上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
GW後半初日…のはずなのですが。
仕事と言う名目で上司に誘われ、連れて行かれた先は職場の中庭。
明らかに通常の業務とは違います。
第一、外じゃ僕の仕事は出来ないしなあ。
何やる気なんだろ?

首を傾げる僕に、渡された道具は鎌とシャベル(小型)。
そして、顔中に笑みを浮かべながら無言であさっての方向を指差す上司。
あの、流石に何をやるのかそれだけで察しろと言うのは酷かと…。
「ああ、草むしりをしてくれ♪」
まぁ、鎌とシャベルを渡された時点でやることは著しく限定される訳ですが。
せめて何やるのか説明してくれ上司よ(苦笑)
「いや、何も言わない方が趣きがあって良いだろ?」(実際の言葉)
良い…のか???

何で僕の周りは人をからかうのが好きな大人ばかりなんだろう…orz


何処か釈然としない気分を抱えながらも、茫々に生えた草を処理する為に鎌とシャベルを振り上げる。
ざくざくと、時にはぶちぶちと名も無き草たちをやっつけていく自分。

ちょっぴりリズムに乗り始めてきた頃、妙に硬い草に遭遇しました。
引っ張っても引っ張っても抜けない上に、シャベルで根元から掘り起こそうにも周囲の地面がアスファルトに覆われているため不可能。
なんでこんな所にこんな頑丈な草が生えるんだ…? 植物の考えることは良く解らん(汗)

仕方が無いので根元から処理をするのを諦め、鎌でずばっと切ってしまおうとしたのですが――。

ぱきん。

切ろうと力を込めた瞬間、鎌の先が取れてしまいました。
硬っ…と言うより、この鎌が弱いだけか…まぁ錆だらけだったしなあ。
ファンタジーとかの物語で、主人公が武器を失う瞬間ってこんな気持ちなんでしょうか…「お…俺の武器が効かねえ!?」みたいな感じか(苦笑)

兎に角、このままでは埒が明かないので、取り敢えず上司に報告することに。
上司、コイツには鎌が通用しません! 新しい武器を下さいッ
「よし気合だ! 頑張れ!」
気合じゃどうしようもない時があります! それが今ですッ!( ̄□ ̄;)

……結局、この草は二人がかりで引っこ抜きました(鎌が何故か一本しかなかった為)^^;


なんだかんだで草むしりを手伝うこと数刻。
作業が一段落した時、身体はもう汗だくでした。
はぁーーと溜息を吐きながら、処理した中庭に仰向けに寝転がってみる。

空って、高いなあ…。
まぁ、たまにはこういう休日もありかな…。
ぼんやりとそんなことを考えながら、5月の始まりは過ぎて行くのでした。


今月は何があるのやら(苦笑)
スポンサーサイト
2007.05.03 Thu l 日常 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

草むしりをこれだけ
前向きに体感できるのは
素晴らしいですわさ!!
2007.05.04 Fri l MEL. URL l 編集
なかなか詩的な上司ですねw
まあ仕事をするうえで趣がどのていど必要なのかは悩みどころだと思いますがww
2007.05.05 Sat l 記号士. URL l 編集
>MELさん
前向きと言うより「無理矢理前に出されている」ような感じですね(苦笑)
普段は草むしりなどやらないので、中々新鮮な体験ではありましたがw

>記号士さん
詩的と言うか…私的と言えば良いのか…^^;;
毎日こんな調子ですね、この上司はw
仕事に趣が役に立つかどうかは、最早彼にしか解らない世界です(苦笑)
2007.05.05 Sat l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/157-b08aa985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。