上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
一人暮らしを始めてから迎える二度目の春。
まだまだ衣服を変えるタイミングというものが掴めておりません。

着る服を全て半袖に替えようかと思ったら寒いし、長袖に戻そうかと思ったら暑い。
ならばもう全部長袖で良いや(暑い時は腕まくりでカバー)と思う自分は単なる面倒くさがりなんでしょーか。
寒いより暑い方が幾分マシだと思うのは自分だけなのか…^^;


まぁ今はそんな冬の寒さが鳴りを潜めつつある微妙な気候の季節。
春の訪れを祝う気持ちが為せる業か、一年で最も酔っ払いが多くなる季節(?)でもありますな。
お酒が飲めるような飯屋さんに行くと、そういう人がこの季節大抵一人は居るもので…。
今日もご多分に漏れず、酔った感じの人達がたむろしておりました。


たまたま自分はその人たちの近くの席に案内されたので、酔っ払い軍団の話が良く聞こえてしまいます。
酔っ払いの定義としては
1、「自分は酔ってない」と言い張る。
2、饒舌になるが、誰に話しているのか良く解らない。
3、最早周囲が腫れ物を扱うような雰囲気。

だと自分は思っているのですが、おじさんはこの三つを余裕で満たしているレベルの酔っ払い。
具体的には
お前酔ってるだろ?と問われると
「俺は酔っていない。 お前に俺の何が解るんだ」とか。
そんなに顔を赤くして酒に弱いなお前とか言われると
俺は酒に負けた覚えはない。 これからも負ける予定は無い」とか。
熟睡しようとしている所を店員さんに起こされようとすると
「俺は寝ているんじゃない。 夢を見ているだけだ。 だから邪魔をしないでくれ」
と言いながら、友人と思しき人たちに引き摺られて行く感じ。

…何処の芸人だあの人?^^;
何か凄く良いものを見たような気がして、ちょっと嬉しかったり(笑)


正直自分は酒があまり飲めないので、あのレベルまで自分を持って行けるのは少々羨ましく思えました(底抜けに楽しそうだったし)。
まぁ店の中で(他の人に迷惑になるくらいの)大声で笑ったり騒いだりとかはしたくないですけど(苦笑)
スポンサーサイト
2007.03.29 Thu l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

酔いながらそこまでおもしろいこと言えるなら酔ってないといっても過言ではないようなそうでもないような・・・w

この人は素面でもおもしろいんですかね?酔っぱらうと面白い、であればまわりのみんながガンガンのませそうww
2007.04.03 Tue l 記号士. URL l 編集
>記号士さん
素面はどうなのか非常に気になるところですが、最後はダウン寸前だったのでやはりかなり酔っ払っていたのではないかと^^;

周りの皆さんは多少苦笑混じりに見てたので、おじさんのこの言動をある意味「故意」に引き出したんじゃないかなーと思いますw
2007.04.03 Tue l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/125-231b1336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。