上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今週はテンションが激しく上下し、一日ごとに上手く文章にまとめられませんでした^^;


…その日に書くネタは、携帯電話の方にメモとして残してはいるのですが…これがまた、支離滅裂なことこの上無し。
記憶も段々薄れていくし、やっぱり日記と言うものを明確にするには、毎日書かないといけないですなァ…。


6月6日分の日記

仕事が終わり、さて帰ろうと席を立つと
先輩「新人も入って来たことだし、彼らの親睦会も兼ねて一緒にご飯でも食べに行かないか?」
と誘われました。
誘って戴いた上にお腹も空いているので二つ返事でOK。
先輩方及び後輩数名と僕は、夕食を食べに夜の街へと繰り出すのでした。


――数時間後。

顔を真っ赤にした先輩方と騒ぐ後輩に囲まれて、お酒をちびちびと飲んでいる自分神奈川の片隅に居たり居なかったり。

「ご飯」を「食べ」に行くとは言っていたが、「飲み」に行くとは一言も言っていなかったような( ̄  ̄;)

社会人にとっては「食べる」と「飲む」は同義語なのか?

二年目に突入して暫く経つと言うのに、未だに社会人というものの底が見えん^^;;


しかしこの後輩、酒が強いな。
こっちがビール一杯に辟易している間にもう三杯目を飲んでいやがる
うーむ…こんな麦で出来た炭酸飲料をよくもまあ水と同じように飲めるもんだ…こちとらグラス一杯を半分飲むだけで精一杯なのになあ…ふう。
後輩「あ、すいません。 お注ぎしますね」

せ、折角半分クリアしたのにッッ?!Σ( ̄Д ̄;)

人の好意が重荷になる時というのはこういう時なのか…。
注がれたものを突き返すわけにもいかないので、眼を強く瞑りながら、ぐいぐいと喉に流し込む。
…ぐはぁ、キツイ(汗)
先輩「お、いい飲みっぷりだねぇ。 もう一杯どうぞ」
もうヤケだチクショウw


――結果。
顔を真っ赤にして、少しばかり歩調がふらつく男の出来上がり。
流石にこれ以上は不味い(明日も仕事があるし)ので、悪いとは思いながらも歓迎会は途中で欠席させて戴きました(それでも11時は過ぎておりましたが)。

どれ位酔っていたかと言うと、その帰りの途中

掴もうぜッ♪
ド○ゴンボールッ♪
世界でいっとう 愉快な秘密~♪


聞き覚えのある軽快な詩を口ずさみながら、街中へと消えて行った酔っ払い二人に遭遇した後

神奈川に(少なくとも一つは)あの玉が落っこちているということか…?( ̄△ ̄)

などと考えていたので、相当酔っていんだと思います^^;
後六つは何処にあるんだ?(笑)


寮に帰り、泥のように眠る。
睡眠から覚め、酩酊状態の自分を空の月が優しく?見詰めておりました。
20070610130822.jpg

嗚呼、月ってあんなに綺麗だったかなァ…。
スポンサーサイト
2007.06.10 Sun l 日常 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

お疲れさまでした・・・w
自分はまったくといっていいほど酒が飲めませんので、「飲む」席とわかってるときはまず誘われません。
・・・友達いないだけかもしれませんがw
2007.06.11 Mon l 記号士. URL l 編集
>記号士さん
こういう席は、所謂飲まざるを得ない状況なので…酒に弱い体質の僕にはちょっとキツイっス^^;
まぁ、自分が強くなれば済む話なのですが…まだまだ道は長いなあ(苦笑)
2007.06.12 Tue l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/197-3fd01abd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。