上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、父が退院しました。

まぁ、入院と言っても胆石を取るための検査入院だったのですが。
何でも体内にある石を超音波で破壊する治療をしたのだそうで…なんかハイテクでカッコいいな。
でもそれって骨とか他の臓器とかへの影響は大丈夫なの?

父「短時間で石のある部分を集中して照射するから影響はあまり気にしなくて良いんだってさ」

なるほど納得。


そんな訳で父の退院の準備などでちょっと慌ただしい日々を送っておりました。
入院って聞いた時は驚いたけど、あんまり大したことがなくて一安心。 胆石は胆石でめちゃくちゃ痛かったらしいですが(父曰く「下腹部に棘付きのスーパーボールを詰め込まれたような感じ」)、取り敢えず治ったんだから。 結果良ければ全て良しですよ親父殿。

閑話休題。

んで、彼の入退院の手伝いをする際にお医者さんと話をする機会があったので、最近自分の身体に起きている不調(?)について聞いてみたんですが。


「最近右足の甲がずきずきと痛むことがあるんですが、これって何か悪い病気の予兆なんでしょうか?」

お医者さん「うーん、怪我じゃないならそれは多分○○なんじゃないかな?」

「は? ○○って、年配の方とかが良くかかるっていうアレですか?」

お医者さん「いや、最近は若い人も結構かかりますよソレ」

「はぁ。 …で、これはどうすれば」

お医者さん「耐え切れないくらい酷く痛むなら治療の必要があるけど、そうでもないなら規則正しい生活を心がけることで自然に治ります。  運動不足と不摂生が大まかな原因なので」

「はぁ」

お医者さん「あんまり酷くなると本気でキツイから、今のうちに頑張って治しといた方がいいよー?」


……取り敢えず運動不足は早急に解消することにしよう。 いやマジでorz



>最近やり始めたゲーム

“ゲーム好き”を自称しているくせに最近あまりゲームをやっていないなぁ…ってことで、色々やってます。

20101019000.jpg

ひとつめ、旧約・女神転生
記号士さんが最近真女神転生IFをプレイされていたのに触発されて自分もやりたい、と思ったのが購入動機。
「じゃあIFを買うのが普通じゃないの?」と言われると非常に困るのですが(苦笑)

しかしコレ、箱付きとは言え2008年発売の女子高生逃げる!の33倍の値段なんだなぁ(このゲームは1995年発売)。
…なんか時の流れの残酷さを見たような気がするぞ。


20101019001.jpg

ふたつめ、コープスパーティ

買ってプレイしてすぐに後悔しました。 怖すぎてorz
どーなってんだこの小学校は! 出せ! 俺を此処から出してくれ!(泣)

まぁパッケージの裏面からして

20101019002.jpg

油断したら死ぬとか書かれている時点で僕にとっては苦戦確定なのですが。
我ながら油断が服着て歩いているようなものだからなぁ…クリアできるのか? ほんとにw


>気になったニュースとか

【政治】 「靖国参拝する会」衆参66人が参拝。民主16人、自民は42人…「参拝せずして国の主権も国家もない」(特定しました。 さん)

今の日本はこういう人たちの上に成り立っているのだから、やはり感謝と畏敬の念は忘れるべきではないと思う。
そういう点では、会を作って参拝する行為自体が“強制的に”“嫌々”参拝に行くという感じがしてあまり好感は持てないな…。

中韓の人が不快なのは解るけど、批判するばかりではなくて、こっちにも日本って土地に愛国心がある(中韓の人とは比べるべくもないけれど)ってことは少し理解して欲しいかな。
スポンサーサイト
2010.10.19 Tue l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top
更新サボってましたorz

仕事が忙しかったと言うわけでもなく――まぁ上手く行っているとも言い難いのですが――特に体調を崩しているわけでもなく。 ただ自分で文章を書くのにちょっとした違和感を感じていたと言うか。
スランプとかそんな上等なものでは決してないけれど、何となくブログを更新する気になれませんでした。
うーむ…精神的にちょっと疲れてんのかなー。


まぁ、精神的なリハビリというわけでもないのですが。
先日はこちらに訪れておりました。

「シャガール-ロシア・アヴァンギャルドとの出会い」展

20101012000.jpg

…うーむ…なんか、すげぇなあ。
“シャガール”と言えば獣と人間を合わせた絵が印象に残ってたけど、風景画とかも数多く残しているのね。
絵になっている対象の捉え方、色の塗り方に独特の力強さがある。 …絵自体に説得力があるというか、何と言うか。 「これが俺の描いた絵だ!」と激しい自己主張が伝わって来るような感じが。
道具を揃えた上で必死に練習すれば僕でも風景画は描けるだろうけど、この人が描いた絵のようには出来ないんだろうな。 単なる日常の一風景を描いたものなのに、きっちりと個性を表現しているのが凄い。

あと、モーツァルトの「魔笛」の舞台美術も勤めていたみたいで

20101012002.jpg    20101012003.jpg 20101012001.jpg

キャラやクリーチャーのデザインは現在のゲームや小説などで展開されるファンタジックな世界観に照らし合わせても違和感のないものばかり。
「魔笛」の演劇…今度DVD買って見てみようかな。


我ながら芸術的な感性はこれっぽっちも持ちあわせていないけれど、「絵」という媒体を通して、シャガールという人物が持っていた感覚・世界観を(ある程度とは言え)共有できるのはとても面白かったです。

機会があったらまたこんな個展に行ってみたいですねえ。



>気になったニュースとか

>ゲーム

10周年を迎える『逆転裁判』シリーズの公式サイトがリニューアル。(定点観測。さま)

>>Twitter / イシイジロウ: え?『逆転○○』ですよね。作りますよ巧さんと! ...

逆転裁判、逆転検事と来たから……次は逆転刑事だな! 糸鋸刑事主役の!


>その他

「アンパンマン」のジャムおじさんとバタコさんの関係をオフィシャルサイトが発表!家族?それとも恋人?(シネマトゥディ)

普通にアルバイトに来ている近所のお姉さんかと思ってた(汗)
考えてみるとあの世界には謎が多いな…ジャムおじさんのパン工場は見ていると近所の小学校くらいにしか作ったパンを卸していないみたいだけれど、あれで採算が取れているんだろうか? それとも実はえらい金持ちで、パンは道楽で作っているだけとか…うーんw



>報告(リンク追加)

リンクにあみみさんを追加させて頂きました。
報告遅ればせながら、リンクして頂き有難う御座いました!
2010.10.12 Tue l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。