上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
(直接の被害は受けていないけど)地震に次いで雷と来たからには……次は火事かはたまた親父か。


どっちも嫌だなぁー(汗)




さて、先日雷に翻弄されて書かなかった日曜日の出来事。


この日は友人と共にお台場・東京ジョイポリスを訪れておりました。
理由はタダ券を先輩から戴いたからなのですが…カップルの多いこと多いこと

自分達二人以外はまるで子連れかカップルの二択であるかのような有様でございました。

――考えてみれば、先輩はつい先日結婚したばかりの新婚さん。
そんな御方がくれるような遊び場のタダ券なのだから、ほぼ確実にデートできるような場所に決まっています。
そんな所に男二人で来て何をやればよいのやら…orz


とは言え、そんな場所でも気になる所の一つはあるもので。

忌火起草 (いまびきそう) 胎動編

今秋PS3で発売予定の最新サウンドノベルの世界観を模したお化け屋敷。
サウンドノベルというジャンルは自分の好きなゲームの一つであるが故に、期待していたタイトルの一つであります。
とは言え、ゲーム機自体を持っていないのでやれる機会は無いと思っていたのですが……渡りに船とはこのことか。

早速友人を促して中に入ろうとするも、友人はその場を動こうとしません。
ん? どうした?
「いや、俺は入るつもりないけど」

Σ( ̄口 ̄;; なんだと?

ちょ、おま……なんで?
「こんな所男同士で入っても面白くないだろ」
それは解る。 痛いほど解るが。
僕に一人で入れと言うのか? あんな怖そうな場所に? 一人で?
「ああ」(にっこりと笑いながら)
…。
「…」
…どーしても付いて来る木は気は無いみたいだな…くそうっ、せいぜい安全な場所で俺の無事を祈っているがいいさ!(泣)
「おお、骨は拾ってやるよ~」

…僕が死ぬの前提かッ、畜生(汗)


――入る前のガイドさんからの内部の説明

いやあ、自分は怪奇現象サークルに所属しているんですけどね……そのサークルのメンバーがですね、此処の館を訪れた際に焼死してるんですよ。 全員。 …多分この館に原因があると思うんですけど…気を付けて下さいね?

そう言う設定だったっけ?^^;

と言うかそんな危険な場所だったら止めろよと言いたい所ですが、ぐっと堪えて促されるままに館の内部へ。

先ほど付けられたヘッドフォンからは、悪霊(と思われる)たちの呻き声が絶えず聞こえる。
暗くて足元もおぼつかない様な館の中を文字通り手探りで歩いて行く。
アドベンチャーゲームの主人公ってこんな感じなのかな…などと思いつつ、おっかなびっくり歩を進めて行く――。


――まぁ、そんな感じで一人で館を探索してきたわけですが。

素でぎゃあと叫んでしまったのは実に小学生の頃以来だったなと。


…もう二度とお化け屋敷に一人でなんて入らねえ…!(泣)




※補足
どうせ同じお台場だったのなら、こちらに行くべきだったなと後悔したのは後のお話。

8月12日、お台場冒険王にて

まぁ、多分行くと思いますが(苦笑)
スポンサーサイト
2007.07.31 Tue l 日常 l コメント (6) トラックバック (1) l top
前日から本日午前中にかけて関東方面の天気は大荒れでした。
そちらにお住まいの方は大丈夫だったでしょうか?

自分の活動地域は関東。
今回の嵐と言うか、大雨には思い切り被害を被りました。
…急に降ってきたりするのは本当に勘弁してほしいよなあ…( ̄ー ̄;∂

(以下殆ど愚痴っぽくなりますので、ご注意下さい(汗))


2007.07.30 Mon l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
久しぶりに秋葉原を訪れてみたところ、あの有名な孫さんが駅前に居た。
DSCN1256.jpg

DSCN1258.jpg

ミーハーぽくてちょっと嫌だが、取り敢えず撮影(笑)

あの状態から見て、多分精神と時の部屋から出てきたばかりなのだろう。
セルゲームに備えて体調をしっかりと整えて欲しいところだ。

まぁ何処からどう見ても欧米人風の顔付き
DSCN1259.jpg

下駄履きであることにはこの際追求しないことにする。

――何と言うか、今日も地球は平和だなぁと思った日曜日の午後でありました(笑)
2007.07.28 Sat l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
「じぇふ茶~、じぇふ茶~、こっち来て~」

家に響き渡る母の声。
流石に名前を連呼されるのは木っ端恥ずかしいので、急いで母の元へ。

どうやら母は風呂場の掃除をしている模様。
その様子を覗き込むと、母は何とも言えない表情をしつつ、無言で目の前の空間を指差しました。

「そこに居るでしょ、ほら」
母が指さすその先にはちょっぴり普通サイズより大きいなめくじが。
…コイツを、どうしろと?

「悪いけど、それを外に捨てて来てくれる? 気持ち悪くて触れないのよ~」

Gことご○○○(←自主規制)を意に介さない御方が何を仰る?

普段より炊事洗濯掃除を一手に引き受ける母。
例えGが現れたとしても、冷静沈着に処理を行います。
その所作には何の躊躇いも迷いもありません。

発見次第即抹殺。

普通Gを見かけたら多少なりともぎょっとしてしまうものだと思うのですが、母にはそんな素振りは全く見られない。
我が母ながら、その手際の良さには感服です。

――そんな風にGを倒せるんだから、なめくじくらい大丈夫でしょう?
殻の無いカタツムリみたいなものなんだから。

更に彼等は塩という致命的弱点まで抱えてるんだよ?

Gと比べりゃ、遥かに組みし易い相手だと思うんだけどなぁ。

そう渋る僕の前で、更に母の一言。
「だってご○○○は叩けば死ぬけど、なめくじは叩いても死ななさそうじゃない?」

いや、そのりくつはおかしい^^;

どちらかと言えばその理屈はGにこそ当てはまると思うんだが……貴女の中ではなめくじは不滅の存在にでもなってるのか?w

自重の何倍もの硬さと重さを持つ獲物(主に新聞紙)で引っぱたかれて無事でいられるなめくじか。 イメージ的にはこんな感じだろうか。

もう勇者の子孫でも連れてきて退治して貰って下さい(苦笑)



それはともかく、ご○○○は平気なのになめくじは駄目という感覚が僕にはちょっと信じられないなと。

ご○○○が平気だったらなめくじも(無条件で)平気じゃないのか?

この理屈で行くと、なめくじが平気でご○○○が駄目と言うのも変ということになってしまうけど…何か納得が行かん(汗)

まぁ、母から見ればGを怖がる僕のことも良くは解らないのだろうが。

恐怖を始めとする、その人固有の感情(感じ方)は他人に伝わり辛いってことなのでしょうかねぇ………って、何でこんなことを力説しているんだろう僕はorz
2007.07.24 Tue l 日常 l コメント (13) トラックバック (0) l top
最近は妙なダイレクトメールやら、勧誘の手紙が届くことが多い。

仕事柄実家に居ることが少ないので、実家に寄った時は何時も良く解らない手紙がたまっている始末。
今日も、そんな〝どうでも良い〟はずの手紙の束を処分しようとしていると

ぱさり

DSCN1254.jpg


何気なく落ちた一通の手紙。

――やれやれ、水道工事とか、ゴルフのレッスンとか、モデルハウスの値段とか、そんなもんには全く興味は無いってのになぁ……えーと、なになに?
当選チケット在中…ポケモンリーグDP2007…って、何だこりゃΣ( ̄□ ̄;)
慌てて中身を開けると

「おめでとうございます!
あなたは、ポケモンバトルの公式大会の出場権を獲得されました」


の文字がでかでかと。
DS版のポケモンを使用した対戦イベントか。 そう言えば従兄弟に誘われて応募してたんだっけ…すっかり忘れてたな(汗)
相当前に着ていたみたいですが、ダイレクトメールの中に紛れて気が付かなかった模様。

あ、こうして僕の所に着てるってことは、ヤツの所にも着てるのかな?
早速電話、電話。


トゥルルルルル…がちゃ

「あ、こんばんはじぇふ茶さん」
うん、こんばんは。 ところでちょっと聞きたいことがあるんだけど――。

~事情説明中~

――というわけなんだけど、君の所にも招待券は来た?
「……」

「なんでしたっけ? それ」
…もしかして、応募してない?

「と言うより、覚えが無いんですけど」

……。
「……」
……。
「……」
……そ、そうか……ならいいや。
もうすぐ夏休みだけど、気を抜かないで頑張るよーに。 それじゃ……。
「は、はぁ。 それではまた」

がちゃん


…。
…。
…。
……どうしよう?( ̄Д ̄;)
2007.07.23 Mon l 日常 l コメント (8) トラックバック (0) l top
ダイハード4を見て来ました。

20070722.jpg


1~3より受け継がれている派手なアクションシーンは元より、主役であるジョン・マクレーンを演じるブルース・ウィリスがカッコいい。

用意周到なテロリストを相手を相手取るのも今回で四回目になるが、相も変わらず孤軍奮闘戦い抜く姿には思わず感動を覚えた。

四面楚歌、絶体絶命の窮地にあっても決して諦めない。
折れない、挫けない、勝利を掴むために傷付くことも厭わない。
絶対的、圧倒的な“敵”に臆さずに立ち向かうその姿にこそ、視聴者は魅了される。
そこには誰もが憧れる“英雄”の姿がある。

――しかしながら、この映画の主人公は劇中「誰もやらないから自分が(英雄を)やっている」と自嘲気味に呟いている。
そこには英雄ではない、本音を独白する唯一人の人間の姿がある。

何の打算もなく命は張れない。
何かを成し遂げれば、栄誉や賞賛を求めたがるのが(大多数の)人間の性。

彼は何のために戦うのか?

悪に対する怒りのためか。
愛する家族のためか。
それとも――自分の中にある、名前も解らない“何か”のためか。

恐らくは全てが理由として当てはまるのだろう。

そう言った“男が戦う理由”を教えてくれるのも、この映画の魅力の一つだと思う。


…とは言え、“世界一運の悪い”(何だかんだ言って生き残っているんだからむしろ運がいいんじゃないか?w)彼のように生きるのは無理があるけれども(苦笑)
流石に二時間で20回以上も命拾いはしたくないし…^^;

まぁ、映画のように生きると言うのは無理ではありますが……面白かったことに変わりはないので、未見の方には是非お勧め致します(笑)


>補足
ダイハード視聴後、ついでに300(スリーハンドレッド)も見て来ました。

“孤軍奮闘”という意味ではダイハードと変わらない(300人の屈強な軍勢が100万人以上の軍勢に立ち向かうという物語)のですが、こちらもお勧めします。

…何と言うか“絶望的な状況に立ち向かう”という映画が好きだなぁ、僕(汗)
2007.07.22 Sun l 映画 l コメント (7) トラックバック (0) l top
ちょっぴり身体がダルかったので、本日は家の中でおとなしくしておりました。

暑いとどうしても窓の全開放冷房&扇風機のフル稼働をしてしまうんだよなあ……最近は室内がじめじめとするばかりだし、これはきっと僕がだらしないのではなく、自然が悪いに違いない。 ウム(^^)

…間違いなく、冬になったらこたつで風邪を引くな、僕は(汗)


まぁ、そんなこんなで家でごろごろとしていた訳ですが。
ぼんやりしているだけでは退屈なのも事実なので、家猫の観察をしてみました。

飼い猫としてうちに住み着いている彼等。
彼等は普段何をして過ごしているんだろう…?


2007.07.21 Sat l l コメント (6) トラックバック (0) l top
本日、職場にて。

上司「ああ、俺、今日から部長になったから。 宜しくな」
上司2「僕は主任から課長代理になったよ。 今後とも宜しくお願いします」

……また、唐突な話だな……昨日のうちにダーマの神殿にでも行ったのか?
いや、それだと転職することになってしまうか(苦笑)


と言う訳で、今朝訪れた職場では上司がクラスアップを果たしておりました。

昨日まで課長だった人が今日は部長。
昨日まで課長代理だった人が今日は課長。
昨日まで主任だった人が今日は課長代理……わざわざ代理を立てなくても、(ほぼ課長と同じ権限を持っているのだから)もう課長でいいような気がするんだが……そこら辺の機微が良く解らないなぁ、会社のシステム(汗)

まぁ名前の後に付く肩書きが違うだけで、随分と印象が違って見えるものなのですね。
例えるならスライムがスライムベスに進化するようなものだから、違って見えるのも当たり前か。
…我ながら例えは微妙ですけれどもw


しかしながら、物事の急激な変化に弱いのは自分の持つ弱点の一つ。

――コピーとって来ました。 課…いや部長。
(ジロッ)

――すいません、これをお願いしたいんですが主…課長。
(ジロジロ)

慣れ親しんだ呼び名を急に変えるのに少しばかり違和感を覚えてしまい、時々新しい役職名を間違えてしまっておりました。

その度に突き刺さる視線の痛いこと痛いこと

一年近く呼び続けて、慣れ親しんでいる呼び名なんだからちょっとくらいの間違いは勘弁して下せぇ^^;


――役職が付くのはいいことなのですが、いちいちそれを反映させなくてはいけないのは、ちょっとばかり面倒臭いですな。
早い所慣れなくては(苦笑)
2007.07.19 Thu l 日常 l コメント (8) トラックバック (0) l top
最近消耗気味の体力と、それを支える精神力の回復のため某猫喫茶を訪れてみました。

外観は、普通の喫茶店。
静かな雰囲気は自分の好みですが、それ以外は特に何も特徴はなし。

DSCN1225.jpg


入り口で、猫さんが眠っている以外には。

うむ、可愛いのう(^^)


店内に入ると、何匹かの猫が同じように眠っているのが眼に付きました。
その全てがお客さんの邪魔にならないような場所で寝ている(外の空き箱の上とか、人があまり来ないような端っこの椅子の上とか)に居るのが何だか良いなあと。
…いや、猫が我が物顔に店内をうろついてたら商売にならないのは当然ですけれども(苦笑)

他の猫たちは他のお客さんに占領(?)されているので、仕方なく入り口で出迎えてくれたパンダ猫と一緒にお茶をすることに。

先ほどオーダーした紅茶を啜りながら、寝ている猫の傍で静かに過ごすこと1時間。
店の目の前を通って行く人々の流れ。
そろそろ夕方から夜になろうとしている空。
夏真っ盛りにしては過ごし易い気候と、時折頬を撫でる風。
…目を閉じると、猫の寝息が聞こえて来るような。
そんな静かだけど寂しくない時間。

――ああ、すげえ和むなあ……( ̄▽ ̄)

自分の顔は自分で見れないけれども、おそらくこの時の僕の顔はかなりぽやーーんと緩んでいたと思われます。
傍らで猫がおとなしくしているだけで、こんなに和めるもんなのか…猫って不思議だなぁ。
きっと猫は常時人を眠くさせる成分和ませる成分を空気中に撒き散らしているに相違ないw

猫喫茶でこれなのだから、キャバクラならぬニャバクラがあれば、もっと自分は和めるに違いありません。
誰か作ってくれないかな?(笑)
2007.07.18 Wed l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
うう、また間が空いてしまった^^;
週末に近付くと、こっち方面がどうしても疎かになってしまうなぁ…。

金~日の思考の流れとしては

まだ時間あるな~、明日は休みだし、もうちょっとしてから更新しよう。

ん、もうこんな時間かぁ。
…でも、明日は休みだしなぁ…うん、夜更かししてやろう。

うぐ…眠いなあ。
でも今日中にやらないといかんしな~。
今日書こうとしてたことって何だっけ? う~ん…これだっけなぁ。
いや、あれだったか…? ………zZzzZZZZ……。

ハッ もう朝?!


みたいな感じになってしまいます(苦笑)
まとまった時間が無いとやれないこまごまとしたこと(終わらなかった仕事とか読書とか掃除とかゲームとか)をやっていると、どうしても自分の活動限界時間を迎えてしまう……休日って、どうしても「まだ間に合う」みたいな考えになるなぁ^^;
“手早く更新すれば良い”のは解っているものの、なかなか……休日ってオソロシイw


さて、話は変わって、本日は非常に大きな地震がありました。
こちら(東京方面)でもかなりの揺れ(揺れの時間がとても長かった)を感じられたので、その規模の大きさは推して知るべし。
当然今現在でも被害状況が矢継ぎ早に様々なメディアによって伝えられているのですが――その様子を見ていて“ああ、凄いことになっているな”と他人行儀な考え方をしてしまっていることに我ながら恐怖を覚えてしまいます。

先日の台風の時もそうだったのですが、被害を受けている現地の様子を目の当たりにしているにも関わらず、自分の地域と遠く離れている――自分の近辺に起こっていることではないというだけで100%危機感を持てない自分が情けない…(汗)(現地の方、大変申し訳ありません…)


もうちょい、危機感を持つべきだよなぁ…自分(苦笑)
2007.07.16 Mon l 日常 l コメント (10) トラックバック (0) l top
有野課長がゲームを作っている夢(ゲームセンターCX)を見てました。

――〝有野の挑戦状〟楽しみだなァ。


最近は少し帰りが遅くなってしまうので、微妙にエネルギー不足に陥っております。
故に、保存しておいた番組やDVDなどを見ている最中に眠ってしまうこともしばしば。

そんな風に寝てしまう時って、その時に見ていた映像や音楽がイメージとして夢の中に登場することが多いんですよね…自分の場合(汗)

感覚的には丁度身体は休んでいるのに脳だけ強制的に動かされているという感じでしょうか。

自分の単純な精神構造だからこそ為せる業だとは思うのですが、見ている映像が映像だと疲れることこの上なし。
今回はゲームセンターCXだったから良かったものの、これが最近見始めている24(トゥエンティフォー)とかLOST等の緊迫した場面が連続するドラマだったりした時には目も当てられません。
夢の中でテロリスト相手に一人で奮闘したり、得体の知れない島でサバイバルなんかした日にゃ、休めるものも休めやしません(汗)

まぁ脳が休んでいないのだから、精神力や体力が回復する訳無いよなぁ。
やっぱり眠る時には部屋を暗くして静かにすることを心がけるべきなんですねぇ。 人間って便利なんだか不便なんだか解らん(苦笑)


さて、寝直すかな…。
2007.07.12 Thu l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
月曜日より、少々厳しい二日酔いになってました(汗)

それと言うのも、新人の方々との〝交流会〟というお題目の元、諸先輩方に飲みに連れて行って貰った(連行された)のが原因。

なんでわざわざ月曜日に行くかな……普通週末じゃないのか、そういうのは(汗)
とは言え、付いて行かない訳にもいかないのが下っ端の辛いところ。
「明日ちゃんと起きられるかなあ」と心配しつつも、先輩方の後を付いて行く僕なのでした^^;


2007.07.11 Wed l 日常 l コメント (11) トラックバック (0) l top
去る7月7日、EXTRA ~HYPER GAME MUSIC EVENT 2007というイベントに行って来ました。
――気力と体力を激しく消耗(苦笑)

こういったゲームミュージックライブなるものに参加するのは初めてだった上に、正直解らない(やったことがない)ゲームの曲目も多かったのですが…なかなか熱くなれたなと。
ライブハウスという自分としては未体験の場所で、音源をダイレクトで聞くことが出来たのも良かったと思います。

演奏者の方々から発せられた音が、音楽として聞き手にぶつけられてくる。
うたい手の方から発せられる詩がそれに拍車をかける。

音が身体を突き抜けて行く――心を揺さぶるってあんな感じなんですな。
音楽は生で聴くのが良い、と言われる理由が良く解りました。

――ゲーム内で印象に残ったBGM(詩)を聞くこと。
それは
〝あのゲームは面白かったなあ〟と。
〝そういうゲームもあったなあ〟と。
懐かしさを感じ、ノスタルジックな気分に浸ること。
または
〝こうやってクリアしたな〟と。
〝あの面は難しかったな〟と。
当時感じていた熱い気持ちを蘇らせ、高揚した気分になること。

ゲームの購買理由としてはシステム、ゲーム性、世界観…色々ありますが「音楽が良いからこれを買おう」と〝音楽の良さだけで購買を決定する〟というユーザーの方は少ないと思います(音ゲーなどの特定のジャンルを除く)。
しかしながら、夢中になったそのゲームを印象付ける要素として「音楽」は絶対に欠かせないものとなっています。
音楽はゲームを面白くするための要素であり、ゲームを盛り上げる要素であり…忘れられないゲームを生み出すためのもの
そのような思い入れのあるゲームの音楽を聞くということは、訳も無く楽しく(嬉しく)なってしまうものなんだなぁ…。

ドクターマリオ、レッキングクルー(田中宏和さん)、ラリーX、パックマニア、ドラゴンスピリット(細江慎治さん)。
世界樹の迷宮(古代祐三さん)、カルドセプトサーガ(伊藤賢治さん)
などのBGM(REMIXver)は個人的に思い入れがあるものばかりだったので、流れて来た時には無意識のうちにリズムを刻んでおりましたw

しかし、この作曲家さんらが関わっていた(と思われる)個人的に好きなゲーム、MOTHER、ワルキューレの冒険、アクトレイザー、ロマンシングサガ(特にバトルメドレー)等の曲が流れなかったのは残念でしたが…。
権利関係とか煩そうだし、無理だったのかな(汗)


まぁ(ある特定の)ゲームに思い入れを持つ方であればかなり面白いのではないかと。
こういうイベントの開催、もっと増えてくれないかなあ…勿論演奏品目は自分の好きなゲームミュージック限定ですが(苦笑)


>追記

進め 進め ものども

邪魔な 敵を 蹴散らせ

目指せ 敵の 城へ

オゴレス 倒すのだ~!


今回のイベントの冒頭、桃井はるこさんが歌ったファミコンゲーム「ボコスカウォーズ」の歌詞。
……説明書に歌詞のみが載っていただけの詩をいきなり歌えと言われても……忘れてるよそんなもん(苦笑)
ボンバーキング」なら歌えたのになあ……残念w
2007.07.08 Sun l 日常 l コメント (9) トラックバック (0) l top
僕のブログを見てくれている友人から言われた言葉。

彼にとっては何気ない疑問だったのかも知れませんが、自分にとってはちょいと返答に困る疑問。
――言われてみると、何で書いているんだろう? 僕は。

特に理由は無いな…まぁ、元々文章を書いたり読んだりするのが好きなだけという話か。
考えていること、やったことを書きたいように好きなだけ書ける(自分の文章力に見合った形で文章をまとめる必要はあるけれど)のが楽しいからなんだと思う。
自分の場合は、ほぼ確実に支離滅裂な文章になってしまうけれど…(苦笑)

疲れたらやめればいいし、書きたくない時には無理に書く必要はない――勿論、毎日更新できるに越したことは無いけれど――何の制限もなく、自分勝手に文章を構成出来るのが面白い。
文章を書くために、色々なネタを探すのが面白い。
文章を書くうちに、色々な人と知り合えるのも面白い。
色々な文章を読めるのも面白い。

そう言った自由気ままな面白さに溢れているからこそ、ブログに関わっていられるんだろうなぁ。


そう言った旨のことを伝えると
「無駄なことをやっていると思うことはないのか」
との更なる疑問。

言ってしまえば、生きることは無駄なことばかり。
そんな中で、自分の中で意味があると思うこと――自分にとって面白いと感じることをする、ということはとても大切なことなんじゃないだろうか?

自分が〝面白いと感じた瞬間〟それは無駄なことではなくなるんだよ

疑問の解答としては不適切かもしれないけれど、続けられているのはそう言う理由があるからかな…他の人はどうなのかは解らないが^^;



※7月4日分のコメントレスは明日以降にさせて戴きます。
申し訳ありません~(汗)
2007.07.05 Thu l 日常 l コメント (11) トラックバック (0) l top
それは久しぶりに部屋の整理&掃除をしていた時のこと。


…自分には、何かまとまったものを買った時、品物を紙袋から取り出さずに放置してしまうというずぼらな癖があります。
今日は紙袋の中身をまとめようと、その中身を物色しておりました。

読もうと思ってそのままになっていた小説。
PCのデータを保存するために買ったメディア。

その他様々な小物をいそいそと整理。
さて、これで全ての中身を取り出したかな…と、空になったと思われる紙袋を裏返しにしてさっさっと振ってみると。

ぽとぽと

と、足元に落ちた黒いものが一つ。

何だまだ中身が残ってたか――と視線を下に向けてみると

足元でわさわさと蠢く黒い奴。

<ッ?!! Σ( ̄口 ̄;;


――今年に入って初めての〝G〟との遭遇。
それは、彼らの不意打ちから始まるのでした。


2007.07.04 Wed l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
新装開店したとの噂を聞き、吉祥寺・ヨドバシカメラに行って参りました。
DSCN1188.jpg

…でっかいなぁ( ̄口 ̄

家の近くにこの規模のお店があるのは便利の一言。
これでPC関連の消耗品を買うのに遠出をする必要がなくなりましたな――隣にあるラオッ○スがどうなるのかはちょっと気にはなりますが(苦笑)


という訳で様子見もかねて
DSCN1190.jpg

ちょっと衝動買いをしてみましたw

USB扇風機とクリーナー。
「便利そう」だとは思っていたものの、今までは買う機会がなかったこれらのツール。
どんな使い心地なんだろう?


2007.07.03 Tue l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top
ここ二日ほど、思い切り落ち込んでおりました。

――原因は、仕事でまた大きなポカをやらかしてしまったからなのですが……あまりにも稚拙なミスだったので、自己嫌悪に陥っておりました。
丁度4ヶ月くらい前にも同じようなことをやってるのに、何をしてるんだ僕は(汗)

色々な人に謝って。
色々な人にお願いして。
色々な人に迷惑をかけて。
色々な人に動いてもらって…何とか“致命的”なレベルには至らずに事態を収束させることは出来たものの…全然成長しとらんなぁ、僕。
仕事には大分馴れて来たけど、それを糧にすることが全然出来てない。
こんなんでこの先大丈夫なのかなぁ…。

そんな感じでマイナス思考にどっぷり浸かっていた自分ですが、実家近くの某大きな公園にて奇妙な動きをするおじさん(とそれに追従する男女二人組)を見掛けました。

…あの動きは、恐らく太極拳か?

まぁ、それだけなら何らおかしいことも何も無いのですが…おかしいなと思うのは、既に今の時刻がすでに夕方(もしくは夜)と言っていい時間帯であること――普通、早朝にやるもんじゃないのか?

第二に、彼らの前にはラジカセ等が見受けられないことから、相当踊り慣れていることが見受けられる点(“流れるような動き”ってああいうのを言うのだろうか?)

第三に、三人とも外国人(多分欧米のひと)。

欧米(?)の人たちが夜に、太極拳(かなり上手)を踊っている。

恐らくは健康のためにやっているのでしょうが、どうにもこうにも赤一色だった背景にいきなり青を混ぜてしまったかのような違和感が…^^;
何だか良く解らない状況に、すっかり僕の頭の中は放心状態に陥っておりました。

放心していたのはおそらく二分くらいで、その間僕はじっとその様子を眺めていた模様。
となると、見詰められる方から声を掛けて来る(そりゃ近くでぼんやり突っ立ってられては気も散りますよね^^;)のはほぼ必然であり
「何か御用ですか?」
と、リーダー格の男の人から存外流暢な日本語で話しかけられた時には誇張でなく心臓が口から飛び出そうになりました(苦笑)

――す、すいませんッ。 何でもありませんッ!
と、恥ずかしさと情けなさが渾然一体となった面持ちでその場を早歩きで去る自分。
背中に突き刺さる、訝しげな視線。
人って想定外のことが起こると、何も出来なくなるものなんですねぇ…身を以って実感(汗)


慌てて公園を出て一息吐くと、先程までのマイナス思考が何処かへ行っていることに気が付きました(マイナス思考に陥っている余裕が無かったとも言えますが…)。

何にせよ落ち込んでいた気分は紛れたので、その点ではラッキー…だったのだろうか?w



まぁ兎に角

落ち込んだ時には太極拳を見ろ。

ということなのですかね(笑)
2007.07.01 Sun l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。