上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近のゲーム情報にはとんと疎かったのでノーマークだったのですが。


ナナシノゲエム 目


続編出るんですねコレ。 前作があれだけ怖かったのだから、今作も怖いに相違ないんだろうなあ。 それも前作以上に。
「アカナイヨ-!」以上に怖いシチュエーションは無いと思うのですが、HPを見る限りでは製作者の方々はプレイヤーを怖がらせようと日夜努力を重ねているご様子で…ああ、くそっ。 やりたいけど怖いのはイヤなんだよなあ。 アレ以上に怖かったら僕は泣く。 絶対泣く。 …大の大人がと言うなかれ。 大人だって怖いものは怖いし、泣きたい時には思い切り泣きたい。 でもゲームはやりたい…俺はいったいどうすれば良いんだ…orz


ゲーム発売日までに恐怖を克服するための勇気を持てるか、そこが問題ですな(汗)




【時々宮崎弁】ナナシノゲエム_pt10(ネタバレ注意)

このシーンで出口と通路以外をタッチすると「アカナイヨー!」という台詞が出ます。
システム上動きがトロイので、此処で何度死んだことか…orz



>気になったニュース

Wii「スーパーロボット大戦NEO」 発売決定(まさか勝てるとでも?様より)

毎回登場する作品が気になるゲームですが、今回自分が注目するのは「疾風! アイアンリーガー」。
…現実に存在する競技を題材にしたスポーツロボットアニメ(?)なんだがなあ、コレ…空手や剣道はともかく、野球やサッカーは敵を打倒するのに向いてないだろ。 やったらファールだw
しかし実際のアニメでも竹刀でホームランを打ったり、蹴りでホッケーのパックを打ち返したりしてたから何とかなる…のか?^^;
何となく不安が先立ちますが、今後の情報に注目していきたいと思いますw


【知る】 本当にあったRPGダンジョンの世界、巨大な結晶で覆われたクリスタル洞窟(メキシコ、ナイカ鉱山

龍とか巨大な獣が住んでても違和感が無さそう。
何時かこういう所に行ってみたいなあ…。


猫にありがちなこと(情報屋さん。様)(カナ速より転載)


うちの猫の場合、手を近付けるとぺろぺろ舐めてくる(餌だと思っている?)。
あまり調子に乗りすぎると噛まれるorz


天才少年曰く 「テレビゲームは人類にとってなんの助けにもならない」? ⇒ いやいやまてまて!!

個人的には小説や映画と同じ立ち位置にあると思っているから、一概に助けになっていないとは言えないと思う。 現に自分は趣味の一環として楽しませて貰っているしw
スポンサーサイト
2009.06.10 Wed l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top
本日は職場の幾人と一緒に食事。

そのうちの一人が6月一杯で別の部署に異動になるので、そのお別れ会も兼ねてってことでちょっと高そうな寿司屋に入ってみました。

んで、そこで渡されたお品書きを見て愕然。 一番安い烏賊のお寿司が580円(1カン)。

ごひゃくはちじゅうえん?^^; 寿司が高級品だという認識はあるけど、まさか此処まで高いとは…いや、これがごく普通のレートなんだろうか。 かっぱ寿司や西友の地下食材売場メインの自分には全く解らない世界だ。
つかサイゼリアだったら腹いっぱい食べられるじゃねーか、580円(汗)

気を取り直してお品書きの続きを見てみたら

あなご 630円
赤貝 700円
鯛   750円
うに 800円
いくら 880円
まぐろ(トロ) 900円  


…頭痛くなってきたけど、もうおしぼりとお茶は出ちゃってるし…(汗)


結局皆それぞれ一人前(5,000円)ずつ頼んで事無きを得たのですが。
値段相応に美味かったのか? と問われると首を傾げざるを得ないなあ。 いや、美味しかったことは美味しかったですけれど、期待していたほどではなかったと言うか。

かっぱ寿司で食べた120円のマグロと此処で食べた900円のマグロ、両者に780円もの価値の違いがあるかどうかが良く解らないと言うか。

素材や製造法に関しては間違いなく今日行った寿司屋の方が上だろうけど、かっぱ寿司で食べた時よりも「僕は寿司を食べた」という実感に欠ける様な。 「やたらと高いものを食べた」みたいな感じしかしないんだよな~。 確かに美味しいものを食べた筈なのに、何でこんな損した気分になっているんだろう?(汗)

僕が海原雄山氏並の味覚を持っていたら、780円の価値の違いも含めて味わえたのかも知れないけど、残念ながらそんな鋭敏な感覚は持ち合わせていないし。


安くて美味しいものはその旨さを実感し易いけど、高くて美味しいものは「この値段だからきっとコレくらい美味しいんだろう」という期待をするから、素直に旨いと思えないんだろうか。
値段の高さからしてしまう過剰な期待が料理の味わいを邪魔しているって感じか。 

…うーん、もしそうだとすると僕は値段が安いものでしか素直に旨いと感じられないと言うことになるのか? なんだそれ。 味覚まで小市民か!


いつも以上に解り辛い文章で恐縮ですが。
まあ、こういった寿司屋に行くのはまだ早いってことなんですかねえ……(苦笑)



>気になったサイト

マインスイーパでおまいらにマジで力を借りたいギャルゲーブログさん)

完全に運否天賦w
最後の一個でこういう状況に陥りやすいからこのゲームは困る(汗)


また新しい朝が来た。希望が見える素晴らしき朝日の写真

……明日もまた、頑張ろう……。
2009.06.09 Tue l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top
アトランダムにトラックバックされているのは解るけど、何だかなあ…僕、あんまり脚とかに興味ないっすよ?^^;



それはさておき。

先日の日曜はゴルフに行ってました。


なんだかんだでゴルフの真似事をするようになってから、本格的なゴルフ場に行くのも今回で4回目。
当然行った回数に比例してウデの方も上がっているはずなんですが――結果はくたくたになるまで頑張ったのにも関わらず、何時も通りのビリっけつ。 

練習場では10発に6発は真っ直ぐ飛ぶようになっていたのになあ…本番では二発くらいしか真っ直ぐに飛びませんでした。 練習と同じ様にクラブを振り上げてボールを引っぱたいているつもりなのに。 不思議だ。
打つたびにボールは縦横無尽に右に左に。 まさに「行き先はボールに聞いてくれ」ってな感じです。 …ボールの声を聞く為に、僕はどんな練習をすべきなんだろう?(汗)

後、今回行ったゴルフ場はだだっ広い上に妙にOB杭(この後ろに打ち込んだらOBだぞ、という目印)の幅も広く、「此処って普通はOBじゃね?」という所でも平気で打てる為、ボールを真っ直ぐ飛ばせない自分にとっては鬼門のコースでした。
普通に真っ直ぐ飛ばせば、ティグラウンドからグリーンまで往復200メートルくらいで済むのに、右に左に(無意識に)打ち分けてしまうものだから結局その3倍くらいの距離を走り回ることになる。 加えてゴルフ場と言う所は凹凸が激しいものだから疲労も更に倍増です。

ついでに木の枝に引っかかったボール水溜りに入ったボールなど、多少意地になってたものだから、そんな状況にあるボールも根性で打ちまくってました。 服の背中にクラブを入れて木を登ってその上で打つとか、冷静に考えたら素人がやることじゃねえな……^^;;


ボールを追いかけ回ったことによる疲労。
妙な場所からボールを打ち出すストレス(且つそこまでやってもスコアに結び付かないという現実)。
同伴競技者から感じるプレッシャー。


結論。

ゴルフは下手だと5倍疲れる


そりゃ家に帰った後ぐっすり寝ちゃいもしますよ(汗)



ゴルフをやってて改めて実感出来たことなんですが、こんな難しい競技で若くして賞金を稼いでる石川遼くんって本当にすげえなあ。
パーセーブ率約80%だってさ。 …パーなんか取ったことねえよ! トリプルボギーが精一杯だよ! バンカーにはまり込んだ時なんて、20打くらいぶっ叩いたよ!(泣) 


――本格的にレッスンプロに師事するべきか。
取り敢えず、今度参加する時にはこんなにくたくたにならないようにしたいっス(苦笑)
2009.06.08 Mon l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top
約一ヶ月ぶりに更新。

その間に色々あったのは勿論なのですが、ブログを更新するどころかネットを繋げる気力すらも失われていたのが致命的でした。 GWはともかく、その後がほぼ休日出勤というのはキツカッタorz

まぁ、休日に働くことになったのは自業自得(自分自身のミス)だったし、出勤とは言え平日の勤務時間とは雲泥の差なのですが。
友人と遊ぶ前とか、何かしらのイベント後に仕事を入れるのは、あまり(精神的にも体力的にも)良くないですね。
休むなら休む。 働くなら働く…生活にメリハリを付けるのって大事なんだなと今更ながらに学んでました(汗)


ついでにそのミスの出方が
ミスが発覚する

説教を喰らう

また別のミスが発覚する

という悪循環の繰り返しで、累計で半年分くらいのミスをした挙句に説教尽くしだったこととか。

やっと自由時間だと思った矢先にテンションが下がるような出来事があったこととか――最近では、好きなゲームのイベントを見に行ったりしていたのですが、その会場でばったり上司に出会ったりとか…まあ、それだけなら何でも無いんですが、問題なのはそのイベントの内容が同人誌即売会で、丁度僕の手にはちょいとお子さんには見せられないような内容の文献があったというところ。

そんな状況で、僕は一体どうすれば? 「…アハハハ、奇遇ですねい」と当たり障りの無い会話をするしかないじゃないですかorz

――僕の動揺を知ってかしらずか。 その後、上司は
「あ、こ、この先で僕の奥さんが本出してる(恐らくBL)からさ。 良かったら見に来てね」
などと言いつつそそくさと去って行きましたが……どの面下げて行けば良いんだよ。 しかも僕にそういう趣味はねえよ(汗)

普段から互いにこういうジャンルに関して話をしているのならともかく、全くの無警戒で、且つこの様な場所で知り合いと遭遇するのは気まずいことこの上無い。

職場でも何となくぎくしゃくしちゃってたじゃねーか! どんなタイミングだ!!(泣)


他にもネットが(くだらない理由で)使用不可能になってたり、テレビと掃除機とPC(一部分)がいかれたり、DSをまたちょっと壊しちゃったり、財布を落としたり……なんかもぉ、ぐったりっスorz


自分の不甲斐無さへの憤りと余裕が全く無いことによる焦り、そして仕事がスムーズに進まないことで生じる怒り、加えてプライベートでの無様さ。 様々なネガが折り重なってイライラ。 そのイライラの原因の大部分は自分にあると自覚して更にイライラ。 こういうのをネガスパイラルって言うのかな^^;


6月に入って、どうにかブログを再開するくらいにはイラつきは治まって来ましたが。
怒り易いこの性格もどうにかせんといかんなあ…割と本気で(苦笑)
2009.06.06 Sat l 日常 l コメント (4) トラックバック (2) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。