上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
去る7月7日、EXTRA ~HYPER GAME MUSIC EVENT 2007というイベントに行って来ました。
――気力と体力を激しく消耗(苦笑)

こういったゲームミュージックライブなるものに参加するのは初めてだった上に、正直解らない(やったことがない)ゲームの曲目も多かったのですが…なかなか熱くなれたなと。
ライブハウスという自分としては未体験の場所で、音源をダイレクトで聞くことが出来たのも良かったと思います。

演奏者の方々から発せられた音が、音楽として聞き手にぶつけられてくる。
うたい手の方から発せられる詩がそれに拍車をかける。

音が身体を突き抜けて行く――心を揺さぶるってあんな感じなんですな。
音楽は生で聴くのが良い、と言われる理由が良く解りました。

――ゲーム内で印象に残ったBGM(詩)を聞くこと。
それは
〝あのゲームは面白かったなあ〟と。
〝そういうゲームもあったなあ〟と。
懐かしさを感じ、ノスタルジックな気分に浸ること。
または
〝こうやってクリアしたな〟と。
〝あの面は難しかったな〟と。
当時感じていた熱い気持ちを蘇らせ、高揚した気分になること。

ゲームの購買理由としてはシステム、ゲーム性、世界観…色々ありますが「音楽が良いからこれを買おう」と〝音楽の良さだけで購買を決定する〟というユーザーの方は少ないと思います(音ゲーなどの特定のジャンルを除く)。
しかしながら、夢中になったそのゲームを印象付ける要素として「音楽」は絶対に欠かせないものとなっています。
音楽はゲームを面白くするための要素であり、ゲームを盛り上げる要素であり…忘れられないゲームを生み出すためのもの
そのような思い入れのあるゲームの音楽を聞くということは、訳も無く楽しく(嬉しく)なってしまうものなんだなぁ…。

ドクターマリオ、レッキングクルー(田中宏和さん)、ラリーX、パックマニア、ドラゴンスピリット(細江慎治さん)。
世界樹の迷宮(古代祐三さん)、カルドセプトサーガ(伊藤賢治さん)
などのBGM(REMIXver)は個人的に思い入れがあるものばかりだったので、流れて来た時には無意識のうちにリズムを刻んでおりましたw

しかし、この作曲家さんらが関わっていた(と思われる)個人的に好きなゲーム、MOTHER、ワルキューレの冒険、アクトレイザー、ロマンシングサガ(特にバトルメドレー)等の曲が流れなかったのは残念でしたが…。
権利関係とか煩そうだし、無理だったのかな(汗)


まぁ(ある特定の)ゲームに思い入れを持つ方であればかなり面白いのではないかと。
こういうイベントの開催、もっと増えてくれないかなあ…勿論演奏品目は自分の好きなゲームミュージック限定ですが(苦笑)


>追記

進め 進め ものども

邪魔な 敵を 蹴散らせ

目指せ 敵の 城へ

オゴレス 倒すのだ~!


今回のイベントの冒頭、桃井はるこさんが歌ったファミコンゲーム「ボコスカウォーズ」の歌詞。
……説明書に歌詞のみが載っていただけの詩をいきなり歌えと言われても……忘れてるよそんなもん(苦笑)
ボンバーキング」なら歌えたのになあ……残念w
スポンサーサイト
2007.07.08 Sun l 日常 l コメント (9) トラックバック (0) l top

コメント

PSG音源全盛時代のナムコの音楽は
全てが神曲でございます…
2007.07.09 Mon l MEL. URL l 編集
>MELさん
ナムコメドレーは今回のイベントではラストの方に流れましたが、そのどれもが熱くなるものばかりでしたw
ドラゴンバスターが懐かしすぎた……^^;
2007.07.09 Mon l じぇふ茶. URL l 編集
ボコスカ
いやいや、ボコスカは歌えるでしょ!(笑)

あの、戦闘の勝利判定に“乱数”を用いて
いるとしか思えないゲームでは、クリアもまた運任せ...。
そこに至るまでの長き道のり。
頭の中では自然と繰り返される BGM に合わせて
歌詞の連呼が~~~(爆)。

・・・うん、なんかボコスカやりたくなった(ぉぃ)。
2007.07.09 Mon l Ash. URL l 編集
全国ツアーに発展しますように。
素晴らしいライブだったんですねー!

ボンバーキングを、キングボンビーと思い込み、
歌があったのか!!!!!と、心がときめいてしまいました。
私が一番好きなゲーム音楽は「伝説のオウガバトル」です。
2007.07.09 Mon l ぶんママ. URL l 編集
ゲーム音楽いいですよねぇ。
僕はどちらかといえばサントラとかで、なおかつゲーム内そのままの方がすきだったり。
自分の中の名曲はFC版motherのオープニングとエンディング。少ない音であそこまで表現できることに驚きをおぼえましたですねぇ。
2007.07.09 Mon l 朝比奈. URL l 編集
ファミコン時代の曲は神曲が多かったですからねぇ…。
今でも普通に聞けるのが多いんですよね…。
ライブ、羨ましいです!
でもボンバーキングはこせません!w
2007.07.09 Mon l あかねこ. URL l 編集
ライブ行ってみたいけどそこまで好きな歌手がいない罠…OTL
2007.07.09 Mon l なる. URL l 編集
なるほど・・たしかにおもしろそうだ・・
この勢いで今度は「ファミコンバンド」にも行って見るのは如何でしょうか?

・・ていうか俺が行きてえ!!ww
2007.07.10 Tue l 記号士. URL l 編集
>Ashさん
プレイヤーの実力云々はこの際無視され、純粋に〝運〟を試されるあのゲームシステムは正に秀逸(?)。
何万分かの一の確率を乗り越え、クリアに至った時の達成感と言ったら堪りませんな…「下手したらクリア自体出来ない可能性がある」という事実こそが、あのゲーム最大の魅力なのかも知れません(笑)
BGMこそ頭に浮かんでいたものの、不勉強から不覚にもあの場では歌えませんでした(汗)
それだけが心残りだったなァ…w


>ぶんママさん
ライブ初体験ということもあり、かなりスパークしてきてしまいました^^;
人が沢山居て盛り上がっていると、どうしてもはしゃいでしまうんですよね…子供か僕は(苦笑)

>>キングボンビーの詩
逆に聞いてみたい(ぉ)
きっと、聞いた後は物凄く気分が重くなるんでしょうなあ……いや、彼のことは考えただけでも気が重いッ(汗)

>>オウガバトル
オウガバトルは良いですなぁ~。
「タクティクスオウガ」など、オウガシリーズは自分の好きなゲームの一つですw
でも、何故かカオスフレームはいつも悪い方悪い方へと行っていたなあ……^^;


>朝比奈さん
確かに、下手にアレンジを加えるよりもゲーム内そのままの音源が良いこともありますなぁ。
本来は静かな感じの曲をロックやテクノ風にアレンジされても訳が解らなくなりますしね(苦笑)

>>mother
聞いただけでまたゲームをやりたくなるような曲だと思います。
シリーズ通して名曲が多いですなぁ、あれはw
ちなみに僕は2の北国の音楽が好きです…曲名は〝ウィンタース〟だったかな?


>あかねこさん
耳に残っている音楽はもうFC時代のものが圧倒的に多いです(今のゲームでも勿論印象に残っているものはありますが)
出来ることなら、昔のゲームの音源を出来る限り再現してくれるライブに参加してみたいですねぇw

>>ボンバーキング
自分の爆風を一発喰らっただけでゲームオーバーになるようなヤツですからねぇ……何処がキングなんだよもう(苦笑)


>なるさん
好きなアーティストが居なくとも、自分の好きな音楽があれば僕はそこに行ってしまうと思いますw
――結局は、アーティスト云々じゃないのかなあ…ただ、自分が聞いて〝良い〟と思ったらとことん好きになってしまうというだけで(笑)


>記号士さん
>>ファミコンバンド
何だか近いうちに行ってしまいそうなんですよね~^^;
ファミコンバンドのイベントでマリオメドレーなんぞやってくれたら、今以上のテンションに陥ってしまいそうです(苦笑)
…行きたいな。 激しく行ってみたいな…w
2007.07.12 Thu l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/219-043d50d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。