上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
回復したと思っていた風邪のぶり返し。

今回は喉より鼻の方に多大なダメージを受けてます。
基本的に風邪をひく時には〝喉から〟だったので、今回の〝鼻から〟の風邪には全く免疫がないのが悩みどころ。
断続的な鼻詰まりはともかくとして、くしゃみが誘発されるのには閉口ですな。
噂をされている訳でもないのに、くしゃみが二、三発続けて出るのはキツイ…と言うより、身体全体が痛い^^;

喉からより鼻からの風邪の方がダメージが大きいんだなあ…。



話は変わりますが。
貴方の風邪は喉から? 鼻から?」というCMの風邪薬。
…カコナールだったかバンテリンだったか忘れてしまいましたが…アレって何故効果を分ける必要があるんですかね?

鼻からひく人には「黄色」、喉からひく方には「銀色」(うろおぼえ)と飲む薬によって効果を分けていたよーな気がするんですが、同じ風邪なんだから効果を統一すりゃいいんじゃないかと。

もし「喉」と「鼻」の風邪を「同時に」ひいた時はどうすればいいんだろ?

同時に飲め、ってことなのかなあ…それによる二倍の売上げを見込んでいるとか。

大人ってズルイ!(苦笑)
スポンサーサイト
2007.04.16 Mon l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

私は花粉症持ちなので鼻からの風邪の症状は耐えられます。
効果を分ける薬よりも半分が優しさで出来ている薬の方がいりませんw
2007.04.17 Tue l なる. URL l 編集
だいたい腹痛か頭痛からきまっさ!!
2007.04.17 Tue l MEL. URL l 編集
>なるさん
花粉症にも今年初めてかかったのですが、そちらも喉からだったからなあ…本当に「鼻から」には免疫がありません^^;
「優しさ」が持つ効果ってなんなんだろう? …気休め?w
売っていいのかァァ、それッ(苦笑)

>MELさん
頭痛(or腹痛)は自分の場合後から来ます。
鼻詰まりとそれらのコンボは正直キツイ…とっとと全快したいですなあ、全く^^;;
2007.04.18 Wed l じぇふ茶. URL l 編集
>もし「喉」と「鼻」の風邪を「同時に」ひいた時はどうすればいいんだろ?

医者にいけ

たぶんこれが正解ww

あと、くしゃみのときはおもいっきり「はっくしょん!!」ってやると連発の際には粘膜を痛めてしまう可能性があります。爽快感度外視で「はぐじゅ」くらいにとどめておきましょうw
2007.04.18 Wed l 記号士. URL l 編集
>記号士さん
何故かその発想はなかった……^^;;
病状が悪化してきたら病院に行くのは当然ですね(苦笑)
最近は獣医くらいしか医療関係には縁がなかったからなあ…。

>>くしゃみ
思い切りし続けるのは良くないのですね^^;
アドバイス有難うございます。 気をつけるように致します(笑)
2007.04.19 Thu l じぇふ茶. URL l 編集
だまし売り
少なくともバンテリンは風邪薬じゃないような…(笑)。

薬が分けられているのはあれじゃないですかね?
何でもこなせる人よりも、何かと専門家の意見を
重宝してしまう日本人の心理に訴えかけた販売戦略で…。

・・・つまり、中身は大差ないと(ぉぃ)。
2007.04.19 Thu l Ash. URL l 編集
>Ashさん
薬の名前はあまり覚えていないのです。
あと解る医薬品と言えばキンカンとかムヒとか。
…最早飲み薬ですらないですが^^;

中途半端なオールラウンダーよりもスペシャリスト。
しかし、そのスペシャリストの殆どが「同じ方向性」であり「独創性」に多少欠けていると言うのは…まぁそこも含めて全てが日本人らしいってことなんでしょうかね(苦笑)

2007.04.20 Fri l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/143-035f0b42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。