上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
庭の木に止まっていた蝉が、力無く地面に堕ちるのを観た。

――夏も、もう終わりか。

先週までとはうって変わって、肌寒くなった気候を感じつつ、ぼんやりとそんなことを思う。


地上に出て来たその瞬間から、彼らには一週間の時間が与えられる。
あれだけ大きな声を出し続けるからすぐに倒れてしまうんじゃないか?とも思うが、反面あんな風に全力でい続けられるというのに、少しばかりの羨望も覚えてしまう。

堕ちた蝉に、蟻が群がり始めた。
ばらばらにされかけた蝉の骸を、何処からか飛来した鳥が何処かへと攫って行く。
蝉の終わりが、彼らの続きに繋がっているように感じた。


蝉のように常に全力で生きること。
蟻のように一生懸命生きること。
鳥のように逞しく生きること。

生きるために、生きること。

多くの場合、僕等は生きるため“のみ”には生きられない。
あらゆるしがらみに縛られながら生きている。
…そういった制約が嫌なわけではないけれども、しがらみに縛られざるを得ない自分が、ちょっと寂しい…かも、知れない。


こんな風に季節の終わりを感じると、妙に寂寥とした気分になる。

…まぁ、また夏は来るだろうし。
次は僕の好きな季節の秋だし…寂しがる暇なんて、ないのかもなぁ。




そんな訳で。
またまたサボリ気味になってました(苦笑)

先輩が一人夏休みを取ったというだけでここまで厳しくなるとは思わなかったです…^^;


普段は常にそこに居るから中々気が付かないけど

これが失ってから初めて気付くということなのかと。

仕事で気付くのもどうかと思うんですが、日常の中でも失くなってから気が付くものって意外と多いものなんですねぇ(苦笑)
スポンサーサイト
2007.09.01 Sat l 日常 l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

先日、実家へ行った時、重なった二匹のセミが歩道に落ちていました。
一匹のセミが落ちているのは何故か異様に怖かったのが、
二匹のセミが重なって落ちていたのを観たらとても寂しくなりました。
夫婦だったのかな・・・と。

先輩、早く帰ってこいよ~の気分でしょうか。
2007.09.02 Sun l ぶんママ. URL l 編集
蝉が落ちると秋・・・・・なんとも日本ですね。
ブラジルに蝉はいなかったけど、蝉のようにうるさい人はいたなぁw

>失ってから気づくものが多い
まあ時間も食べ物も人も無くなるものですからね・・・・・。
探せば山ほど出てきそうですな。

・・・・・ま、9月もポジティブに行きましょう。(ラテン的w
2007.09.03 Mon l Vent. URL l 編集
先輩…!
こうなったら早く帰ってきてもらうしかw
2007.09.03 Mon l あかねこ. URL l 編集
蝉の亡骸見ていると、なんか切なくなります

あまりにも短い一生ですもんね…

それに比べればXCCなんか耳が若干不自由に
なっても生きていられるんですから、まだ幸せだなぁ♪
2007.09.03 Mon l XCC. URL l 編集
確かに普段はわからないけど
大切な事ってありますね…

自分の場合何かというと
意外に浮かばないんですが
何かあるはず…
2007.09.03 Mon l MEL. URL l 編集
じぇふ茶さんだっていなくなったら同じように困る人がたくさんいるのかもしれませんし・・・そういうところで人とのつながりを実感している今日この頃です。。。。
2007.09.04 Tue l 記号士. URL l 編集
人だからこそ
でも、気が付いた瞬間から改善への道が生まれるのです(笑)。
蝉のように短命ではない。
蟻のように群れでしか生きられないわけじゃない。
鳥のように道具もつかえず身一つで生きなければならないわけじゃない。
思考し、工夫する生き物の本領発揮はそこからですよ。
ふぁいと!(笑)
2007.09.05 Wed l Ash. URL l 編集
>ぶんママさん
二匹寄り添うようにして亡くなっていた蝉。
二人(?)仲良く亡くなったのは彼等にとって幸せだったのだろうか……。
もしも夫婦なのだとしたら? そう思うと、寂しさが増すような気がしますね。

先輩はその週の終わりに帰って来ました。
ご子息に振り回されていたご様子で、かなり憔悴しておりました(苦笑)


>Ventさん
蝉のようにうるさい人ってw
どんな感じかなあ…、声が常に大きいとかなんでしょうか?

そして、得てして大切なものが多かったりするんですよね。
逆に言えば〝なくなってしまうからこそ大切〟なのだとも言えるかも知れませんが…寂しいことに変わりはナイ(苦笑)

9月も頑張んなきゃー(汗)


>あかねこさん
この週の終わりに帰って来てくれました-。
…もう、本当に助かるったらありゃしませんw
もしこの状態が後2週間くらい続いていたら、僕は何処かへ逃げ出していたかも…(ぇ)


>XCCさん
毎年必ず見かけるので、ちょっと失念しがちですが。
彼らは少ししか生きられないんですよね…人間から見ると、想像できないくらい短い生涯しか…。
彼等自身がどう思っているかどうかは解りませんが、やっぱり寂しいものがありますね…。

遅ればせながら、退院おめでとうございます。
耳の調子は大丈夫でしょうか…?


>MELさん
大切なことほど見失いやすいのかも知れません…。
そこら辺、世の中って本当にままならないものだなあ(苦笑)

自分も「本当に」大切なものはと問われると、容易に答えることは出来ないですね。
お金とかは勿論大切だけど、それもまた違うような気がするし…難しいですなぁ。


>記号士さん
それはどうでしょう?(苦笑)
…自分では、良く解らない部分ですけど…そうだったら嬉しいなぁ。

そういった繋がりは大切にして行きたいですよね…本当に。


>Ashさん
蝉でもない、蟻でもない、鳥でもない…人間だからこそ出来ることも沢山ある。
自分に無いものを羨ましがるより、今自分が持っているものを如何に活用するかが大切ですね…。

大変励みになるコメントを有難うございましたw
2007.09.12 Wed l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/252-8adca36c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。