上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
どんよりとした雲が太陽を覆い、雨が激しく降り注ぐ日。
思わず気分が陰鬱としてしまいそうですが

ぴしゃーーん

と、空に光が走った瞬間、そういう暗い気分が少しだけ払拭されるような気がします。
雷が鳴ると、何故か気分が高揚するんだよなぁ…。

梅雨は太陽が雨雲に遮られ、心も身体もじめじめしてしまう、自分が一年の中で一番苦手な期間です(夏は好きなのですが)。
そんな時に、どんよりとした雲を切り裂くように輝く光。
沈んだ気分を(例え一瞬でも)一刀両断してくれるような気がして、何やらスカッとします。
まぁ、曲がりなりにも精密機器を扱う身としては、細心の注意を払わねばならない自然現象の一つではありますが…それはそれ、ということでw
――なぁ、ちび。 お前もそうは思わないか?

……。

? なんか震えてるけどどうし…

ぴしゃーーーん

!!

〝びく〟っと身を震わせ音に弾かれたかの如く駆け出す。

眼にも留まらぬ動き。
あれこそはまさに電光石火と呼ぶに相応しい体履きでありました。

部屋の中心から瞬時にドアの外へ飛び退き、凄まじい勢いで二階へと駆け上がって行く。
どうやら雷に相当驚いた模様ですが…そこまで?^^;
君が普段眠らせている潜在能力は、こういう時に発揮されるのね(汗)


この日の雷はかなり激しく、結構な頻度で鳴り響いておりました。
空に稲光が走る度、奇声を挙げながら恐慌状態に陥る猫。

びしゃーーん

ぎにーーーーぃ

ばしゃーーーん

ふぎょーーーぉ

ごろごろごろごろ…

にゅわぁぁぁぁーーーーん


えーい、うるさいっ!^^;;

君のへそを取りに来るほど雷神様は暇ではないぞッ
…あれ? そう言えば猫にへそってあったかな…今度調べてみるか…w

これだけ騒がれてはドラマも落ち着いて見れないと母が宥めに行きますが、それも効果の程は余り望めず。
結局は雨が止むまで彼は暴れ続けておりました。
何か雷に嫌な思い出でもあるのかなあ…。

すっかり雨も止み、静かになったので彼が駆け込んだ二階の部屋を覗いてみましたが――何処にいった?
いつもの寝床にも彼の姿はなく、外に出た形跡もない。
押し入れ…は開いているな。
此処かと思って戸棚を完全に開いてみても、彼の姿は影も形もありません。
途方に暮れ、何気なく上を向いてみると……あれ? 天井の蓋が微妙にズレているような……??
DSCN1070.jpg

(屋根裏のヘリに捕まって撮影した為ぶれ気味)
居ました。
屋根裏にまで逃げ込みやがったか…捜す方の身にもなって下さいよ、全くもう^^;
…いいですか? 逃げ回るだけじゃ何も変わらないっスよ。
自分の恐怖を克服しなきゃ。
恐怖から逃げないことが戦うということなのですよ?
そうしないと君は何時まで経っても野性味を取り戻せ
DSCN1071.jpg

無視すんなこらーーーッ!!( ̄Д ̄;)


…屋根裏から引き摺り出すのには骨が折れました……(苦笑)


>追記

はてさて、彼が雷からの果て無き逃走を繰り広げている間、もう一匹はと言うと
DSCN1073.jpg

惰眠を貪っておりました。

…度胸が据わっていると取ろうか、はたまた何も考えていないだけなのか…うーむ( ̄ー ̄;)
スポンサーサイト
2007.06.11 Mon l l コメント (12) トラックバック (0) l top

コメント

>惰眠を貪っておりました。

大物感が イイ !! ですね★
2007.06.11 Mon l MEL. URL l 編集
お、大物…!?
やはり猫たるもの、そうでなくては…w
2007.06.11 Mon l あかねこ. URL l 編集
おへそはあるさねヽ(=´▽`=)ノ
家にいた猫さんは雷が鳴ると
窓辺でうなってましたね~。
光った瞬間に窓に体当たりして・・
喧嘩を売っていたようです。(^^ゞ
騒がしさでは同じですよ。ヽ(=´▽`=)ノ
2007.06.12 Tue l shisuta. URL l 編集
>MELさん
こやつはある意味大物でございます(苦笑)

あまりにも平気な顔で寝ているので、ちょっとムッと来てしまいましたw
なので、この後お腹を弄ってやりましたよ? ぐりぐりと(ぉ)


>あかねこさん
片や大暴れ、片や就寝中。
…この二匹を見ていると、時々「本当に同族なのかなあ…」という疑問が頭を過ぎります(苦笑)
まぁ何にせよ、落ち着きがあることは良いことですね。 多分^^;


>shisutaさん
毛に隠れて見えないだけなのですなw
――今度確認してみますね(ぉ)

やはり雷を恐れる(びっくりする)猫さんは多いみたいですねぇ。
まぁ「ねこだまし」とかでも解るとおり、大きな音に弱いみたいですから、怖がって暴れてしまうのも当然なのでしょうか(苦笑)
2007.06.12 Tue l じぇふ茶. URL l 編集
ヘソはいらないからZIPでください
そういえばつい最近明るいのに雷の音が聞こえた事があったなぁ
2007.06.12 Tue l 黒百合. URL l 編集
うちのネコも全くどうじませんなぁ。
ま、うちの場合は単に図太いだけなんだけどねぇ。
2007.06.12 Tue l 朝比奈. URL l 編集
じぇふ茶さんとネコの文学的な世界観・・・
心が通じ合ってるな~っていつも思います。
確かに、恐怖と向き合ってこそ成長すると思います!!!!
だけどね、無理な事もありますよ・・・
私はカミナリは平気ですが、虫全般がダメです。
あぁ、惰眠・・・・いいなぁ~。いい響きよのうー
2007.06.12 Tue l ぶんママ. URL l 編集
>黒百合さん
ただいま整理中~(何)
PC内の整理は中々に大変でございます^^;

最近はそういう変な天気が多いですよね。
太陽が出ているのに雨が降ってきたり、朝と夜の気温差が厳しかったり…何かの前触れか?(苦笑)


>朝比奈さん
うちも、このお嬢の方は図太いと思います。
反面、もう一匹の方はかなり臆病……性格的には、二人が合わされば丁度良くなるような気がしますw
…あ、でも体重が今の二倍になるな…(苦笑)


>ぶんママさん
いえ、心が通じ合うどころか一方的に通行止めにされているような…^^;;
もう少しコミュニケーションをとる必要があるなぁと思っておりますw

確かに本当に苦手なものにはそんなに無理をすることは無いのかも知れませんが…彼らに関しては、もうちょっと恐怖に立ち向かわせた方が良いかな、と(笑)
少しは野性味を取り戻せい!w
2007.06.13 Wed l じぇふ茶. URL l 編集
うちの猫もそんなかんじでした。一匹は脅えて布団の中にはいってきてて、もう一匹は気にせずぐっすりと・・・w
2007.06.13 Wed l 記号士. URL l 編集
>記号士さん
やはり雷を怖がるかどうかは人ならぬ「猫それぞれ」なんでしょうなあ…w
怖がって布団の中に入ってくるのも猫。
我関せず、とつんとしているのも猫。
猫好きは、そういった猫の色々な反応にやられてしまうのでしょうな、きっと(苦笑)
2007.06.13 Wed l じぇふ茶. URL l 編集
災害の予感
いやいや、猫様だからこそ感じる
何らかの危機感に叫んでいたのかもしれません(笑)。

そう...例えばその時の雷が原因で
100 年以内に家が崩壊するとか(爆)。
2007.06.14 Thu l Ash. URL l 編集
>Ashさん
確かに、身の危険に関してはかなり鋭いところがあるので、その可能性もあるかも……敵が近付いている(来た)時には、ビックリするほどすばやく逃げますし。
でも「自分の危険」しか察知してくれないからなあ、この子らは(苦笑)

>>家が崩壊
100年後なら安心!(何)w
2007.06.17 Sun l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/201-d019af44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。