上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
何気なくニュースを見て回っていると、このような記事が。

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/tenki/news/20070418mog00m040005000c.html

学術的にはこれも「桜」らしいのですが、色は思い切り「緑」。
何だか物凄く違和感を覚えるな^^;
少なくとも、この花を目当てに花見に行くことはムズカシイような気がするw

第一この花の色を語る時はどうすれば良いんだろう?
桜色」と表現すれば良いのかな? でも色は何処をどう見ても緑だし。
ストレートに「緑色」と表現すれば良いのだろうか…でもそれじゃあ桜という名前を付ける意味がなあ…世の中に「桜」という名を持っているひと(苗字が桜井さんとか名前が桜さんとか)がどれ位居るのかは解らないけど、そのひとたちが持っている名前の意味もこの花のお陰で変わってしまうのではないだろーか……うむむむむむ(汗)

変に悩んでしまってますが、どうにも「桜色=うすいピンク色」という基本概念(常識)が頭の中を支配してしまっている訳で。
素直に「こういう桜もあるんだよ」と認めきれないのは、自分の頭が物凄く固いからなんだろうなあ…。


早急に思考に柔軟性を持たせる必要があることを感じております(苦笑)
スポンサーサイト
2007.04.18 Wed l 日常 l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

何でも花見
え?!
桜って下で酒呑んで宴会していれば
全ての樹(咲いてなくても)は桜という
扱いになるのではなかったでしたっけ?(爆)
2007.04.19 Thu l Ash. URL l 編集
>Ashさん
〝「花見」という大義名分の下では全ての植物は桜と化す〟
いや、そういう定義もある…と言うかその通りなんですがッ^^;;
それを認めてしまうのには何とも抵抗が(苦笑)
2007.04.20 Fri l じぇふ茶. URL l 編集
とりあえず、聞いてなければこれみて「桜だなあ・・」とは気付かない自信は鉄板でありますよ?ww
2007.04.24 Tue l 記号士. URL l 編集
>記号士さん
自分もその自信はあります…^^;
後、こうして〝緑色の桜がある〟という情報を知ってしまった今、緑色の葉を見せられて「これは桜だ」と言われたら無条件で信じてしまいそうな可能性すら(苦笑)
2007.04.24 Tue l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/145-ca228e1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。