上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
実家にて、最近良く見掛ける
→長兄DSCN1112.jpg
うちで通称ちびと呼ばれる猫が(夕飯時でもないのに)誰かの傍にいる風景。

本来彼は気が難しく、中々無防備な姿を晒しません(母の前では別)。
もう一匹の雌猫うーはと言えば、いつも仰向けに転がって眠るおよそ女子とは思えぬだらけ方を見せているのに、彼はお腹を隠して薄目を開けて寝転がる臨戦態勢
常に「故あって飼われてはいるが、簡単に触れると思ったら大間違いだぞ」などと言わんばかりの態度を取っております。

――そんな彼が、一体どんな心境の変化なのか?
少し彼のことを観察してみることに致しました。


兄「さて、ご飯も食べ終わったしそろそろ部屋に戻るか」
ピッ (クーラーOFF)

……。

すっく。
とことことことことこ…。
がらがらがら(窓を開ける音)
さっ。



………クーラー目当て?( ̄□ ̄;

いや、確かに猫は本能的に涼しい場所を知っているなんて言うけれど……いいのか? 本当にキミはそれでいいのか? 猫としてッ(汗)
人工的な涼しさの場所に居てどーすんだ(苦笑)



>おまけ 
DSCN1125.jpg

本日の夕食の魚を虎視眈々と狙うの図。

まぁ、彼が〝人の傍に居るのにはそれなりの理由がある〟ってことなんでしょうかねぇ…。
シビアな猫だなぁ(^^;)
スポンサーサイト
2007.06.28 Thu l l コメント (9) トラックバック (0) l top
疲労を癒すため、ちょっと仮眠を取っていたところ

ベッドから落ちて目を覚ましました。

「うごふっ」という格闘漫画の雑魚敵のような声を漏らしつつ、想定外の衝撃に涙目になりながら鼻を押さえる自分。
全くの無防備で(ベッド程度の高さとは言え)顔から落ちるのは存外ダメージが大きいもの…熟睡している状態では受身もままならないので尚更ですね(汗)
しかし、久しぶりに落っこちたなあ…。


元々布団派&寝相悪の自分にとって、ベッドという寝具は苦手な部類に入ります。
故に、社会人になった――ベッド主体の生活となった当初は試練の連続でありました。
普通に床に敷いた布団と比べると、熟睡モードに入るまでに時間がかかってしまうのですよね、何故か^^;
枕が替わると寝付けない人と同じ感覚か、もしくは床に直に接していないと緊張してしまう性質なのか…約20年ほど布団で寝続けて来た者の中で確立された生活のリズム。
リズムを修正するのには、ちょっとした時間が必要でありました。
その「リズムの修正期間中」に結構な数の落下をこなして来た訳ですが……此処へ来て所謂〝落ち癖〟が復活しそうな気配があります(最近の暑さで寝相の悪さに拍車がかかっているため)

――足や腕から落ちるのは大したことがないのですが、万が一今回のように「頭から落ちる」のが癖になったりしたら嫌だなあ。
毎日頭から落ちて目を覚ます、と言う事態は流石に避けたい(汗)

暫くはベッド下に予備の布団を敷いて、被害を抑えようと思っております^^;
もしくはこういうものを買うべきなのかなぁ…(苦笑)
2007.06.27 Wed l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top
良く覗かせて戴いているぶんママさんのブログにて〝戦隊メーカー〟人や物の名前を入れると戦隊の情報が表示される面白サイト)なるものが紹介されておりました。
戦隊等の特撮には少々興味を覚えているので早速やってみたところ

ダラダラ戦隊“じぇふ茶〟ジャー

が誕生致しました。
戦隊の内容もかなり詳しく表示されるこのサイト。 否応なしに妄想は膨らみます。
この戦隊物語を実際に放送するとなると、どんな内容になるんだろう?w


まずタイトルですが、どう考えても日曜の朝に放映する内容じゃないなあ…。
最初から脱力させてどうすんだ^^;
製作しているのが東映か円谷かは解りませんが、プロデューサーや監督は視聴者に一体何を伝えたいのやら?(苦笑)

そんなダラダラ戦隊の戦闘の動機は

ダラダラ戦隊じぇふ茶ジャーは大切なモノを奪われた腹いせに淡々と争い事を続けているのだ!

とのこと。
大切なものって何だろう? ダラダラするために必要なもの……枕? お菓子? クーラー? それとも……睡眠時間

人々の睡眠時間を守るために戦うヒーローか。 おお、中々いいんじゃないか?
でも腹いせに戦っているだけらしいしなあ…なんて自分本位なヒーロー達なのか(´▽`;)

ダラダラ戦隊隊員は

親と仲良し!じぇふ茶レッド!
そこそこ根暗!じぇふ茶ブルー!
ガーデニング上手!じぇふ茶グリーン!
マカロニ大好き!じぇふ茶イエロー!
スタイル抜群!じぇふ茶ピンク!

の5名で構成されている模様。
この個人個人の決め台詞の後

5人揃ってダラダラ戦隊! 〝じぇふ茶〟ジャー!!

ダラダラするぜ!!( ̄ー ̄)b(決め台詞)


などと、爆音と共に戦隊名を声高に叫ぶんでしょうなあ。 たぶん。
5人も揃ってダラダラするのは不健康極まりないんですが〝ダラダラ戦隊〟なのだから仕方が無い。

しかし、とても弱そうだ……果たして地球の睡眠時間をコイツらに任せて平気なんでしょうか。 激しく不安です(汗)


さて、ダラダラ戦隊の宿敵は怠慢財団ポズコグナーとなっておりましたが……侵略の目的は何なんだろう?
やっぱり人々の睡眠時間(ダラダラする時間)を削りにやって来たと考えるのが自然でしょうか。

ダラダラする時間をなくす……と言う事は、仕事をさせるという事だよな。
人々に仕事をさせるためにやって来た悪の財団。
――悪かコイツら?
むしろ仕事を斡旋してくれるんだから、良い奴等なんじゃないのか?^^;
いや、人々に仕事をさせることは自分達の利益になる(楽が出来る)からやはり悪者なんだろうか……うーむ(汗)



これ以外にもテーマソングや合体ロボが自分の名前から解るのですが……実際に物語としては作成出来ないなぁと痛感させられました。


「正義の味方」って、設定を考えるだけでも難しいものなんだなあ…(^^;)
2007.06.26 Tue l 日常 l コメント (6) トラックバック (1) l top
ハートの数は現在6個。
大砲ゲームに夢中になっておりますw
果たして姫を助けに行くのは何時の日か…(苦笑)



さて、ゲームの繋がりの話になりますが。

ソニー・エンタテイメントの偉い人の名言集

これは如何なものかと。

ゲーム好きとしてはちと耳を疑うような発言ばかり…まぁ日本のみでなく、世界的な視点を持ってマーケットを構成しているような方々ですから、いち消費者に過ぎない自分の価値観とは違うのかも知れませんけど……〝上〟から見ると、見え方ってこんなに違うものなんだなぁ。

労働の場に於いて言われる言葉〝下からは上が良く見えるが、上からは下が見えない〟ってこういうことなんですね。
――PS、続けてPS2を通して色々なゲームに触れてきた身としては、少々残念な迷言集です(苦笑)

久多良木氏「安くしすぎたかな」は最早名言となっておりますが……
流石にそりゃないだろ?w


PS3の現在の劣勢について、自分の感想としては

値段の高さ。
開発ソフトの停滞。
最早定番ともなった、サポートの遅さ。


様々なPS3のマイナス要因。
それがwiiの売上げに多少貢献したのではないかとも思えるのです。

PS3の発売日は06年11月11日発売。
wiiの発売日は06年12月2日発売。

発売して三週間もすれば、最新ハードと言えどその大体の評価は解ることでしょう。
PS3にとって不運だったのは、その評価の殆どがマイナス寄りであったこと。 そして、その評価が世間に浸透してしまった頃にwiiの発売を迎えてしまったこと――PS3への(多少の)不満が爆発した形。
それが、今のwiiの独走状態の要因の一つと言えるのではないでしょうか(勿論、値段、ソフトのラインナップ等の要素の方が大きいとは思いますが)

wiiにとっては、PS3というライバルが存在したのは幸運。
PS3にとっては、wiiというライバルが存在したのは不運。
wiiにとっては、最初から家庭用ゲーム機として開発されたのは幸運。
PS3にとっては、新メディアの草分け的存在として開発されてしまったのは不運
(あくまでも〝ゲーム機〟として見た評価ですが)



販売競争に於ける明暗がくっきり現れた感じになっておりますね。
勿論、これから先どうなるかは解りませんが(ソフトを沢山出すとも、値下げをするとも言っていますし)…DCやGC、そしてN64の例を思い返すと多少の不安な気持ちは拭えません。


このまま〝不運の機種〟として終わってしまうのか――。
それとも、巻き返しがあるのか――?


自分はPS3の奮起を密かに期待しております(苦笑)
2007.06.25 Mon l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (10) トラックバック (0) l top
ゼルダに夢中になり、更新が疎かになっておりました(汗)
うーーむ、やはり完成度高しッ
20070624224736.jpg

と言う訳で、先日購入したニンテンドーDS用ソフト「ゼルダの伝説 夢幻の砂時計」(アクションRPG)。
DSを持っている人であれば、殆どの方が購入されているのではないかと思われるゼルダの伝説最新作……好きなシリーズ、しかも最新作となると、年甲斐も無くわくわくとしてしまいます。

新しいゲームを買う時のどきどき感って、何時体験しても良いものですなあ(^^)
…まぁ、貯まっている積みゲーの方は別にして…ですケド(苦笑)


従来のボタン操作とは一線を画している、DSのタッチパネルを利用したアクションには始め戸惑いましたが、慣れればこれほどスムーズな操作も無いなあと(操作の特性上、プレイヤーが意図しない場所へ動いてしまうこともままありますが)。
回転斬りやジャンプ斬りのような強力な攻撃を溜め無し(ロックオン無し)で繰り出せるのはかなり気分が良いものでありますw
ずばずばと敵を倒していける快感。
程良い難易度(ちょっと簡単過ぎるかも?)のダンジョン。

そしてユニークな対戦機能

あ、これ対戦できるんだね
兄「ふむ、折角だし対戦してみようか」
良し、やるか
兄「ちょっと待て。 折角だから負けた方にペナルティを付けよう」
ペナルティ?
兄「負けたヤツがジュースとお菓子を買って来る
アンタ自分が行くのが面倒くさいだけじゃないのか? …しかし、その賭け乗った(==)
兄「賭け成立だな」

〝対戦可能〟という事実を発見した瞬間、牙を剥き始める兄弟。
我ながら子供っぽいとは思いますが……慣れないゲームとは言え負けるのはイヤなので、本気で臨む事にしました(暑いから外に出たくないし)^^;

――二時間後。

その位置にファントム(ディフェンス側が操作するキャラ)を配置するのは反則だろ! リンク(オフェンス側が操作するキャラ)が通れねえ!
兄「これが戦術だ。 ルールに従って操作している以上反則ではないッ」
なら……こうだッ!
兄「何! トライフォース(自陣に持って行くと得点になる。 大中小と三種類存在し、その大きさに応じて得点が違う。 ただし大きければ大きいほど持ち運びの際のスピードが鈍る)を自陣に近付くように少しづつ投げるだと?! しかもアイテム(時間経過と共に登場。 残り時間の増加、移動スピードの上昇など様々な効果を得られる)を取る為に安全地帯を逃げ続けるとは…姑息なッ」
姑息結構! 勝てば官軍よ!
兄「ちいッ、だが…お前の動きは読んでいる…ここだ!」
そんな?! なんでそんな場所に配置してやがるッ?!
兄「これで終わりだ!」
う、うおおおおおおおッ!

てな感じで白熱した対戦でしたが……最終的には6勝4敗で辛くも僕の勝利に終わりました。
人に買わせに行ったサイダーは何時もより1.2倍くらい美味いような気がする…(苦笑)


一人用のみではなく、対戦に於いても高い戦略性を誇るゲームを搭載している今回の“ゼルダ”。
任天堂という会社の底力を再認識させられたようなゲームでございましたw
ゼルダ好きの人も勿論、ちょっとしたアクションを楽しみたい人にもお勧めのソフトだと思います(笑
2007.06.24 Sun l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (7) トラックバック (0) l top
ネットを回っていて見付けた猫画像
ちゅーする猫、舐める猫
を見て、モニタ前で悶えておりました。

…猫好きの自分にとって、こういう仕草の画像は反則です!^^;
問答無用で和んでしまったじゃないか…くうう(=´∇`=)


更にこちらのサイトを熟読してみると、どうやら〝猫の魅力的な姿を如何にして(被写体として)捉えるか〟ということを追求した記事が見受けられます。


――これは、ヤツを〝撮れ〟という天からの啓示に違いない。


すっかり先程見た猫画像に触発されていた僕は、愛用のデジカメの内容量をチェックするのでした。

(※画像ありなので続きます^^;)
2007.06.20 Wed l l コメント (10) トラックバック (0) l top
相変わらず重いです^^;

詐欺サイト監視機能くらいはOFFにしても良いような気がして来た…(汗)


さて、先日火傷と見紛わんばかりの日焼けをした部分も段々と目立たなくなってきましたが…妙な皮の剥け方になってしまい、今の僕の腕は所々皮が剥げているような状態になっております。
例えるなら、皮を剥いたばかりのみかんの身(白いスジが全然取れていない)という感じ。 …ちょっと解り辛いかな?(汗)

こんな腕を他の人に晒すのは見た目にも衛生的にも良くないので、ここ一週間ほどは、職場では専ら長袖を着用しております。
うだるような暑さの時も。
からっとした暑さの時も。
常に長袖。 
暑いと言えば暑いけど、剥がれかけの皮なんて人には見られたくないしなあ…^^;

そんな風に暑さに耐え抜く日を過ごすこと暫し。
何時の間にやら、諸先輩方の間で僕に仇名が付けられておりました。
その名は

ナガソデ王子

全く威厳が感じられない王子の誕生でございます。
勿論巷で人気の〝ハンカチ王子〟のパロディであることは想像に難くありません(先輩は野球好き)が…カッコ悪いなぁ…( ̄Д ̄;)
と言うか、何処から留学して来たんでしょうか僕はw
ナガソデ国からか?

――まぁ、からかわれているだけだし、どうせすぐに飽きるだろうと思っていたのですが
「王子、コピー取って~」
「王子、電話だよ」
「王子~、これ課長に渡してきて~」

などと、日常生活で〝王子〟呼ばわりされることの辛いこと辛いこと(;´ω`)

もしも此処が城で、自分が王家の血を受け継ぐような高貴な生まれの人間であればそれほど違和感は感じないのかも知れませんが、実際の僕は一介の善良な(?)市民の一人にしか過ぎぬ身。

そんな普通の人間に王子の名は重過ぎる。 と言うかハズカシイorz



明日も呼ばれるようであれば、すぐさまその二つ名を返上したいと思います(苦笑)



ふと思ったんですが、当初ハンカチ王子と呼ばれたばかりの頃は斎藤佑樹投手もこんな思いを味わったんでしょうかねぇ。
もしも僕が彼の同級生だったら一回くらいはからかってしまいそうな気がするんですが…高校生が同級生から「王子」って呼ばれるのはどうなんだろう?

…やっぱりかなり照れ臭いんだろうなぁ(´▽`;)
2007.06.19 Tue l 日常 l コメント (12) トラックバック (0) l top
先日井上さんと共に購入したアイテム。
DSCN1107.jpg

ノートン360
元々自分が使用しているDELLマシンには、既存のセキュリティソフトが搭載されていたのですが……ふとしたことから、知人のPCがウィルスに感染し、それによる惨状を目の当たりにしてしまい、慌てて導入することに。

――ウィルスって、感染すると怖いものなんですねぇ…被害を目の前にして、初めてその脅威が理解出来たというか(苦笑)

そういった事情により導入されたノートン360.
某雑誌に載っていた情報に多少目を通したのみ(スキャンのスピード、セッティングの簡単さ、バックグラウンド起動中の際に於ける他の作業のスムーズさ等の評価)で、コイツがどれ程の性能を持っているかはハッキリしておりませんが、兎に角インストール。

…。
…。
…。

幾度か再起動を行い、インストール終了。
ややインストールに時間がかかったような気もしますが、まぁそれ位は許容範囲か。

――やれやれ、これでひとまずはウィルスに怯えることもなくなったかな。
セッティングも終了したし、ネット巡りでもしようか……あれ…あれ…?
心なしか、入れる前より動作が重くなったような…?

常駐ソフトとして常にバックグラウンドで起動しているのは解りますが、これは流石に遅過ぎるような。

さっきまで直ぐに表示されたサイト(ブログ等)が表示されるのに1分近くかかるぞ?

詐欺サイトのチェックを常に行っているみたいなんですが、正直こんなに過剰にやらんでもいいっスよ、ノートンさん…^^;

セキュリティを強化するのは必要だけど、それが原因で処理のスピードを犠牲にしてしまっていては本末転倒だよなぁ(汗)


もうちょっと設定を弄れば改善されるものなんだろうか。
それとも、マシンや回線との相性の所為なんだろうか?
とても便利なモノらしいのですが、自分が使いこなすにはまだまだ時間が必要みたいですのう……^^;;



取り敢えずは、取説を読むか(笑)



※コイツのセッティングに存外時間を取られてしまったので、コメントレスは明日にさせて戴きます~。
スミマセン(汗)
2007.06.18 Mon l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
…更新をサボって、だらだらとしておりました(汗)

あまりにもリラックスし過ぎると、ぼーーっとしてしまうものなんですねぇ^^;


リラックスの原因はクーラー。
最近故障から復活したこの機械。
不快な暑さを排除し、使用者に快適な涼しさを提供してくれるのですが…あまりにも強力なのは難点かなと。
その強力さは

仕事を終え、暑さに蝕まれた身体を休める。

クーラーを使用する。

心地良い涼しさが部屋中を満たす。

そのまま朝まで爆睡


というコンボを生み出すほど。
――ここ最近の平日の生活リズムはいつもこのような感じでございます。
幾らなんでも怠け過ぎですな(苦笑)

涼しさ(or暑さ)に負けないよう、これからも頑張らねば。



そんな堕落しっぱなしの生活リズムを過ごしておりましたが、物欲だけは衝動的に生じてしまうものなのか、店頭で見かけた
20070617154857.jpg

“井上さん”フィギィアを衝動買い。

この猫は「どこでもいっしょ」というゲームのマスコットキャラクターにして主人公。
ゲームは元よりこのキャラクターはとても好きだったので、思わず購入してしまいました。
「リボルテック」という稼動方式を利用しているこのフィギィア――球体関節を随所に使用してあるので、ぐりぐりと動かせますw
折角なので色々なポーズを取らせてみるかな。
20070617154933.jpg
20070617154921.jpg

20070617154913.jpg
20070617154905.jpg

……いかん、和むw
今までデスクトップにはこのマムルボンボンしか飾っていなかったので、余計和んでしまうような気が。
色々邪魔になりそうなので、極力PCにものを飾るのは避けてきましたが…色々試してみようかな?
更新が滞らない程度に(苦笑)


>追記な寸劇。
同族(?)ということで、うちの猫にも挨拶。
――ほら、お前の仲間だぞ。
自分の体格の数十倍の存在を目にして驚く井上さん。
20070617155225.jpg

猫はと言うと、暫くの間井上さんをぺしぺしと手で撫でたりしておりましたが、結局自分に無害な存在だと判断したらしく、その後は徹底して無視。
そのうち井上さんも馴れたのか
20070617155234.jpg

背中の上で眠る始末。


…平和だ…(*´▽`*)
2007.06.17 Sun l 日常 l コメント (12) トラックバック (0) l top
久しぶりにプレイしたら4面で撃沈しました。>マリオ

――こんなに難しかったかな? このゲーム…。
この赤いおっさん、走り出したら全然止まってくれねぇ^^;

最新ゲーム機のマリオの挙動に慣れ過ぎたのか、はたまた自分のウデが落ちたのか。
ちょっと悔しいので、ノーダメージで6面くらいまでは行ける様に練習したいと思います。 蟲どものお相手はまた今度…(苦笑)


さて、話は変わって。
今日は我が家に従兄弟が遊びに来ております。

今年の4月から中学1年生となった彼。
前回見た時よりも身長は伸び、腕力も強くなって確実に逞しくなっているのが解りました。
〝男子三日会わざれば割目して見よ〟とは言いますが、子供の成長と言うのは早いものなんですのう…( ̄ー ̄)


そんな久しぶりに会った彼は
「じぇふ茶さん、誕生日おめでとう」
クッションを手渡してくれました。
aaaaa.jpg

ほぉー、誕生日プレゼントか…しかも僕が結構好きなキャラクターを抑えて来ているなぁ。 
あんなに小さかった君が、今では僕にプレゼントをくれるほどに成長していたとは(´ ▽`)
素直に嬉しいです。 有難う少年w


ただ…
ただ…ねぇ…
僕の誕生日は約一ヵ月後なんだよね^^;


えーっと…こういう時はどういう反応をとるのが正しいのでしょうか?w


一日や一週間くらいの早めの誕生日なら解るけど、一ヶ月はなあ……( ̄~ ̄;)
や、本当に嬉しいのですが本来ならば100パーセントの嬉しさが、99.5パーセントくらいまで下がってしまうような何とも微妙な感じが^^;

とは言え訂正しようとしても

(⌒_⌒)

にこにことしている中学1年の小僧を目の前にしては何も言えんし…うむむ^^;


結局

――有難う。 大切に使わせて貰うね。

と、我ながら無難な台詞を言いながら、微笑みつつ頭を撫でてやることに致しました。
もしかしたら、微妙に苦笑いになっていたかも知れませんが(苦笑)



…何時か訂正する機会は訪れるんだろうか…?^^;
2007.06.13 Wed l 日常 l コメント (10) トラックバック (0) l top
死んだマリオはいったいどこへ行くのか?

中々興味深い記事だと思いました。
確かに彼は(弟も同じく)敵に接触したり、時間切れになったりすると画面の下――文字通り奈落の底へと落ちて行きます。

まぁ彼は世界中のあらゆる場所でやられているわけだから、こんな風にもなってしまうよなぁと妙に納得してしまったりw

でも、キノコを取ったりコインを100枚取ったりするとすぐに復活するんだよなぁ……謎だ(==)


しかし、改めて考えてみると…彼の所謂〝犠牲〟は(ゲームに於いては)必要不可欠なものなんですよね。
ゲームをやっている人であれば、「マリオブラザーズ」の難易度の高さは大体の人が知っていると思います。

そんな難しいゲームを攻略する時、プレイヤーはマリオをやられ続けさせていくことによって、ゲームの内容を理解し、攻略方法を頭で模索し、リズムを身体で覚えて行く。
ゲームに於けるプレイヤーの経験及び技術蓄積は、彼の犠牲によって成り立っている……簡単に言うと、プレイヤーはマリオを死なせた数だけ成長するってことでしょうか。

己の身体を張ってプレイヤーの成長を促すとは、何たる殊勝な態度かッ

……なんとなく、世界中で彼のゲームが愛されている理由が解ったような気がしました(^^;)

普段は特に意識していないけれど、マリオの世界はマリオ(もしくは緑色の男)の屍の上に成り立っているんだなあ。



――久しぶりにやってみるか、マリオブラザーズw
2007.06.12 Tue l ゲーム l コメント (8) トラックバック (0) l top
どんよりとした雲が太陽を覆い、雨が激しく降り注ぐ日。
思わず気分が陰鬱としてしまいそうですが

ぴしゃーーん

と、空に光が走った瞬間、そういう暗い気分が少しだけ払拭されるような気がします。
雷が鳴ると、何故か気分が高揚するんだよなぁ…。

梅雨は太陽が雨雲に遮られ、心も身体もじめじめしてしまう、自分が一年の中で一番苦手な期間です(夏は好きなのですが)。
そんな時に、どんよりとした雲を切り裂くように輝く光。
沈んだ気分を(例え一瞬でも)一刀両断してくれるような気がして、何やらスカッとします。
まぁ、曲がりなりにも精密機器を扱う身としては、細心の注意を払わねばならない自然現象の一つではありますが…それはそれ、ということでw
――なぁ、ちび。 お前もそうは思わないか?

……。

? なんか震えてるけどどうし…

ぴしゃーーーん

!!

〝びく〟っと身を震わせ音に弾かれたかの如く駆け出す。

眼にも留まらぬ動き。
あれこそはまさに電光石火と呼ぶに相応しい体履きでありました。

部屋の中心から瞬時にドアの外へ飛び退き、凄まじい勢いで二階へと駆け上がって行く。
どうやら雷に相当驚いた模様ですが…そこまで?^^;
君が普段眠らせている潜在能力は、こういう時に発揮されるのね(汗)


この日の雷はかなり激しく、結構な頻度で鳴り響いておりました。
空に稲光が走る度、奇声を挙げながら恐慌状態に陥る猫。

びしゃーーん

ぎにーーーーぃ

ばしゃーーーん

ふぎょーーーぉ

ごろごろごろごろ…

にゅわぁぁぁぁーーーーん


えーい、うるさいっ!^^;;

君のへそを取りに来るほど雷神様は暇ではないぞッ
…あれ? そう言えば猫にへそってあったかな…今度調べてみるか…w

これだけ騒がれてはドラマも落ち着いて見れないと母が宥めに行きますが、それも効果の程は余り望めず。
結局は雨が止むまで彼は暴れ続けておりました。
何か雷に嫌な思い出でもあるのかなあ…。

すっかり雨も止み、静かになったので彼が駆け込んだ二階の部屋を覗いてみましたが――何処にいった?
いつもの寝床にも彼の姿はなく、外に出た形跡もない。
押し入れ…は開いているな。
此処かと思って戸棚を完全に開いてみても、彼の姿は影も形もありません。
途方に暮れ、何気なく上を向いてみると……あれ? 天井の蓋が微妙にズレているような……??
DSCN1070.jpg

(屋根裏のヘリに捕まって撮影した為ぶれ気味)
居ました。
屋根裏にまで逃げ込みやがったか…捜す方の身にもなって下さいよ、全くもう^^;
…いいですか? 逃げ回るだけじゃ何も変わらないっスよ。
自分の恐怖を克服しなきゃ。
恐怖から逃げないことが戦うということなのですよ?
そうしないと君は何時まで経っても野性味を取り戻せ
DSCN1071.jpg

無視すんなこらーーーッ!!( ̄Д ̄;)


…屋根裏から引き摺り出すのには骨が折れました……(苦笑)


>追記

はてさて、彼が雷からの果て無き逃走を繰り広げている間、もう一匹はと言うと
DSCN1073.jpg

惰眠を貪っておりました。

…度胸が据わっていると取ろうか、はたまた何も考えていないだけなのか…うーむ( ̄ー ̄;)
2007.06.11 Mon l l コメント (12) トラックバック (0) l top
そして先日の土曜日。
友人と一緒に映画を見に行ってきました。

見てきたのはパイレーツ・オブ・カリビアン -ワールドエンド-
20070610133824.jpg

三部作の完結編ですね。
約一年前に二部を見てからと言うもの、今作の上映は非常に楽しみにしておりました。

友人との待ち合わせの時間は12時30分(上映時間は13時)。
自分がその場所に辿り着いたのは11時45分
楽しみにしていたとは言えちょっと早く着きすぎたか。
こういう時、自分がまだまだ子供であることを自覚致します…(苦笑)

そんな風にうきうきしながら待っている自分に、届いた一通のメール。

友人「悪い。 そっちに到着するの13時5分頃になるわ」

……
……
……

なにやってんですかお前は?!( ̄Д ̄;)


※以下多少ネタバレを含みます。

2007.06.10 Sun l 映画 l コメント (5) トラックバック (0) l top
6月8日の日記


今日はちょっと思うところがあり、PC内のデータを整理しようとスイッチをON。
そして徐に外付けHDDを取り付けて中のデータを覗こうとしたのですが――どうしたことか、HDDを認識してくれません。
?( ̄△ ̄)?
昨日までちゃんと認識してたのに、何でだ? 調子が悪いのかな?
最新のドライバをダウンロードしたり。
プラグアンドプレイを再度使用(ドライバを削除後再びUSBに繋げなおす)したり。
果ては良く解らないBIOSを弄くったりしましたがHDDはうん、ともすん、とも言いません。
…ちゃんと接続はされてる上に、起動もちゃんとしているのに…何ゆえ?

三時間ほど色々やってみましたが、結局HDDは認識の兆しすらも見せず、ただ中のファンを回すのみでありました。

――買ってまだ一ヶ月も経ってないのに壊れた……? orz

そうそう壊れはしないだろうと思って保障に入らなかったのは失敗だったなあ……色々入ってるのに……^^;;


ともすれば何処までも落ち込んでしまいそうな自分の精神を慰めるべく、ゲームでもしようとニンテンドーDSを手に取ると


タッチペンが無い。
20070610133105.jpg


あれ?
あれ?^^;
どこやった??

あ、そう言えば二日前――(以下回想)

(飲み屋にて)
先輩「お前DS持ってるのか。 ちょっとやらせてくれない?」
はい、いいっすよ。
先輩「ふーん…今はこういうゲームが流行ってるんだ」
先輩2「あ、何か面白そうだね。 俺にもやらせて?」
後輩「僕はpspしか持ってませんねえ。 でも結構面白そうだなー」
わいわいがやがや。
 
――(回想終了)

あの時酒屋に忘れて来たっぽい……orz
結構酔ってたからなあ、仕方ない。
買い物がてら近くのゲームショップでタッチペン買ってくるか……とは言っても20分くらい歩くことになるけど。 はぁ。


(ゲームショップにて)
「こちら200円になります。 …ポイントカードはお持ちですか?」
はい。 ここに……ってあれ?
「?」
??
「??」
???
財布の中にあるはずのポイントカードが無い。

忘れて来た? でも何処に? 出した覚えは無いんだが…。 

(_´ω`)「…」
て、店員さんの視線が痛い……!

――す、すいません、カードは無しで^^;

「解りました~」ピッ

その後家の中を探索してみましたが、結局見付かりませんでした。

俺の3000ポイント(3000円分)は何処…orz


その後はデジカメのSDカードが見当たらなかったり、キーホルダーを丸々紛失していたりと散々でした。

何か恨みでもあるのか神よ…ッッ(汗)

嗚呼、色々なくしてしまったなあ……暫く立ち直れなさそうだ……orz



今週は終始こんな感じでした(苦笑)

07年06月は、しし座のA型の男にとって、試練の月になりそうです…w
2007.06.10 Sun l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
6月7日の日記

前日の酒がまだ抜けきっておらず、二日酔い気味の頭で出社。
正直体力的にキツかったのですが、ほぼ自業自得の結果なので、渋々ながらも朝の満員電車に身体を捻じ込む自分。
取り敢えず乗ってしまえば後は楽か…。

しゃか しゃか♪
しゃか しゃか♪


…すし詰め状態でぼんやりしていると、耳内に飛び込んでくる雑音を認識。
どうやら目の前にいる男性の方が大音量で音楽を聴いている模様です。
こんな密室でそんな音楽を聴くなんて迷惑だなあ…などと思いながら、聴き入っていると、何となく聴き覚えがあるようなないような。

――アニメの曲?

最近オリコンで二位になったことも記憶に新しいので、一応は予備知識としては知っているのですが(アニメの方は未見)、男の人を良く見てみると(外見からでは)アニメが好きそうには見えない――人それぞれだとは思いますが――そういう(アニメや漫画が好きそうな)雰囲気を漂わせていないような気が。
GLAYとかポルノグラフィティとかを聴いているのならしっくり来るんだけどなあ…。


ちょっとカッコいい系のお兄さんが、満員電車の中で、ヘッドフォン(大音量)で、もってけ!セーラーふくを聞いている(周りの人はそれに黙って聴き入っている)。

というこの状況に、僕はすっかり違和感を拭えなくなっておりました。
――なんだこの空間?( ̄△ ̄;)


アニメ関係のもの(今回のケースでは歌の題名も題名だし)が不意打ち気味に現実の風景に関わってくると、何だか妙な感覚を覚えてしまうな^^;;


暫くしてお兄さんは降りて行きましたが、僕の二日酔いはすっかり何処かへ行ってしまっておりました。
――あの歌には、癒し効果でも備わっているのだろうか?(笑)
2007.06.10 Sun l 日常 l コメント (3) トラックバック (0) l top
今週はテンションが激しく上下し、一日ごとに上手く文章にまとめられませんでした^^;


…その日に書くネタは、携帯電話の方にメモとして残してはいるのですが…これがまた、支離滅裂なことこの上無し。
記憶も段々薄れていくし、やっぱり日記と言うものを明確にするには、毎日書かないといけないですなァ…。


6月6日分の日記

仕事が終わり、さて帰ろうと席を立つと
先輩「新人も入って来たことだし、彼らの親睦会も兼ねて一緒にご飯でも食べに行かないか?」
と誘われました。
誘って戴いた上にお腹も空いているので二つ返事でOK。
先輩方及び後輩数名と僕は、夕食を食べに夜の街へと繰り出すのでした。


――数時間後。

顔を真っ赤にした先輩方と騒ぐ後輩に囲まれて、お酒をちびちびと飲んでいる自分神奈川の片隅に居たり居なかったり。

「ご飯」を「食べ」に行くとは言っていたが、「飲み」に行くとは一言も言っていなかったような( ̄  ̄;)

社会人にとっては「食べる」と「飲む」は同義語なのか?

二年目に突入して暫く経つと言うのに、未だに社会人というものの底が見えん^^;;


しかしこの後輩、酒が強いな。
こっちがビール一杯に辟易している間にもう三杯目を飲んでいやがる
うーむ…こんな麦で出来た炭酸飲料をよくもまあ水と同じように飲めるもんだ…こちとらグラス一杯を半分飲むだけで精一杯なのになあ…ふう。
後輩「あ、すいません。 お注ぎしますね」

せ、折角半分クリアしたのにッッ?!Σ( ̄Д ̄;)

人の好意が重荷になる時というのはこういう時なのか…。
注がれたものを突き返すわけにもいかないので、眼を強く瞑りながら、ぐいぐいと喉に流し込む。
…ぐはぁ、キツイ(汗)
先輩「お、いい飲みっぷりだねぇ。 もう一杯どうぞ」
もうヤケだチクショウw


――結果。
顔を真っ赤にして、少しばかり歩調がふらつく男の出来上がり。
流石にこれ以上は不味い(明日も仕事があるし)ので、悪いとは思いながらも歓迎会は途中で欠席させて戴きました(それでも11時は過ぎておりましたが)。

どれ位酔っていたかと言うと、その帰りの途中

掴もうぜッ♪
ド○ゴンボールッ♪
世界でいっとう 愉快な秘密~♪


聞き覚えのある軽快な詩を口ずさみながら、街中へと消えて行った酔っ払い二人に遭遇した後

神奈川に(少なくとも一つは)あの玉が落っこちているということか…?( ̄△ ̄)

などと考えていたので、相当酔っていんだと思います^^;
後六つは何処にあるんだ?(笑)


寮に帰り、泥のように眠る。
睡眠から覚め、酩酊状態の自分を空の月が優しく?見詰めておりました。
20070610130822.jpg

嗚呼、月ってあんなに綺麗だったかなァ…。
2007.06.10 Sun l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top
ネクロネシアの更新が滞っておりますが。
その理由の一つとしてはコイツが挙げられます。
aaaa.jpg

落武者 -怒獲武(どえむ)サムライ登場-

このソフトの情報自体はあなざわーるど様などのサイトで見知っておりましたが、それでも見た瞬間買わねば。 と思わされましたw

レビューはネクロネシアと並行して書いていこうかなと思ってます。
しかし、最近はネタゲーしかやっておらんなあ自分… (;; ̄3 ̄)


閑話休題。
ちょっと気になる記事を見つけたので紹介致します。

恋人の聖地プロジェクト「プロポーズの言葉コンテスト」

プロポーズの言葉…かぁ。
「愛してる」とか「好きだ」とか、言葉による愛情表現にも色々なバリエーションがあるんだなあと何やら感心しておりましたw
流石に生涯の伴侶を選ぶ言葉の集まりだけあって、何と言うか…読んでいるとちょっと照れ臭いものがありますなあ…^^; 
実際に「言え」と言われたら、多分僕は脱兎の如く逃げ出すこと請け合いでございます(苦笑)

こんな言葉、素面で言えるかいッ( ̄口 ̄;;)


しかし、結婚の経験が無いので全く解らないのですが…やっぱりこういうのって男の方から言うのがスタンダードなんでしょうかね?
や、勿論女性の方から、というのもおかしくはないのでしょうが。
やはり〝形式的〟には男性の方から言うのが筋なのかなあと…考え方が古臭いのか? 僕(汗)
そういう男女間の駆け引きと言うか、微妙な心理には全くもって疎い…。


まぁ実際に言う気も、予定も、度胸も無いんですけどね(* ̄∇ ̄*)


結婚した自分というのが全くもって想像出来んなあ(苦笑)
2007.06.05 Tue l 日常 l コメント (9) トラックバック (0) l top
目の前に何やら箱がある。

開けますか?


2007.06.04 Mon l l コメント (8) トラックバック (0) l top
死闘を終えた後の日曜日。
起き上がると両腕部にぐぎりと痛みが走りました

まぁ、先輩方の三倍はクラブを振ってるんで、こんな筋肉痛もやむなしなんですが――何やらひりひりとした痛みも感じます。 なんだこりゃ?
ふと腕に視線を落としてみると
DSCN1053.jpg

ひどい日焼け
腕の色がツートンカラーになってる……何でこんなに焼けてるんだ?^^;
前日シャワー浴びた時には何もなかったのになぁ…こりゃ風呂に入ったらびりびりと来るんだろうなあ…。
少しばかり暗澹とした気分で母親と朝の挨拶を交わすと、少々狼狽した様子で
「あんた、顔どうしたの?」
と聞かれました。
いつもと変わらない顔だけど、何か?
「とにかく鏡を見てみなさい」
なんだよ、唐突だなあ…。
釈然としない気持ちで覗いてみた鏡には

こんな感じの顔の男が一人。

うわ! かっこ悪ぃ!( ̄△ ̄;)
何でこんな変に焼けてるんだ? 変な帽子(つばの部分が異様に短い)を被って行ったからか?^^;

…間違いなく前日のゴルフでの影響でしょうが…小さい頃はあれくらいの陽射しを受けても全然平気だったのになぁ。

今度から日焼け止めはきちんと塗るようにしよう(苦笑)



>追記
兄:「お前…その顔…わははははははははは(* ̄∇ ̄*)」
笑いすぎだ!(泣) …そりゃ変な風に焼けてしまっているけれども。
兄:「だってその顔、赤鼻のトナカイを思い出したからさ」
…僕に暗い夜道を照らせってんですか? 
兄:「まぁ、それもあるが…サンタがいないと何の役にも立たないって所も似てるじゃんお前」
( ̄Д ̄;) どういう意味だこの野郎!^^;;;
2007.06.03 Sun l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
ロストボールは12発でした。

――前回は15発だったことと比べると“成長した”と言って良いものか悪いものか(苦笑)


さて“ゴルフ場でのゴルフ”というものを改めて体験し、思うことはやはりゴルフの下手な者は上手なひとより疲れるということでしょうか。

ただ打つだけで何言ってるんだと思われる方も居るかも知れませんが、ゴルフ場では打ったら打ちっぱなしではなく、打った本人はボールの行き先に行かなければならない(まぁ当然の話なのですが^^;)ので……結構運動になるんですよ、コレ(苦笑)

そしてそのボールの行き先が崖や土手の上であると疲労度は倍増するものなのです。

更に同伴競技者より距離を稼げない(ゴルフでは一番飛ばなかった人が先に打つルール)場合は、ゲームの進行を滞らせないために、いち早くボールの元まで行かなければならない。

結果、常に(ボールを)サーチ&ダッシュということになるわけであります。

山道をダッシュで登るのはキビシイ…(汗)


ふぬぁ!!(>< ;)◯

でいぃ!!(;゜ぺ)○

おりゃぁぁ!!○(`´;;

と(心の中で)気合を上げながらドライバーを振るう。
その意に反して、右へ左へ縦横無尽に空を駆け回るボール。
そして、それを全力で追いかける自分(ゲームの進行を途切らせない為)。
ボールの行き先の崖(もしくは谷)からアイアンを振り回し、根性でボールを出す――今回はそれの繰り返しでございました(苦笑)


そんな右往左往の結果、最終的なスコアは202(イン104、アウト98)の最下位(汗)

――全然練習の成果が出てねぇ!( ̄△ ̄;;)


……つ、次こそは……頑張りますよ?(^◇^ ;)
2007.06.03 Sun l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。