きているのはほぼ間違いがないはず。
たぬき寝入りかい…猫のくせに。
と言うか、飼い主の呼びかけにも関わらず、此処まで無視を決め込まれると少々腹が立ちますな^^;;

しかしこのままでは埒があかないので、取り敢えず布団ごと猫を押し入れから出そうとすると。

あら、うーが寝てるんだから起こしちゃ駄目でしょ

母に穏やかに止められました
…猫は寝て良いのに、息子は寝ちゃ駄目なのかい母上?(T△T)


まぁ、この後自分の布団は無事奪還致しましたが。
最近、妙に自宅内での自身のヒエラルキーが下がっているような気がするなあ……(苦笑)

2007.04.10 Tue l l コメント (5) トラックバック (0) l top
かまいたち」で心の傷を抉られ、「アクトレイザー」「超魔界村」の難しさに悶えてます。

バーチャルコンソールでダウンロード出来るのは、ほぼ10年以上前のゲームなのですが、そのどれもが今でも充分通用する面白さ。

10年と言う長い期間を置いても、色褪せぬ魅力を持つクラシックゲームの面々。
全く驚嘆の吐息を漏らすばかりでございます。
まぁその反面、最新ゲームの方は積み上がっちゃっている訳ですが(苦笑)

ゼルダ姫…助けを待ちくたびれてるんだろうなぁ、きっと(苦笑)


しかし、古ゲーをやってて感じるのは、ゲームテクニックの著しい衰えですな。
アクトレイザー、超魔界村ともに横スクロール型のアクションゲームなのですが、咄嗟に敵の攻撃がかわせないことがあり、すぐにやられてしまいます。
いやむしろ自分から敵に当たってやられる(もしくは焦って竪穴に落ちる)パターンが多くなっているよーな気が。
動く床をジャンプして渡って行く、という場面がアクションゲームには幾つもあるのですが、そこでも目測を誤ったり、主人公のジャンプ力を過信しすぎてしまったり、床の動くタイミングを読み損ねたり…と最早目も当てられない状態になってます。

その中でも一番ひどいなあと思うのはボス戦
通常ボスと戦うということはそのゲームに於けるあらゆる操作を駆使し、なるべくダメージを受けずに勝利するということがプレイヤーには求められます。
…最近はそれが出来なくなってるなあと。

相手が「近付くな」と言わんばかりに弾を撃ち続けているのにも関わらず(被弾覚悟で)近距離戦に持ち込もうとする。
射程距離に近付いた瞬間連打
相手の攻撃が激しくなっても連打
如何に主人公が苦しげな呻きを上げようとも連打

連打、連打、兎に角連打

常に相手との体力勝負に持ち込んでいる訳ですな。

こういうやり方を〝肉を斬らせて骨を断つ〟と言えばカッコいいんでしょうが…ただ単に不器用なだけなんじゃねえのかと思えるのもまた事実。


ゲームテクの衰えは、自分がどうしようもなく不器用であることを暗に示している様ですな…嗚呼、何時にも増して訳の解らない文章にッ^^;;


まぁ取り敢えず言いたいのはたった一言。

ゲームは上手くならないと100㌫楽しめることにはならない、ということですな。

全然まとまってねぇorz
2007.04.09 Mon l ゲーム l コメント (6) トラックバック (0) l top
今日は選挙に行ってまいりました。

投票自体は滞りなく行って来たのですが、今回は投票場所が自分の母校。
あまりにも懐かしいので、一寸校内を見て回ることにしました。


変わっていない教室、校庭、体育館…。
少々汚い廊下も、雑多な感じのする教室も、多少塗装が剥げている遊具も、全てが記憶の中にあるものと一致する。

しかし、久しぶりに見ると「こんな狭かった(小さかった)かなあ」と。
10代の頃はめちゃくちゃ広く(大きく)感じたものですが、今になって見るとそうでもない。
全てが今の自分には小さく見える。
10年以上も前のことだから仕方の無いことだけど、自分は本当に此処に居たのだろうかと疑問すら覚えてしまいます。

しかし、此処で6年もの長い期間を過ごしたのは最早動かし様のない事実。

自分は自分のままで、ずっと変わっていくことはない。
そう思っていたのですが…自分でも気付かないうちに、考え方や感じ方(外見とかも含めて)…色々なものが自分の中で変わってしまっているものなんですなぁ。


変わっていない学校を見つつ、変わってしまった自分を顧みてみる。

もしも昔の自分を今の自分が見ることが出来たら直ぐに気が付くだろうけど。
昔の自分は、今の自分に気が付いてくれるだろうか?


…まぁ、昔の自分から見たら…今の自分はおっさんなんだろうなあ(苦笑)
2007.04.08 Sun l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
幾つかのペットショップなどでは、ペットを購入する際に「お取替え期間」という制度が適用されることがあるらしいですね。

これは文字通り“購入したペットがこの期間中に死亡してしまった場合、同種のペットに「交換してくれる」”という制度。
この決まり自体にはあまり疑問は無いのだけれど、この制度に関する出来事で少々複雑に感じることがあったので…。

2007.04.07 Sat l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
前日のお話の続き、怒っても良い瞬間です。

まぁ、今回は最早ちょっと怒ってしまっているんですが^^;
やはり兄貴というものは弟にとっては理不尽極まりない存在なんですかねえ……。


2007.04.06 Fri l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top
逆転裁判4 4月12日発売。

良~く考えてみたら、あと一週間なんだなあと。
個人的には、自分が今一番発売を楽しみにしているタイトルです。
思えばこのシリーズに初めて出会ったのは数年前…「意義あり!」や「くらえっ!!」で受けたインパクトは今でも忘れられません。

印象に残るテンポの良い音楽。
使い易い&馴染み易いゲームシステム。
厳格なイメージがある〝裁判〟というモノの印象を180度変えるまでに至るストーリー&キャラクタ。
(自分が持っている「弁護士は〝言い訳のプロ〟。 検事は〝言い掛りのプロ〟というイメージはこのゲームからの影響をモロに受けてます…)

どれをとっても完成度の高いアドベンチャーゲームですな。
ああ、早く一週間経たないかなあ…w



しかしながら、今回は発売日に手に入れられるかどうかが微妙なレベル。
公式HPの限定版予約は予約開始から僅か30分程度でCLOSEになってたし。
街のゲームショップでは予約すらも満足に出来ない状況。
と言うか限定版どころか通常版も手に入れられるのかどーか…。

まぁ、前回のゲームショウで体験版を一回プレイするだけで二時間並ばされたからなあ…これくらいの状況には陥って当たり前…なのか?

自分の好きなゲームの人気が高まるのは嬉しいのですが、それが原因で買えなくなるとあれば、それは本末転倒というもの。
人気が出る、というのも必ずしも良いことではないんだなあチクショウ^^;


12日は仕事が終わった瞬間、久しぶりに店へ全力疾走することになりそーです…(苦笑)


逆転裁判公式
http://www.capcom.co.jp/newproducts/consumer/gbasaiban/index.html
2007.04.05 Thu l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (5) トラックバック (0) l top
親しき仲にも礼儀ありとは良く言うもので…。

如何に仲良しだろうと〝怒っても良い時〟というものはあると思うのですよ。

最近自分は兄の言動と行動に対して、その言葉を噛み締めております…。
2007.04.04 Wed l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top
かなり遅れている話なんですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000006-maia-game

X-BOXの上位機種が発売される模様ですな。
PS3に対抗するためなのでしょうが、特筆事項が「ハードディスク容量がPS3の倍」ってところだけなのがなぁ…日本で出てるソフトもあまり多くないし。
「この上位機種用のソフト」が魅力あるものでなければ挽回は難しいんじゃなかろうか…うーむ。
正直、無理してPS3に対抗しているようにしか見えな(自主規制)

何だか近いうちに往年の名機の様になってしまいそうでとても心配です^^;


まぁX-BOX自体は結構好きなので、これから先も応援していきたいとは思ってますが(苦笑)
2007.04.03 Tue l ゲーム l コメント (4) トラックバック (0) l top
四月一日、花見の席にて。


先輩1「ねえ、ホワイトチョコいる?
僕「あ、丁度甘いものが欲しかったんですよ」
ビニール製の包装紙を開け、真っ白な球状のモノを口の中へと放り込む僕。

(((~ ̄*) モグモグモグ …ん??

僕「あの、これチョコにしては全然甘くないんスけど。 何かチーズみたいな味がするし。 新種?」
先輩1「新種ってアンタ
先輩2「と言うか手に取った瞬間気付け。 いや気付いてるのか? チーズだチーズ

( ̄。 ̄)「チーズ?」

先輩2「エイプリルフールらしくキミにささやかな嘘をついてあげたんだ。 先輩にお礼を言いなさい
僕「あ、これはどうもご丁寧に(ふかぶか)」
先輩1「いえいえこちらこそ


記憶はおぼろげながら、昨日はこんなやり取りばかりをしていたような気がする。
嘘を言われて礼を言えるというのも酒の為せる業か。
と言うか今年もこんな投げっぱなしな嘘のつかれ方とは言え…〝騙される側〟に回っていたのか僕は…。

密かに〝騙す側〟に回りたいと思っているのですが、その夢は当分果たされることはなさそうです(苦笑)


しかしどうやったら完璧な嘘を吐けるもんなんでしょうか?

〝嘘〟な時点で完璧ではないという点はこの際置いておいて。
すぐバレるような嘘しか吐けないのは、根が単純過ぎるからかなあ。

(エイプリルフールでの企画を行っている)様々なブログやサイトを覗いてみると、実に効果的に閲覧者を(良い意味で)騙しているのが解ります。
そう言った創造力に溢れた企画を立案できる方々を、僕は尊敬してやみません…〝騙される側〟の人間として^^;

くそぉ、やっぱり騙してみたいなぁ…
2007.04.02 Mon l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
目覚めると、そこは太陽の下。
さんさんと降り注ぐ陽光に、多少眉をしかめながらも上体を起こし、辺りを見渡す。
寝惚け眼は意志に反して焦点を結ばず、周囲が何処なのか判別が付きかねたが――どうも此処は家の近くの公園のご様子。
…此処は何処? 何をやってるんだ俺は?

ちょっぴり痛むコメカミを抑えつつ、昨日の記憶を無理矢理頭の中から引き出してみると――。
2007.04.01 Sun l 日常 l コメント (3) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。