上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ある日、実家に戻ると炬燵が設置されていた。
DSCN1514.jpg

人類の叡智の結晶こと炬燵。
ストーブと並び、冬の寒気に対抗しうる為の設備ではありますが、我が家では長らく封印されて来ました。
最後にコイツを見たのは高校生の頃だったか…一体何処にしまわれていたんだろうか。

しかし気になるのは封印された理由。
何故封印したのか? 寒さに耐えつつ聞いてみた所によると
「ほって置くとあんたたち(父含む)が中で寝ちゃうからでしょ」
とのこと。
…ぐうの音も出ないとはこのことですが、それじゃあ何故今年になって出すことに?
「だって私が寒いから」
…二の句が継げないとはこのことです。

――つくづく、我が家では母が法律なのだなァ。
下手に逆らうと炬燵をしまわれてしまいそうだ…。


それはさて置き、折角の炬燵。
久しぶりの再会(?)を楽しもうではありませんか。

徐にスイッチを入れ、ゆっくりと両の足を布団の中へ。
ああ、この足から伝わるほんわかとした暖かさとぐにぐにとした感触がたまらな――って、ぐに?

DSCN1529.jpg
そこで何をやっている。

暗闇が支配する炬燵の中に居たのは、我が家の飼い猫。
どうやら我々よりも一足先に炬燵を満喫していた模様。
「此処は私のナワバリだ」と言わんばかりの視線をぶつけてきております。
〝猫は炬燵で丸くなる〟ものでしょ。 そんなに睨むなよ…。

仕方が無い。 お前にも炬燵を味わう権利はあるのだからな――と寛容な態度を見せつつ、再び炬燵の中へ足を
DSCN1531.jpg
入れられない…。

正確には、君がそこに居ると足を完全に伸ばせない。
暖かい空間でぐーーーっと足を伸ばすのが炬燵の醍醐味なのに、これじゃあ炬燵を完全に楽しめないじゃないか。

むー…ちょっとそこをどいてくれないかい?

ぐい ぐい(←足で押す)

みぎゃ!

…いたたたたたたた、噛むな引っ掻くな足に纏わり付くなッ!!(汗)



――炬燵争奪戦、もう少しばかり続きそうな気配でございます(苦笑
スポンサーサイト
2007.11.05 Mon l 日常 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

コタツ、大好きです。
生まれてからずっと、コタツの無かった冬は一日たりともありません。
狭いマンションライフを過ごす方達は、コタツを使わず、ホットカーペットで間に合わせるようですが、邪道だ!!!
今日も一時間ほどコタツで意識がなくなりました。
2007.11.06 Tue l ぶんママ. URL l 編集
もうコタツの季節なんですね~。
毎年ほっとカーペットでごまかしていましたが、今年はかわいいなんこたんのために思い切って出してみようかしら…
ただ、魔物ですからね…こたつは…
悩ましいところです。
2007.11.06 Tue l puriri. URL l 編集
おこたないと冬死んじゃう
今年は雪どれくらい積もるだろうか…
ところでZIPマーダー?
2007.11.06 Tue l 黒百合. URL l 編集
楽しそうだね(笑)

>炬燵
難しい漢字を使わないように!画像がなければ何かわからないではないか(笑)
2007.11.06 Tue l Ruis・F. URL l 編集
>ぶんママさん
こたつ…それは誘惑に満ちた空間。
一度中に入った者は、その温もりを生涯忘れることはないでしょう…多分(ぉ)
来る冬の寒気に耐えるための必需品ですねぇw

>>ホットカーペットは邪道
す、スミマセン…うちはこたつ&ホットカーペットと言う会わせ技を使用中でして…(こたつOFF時はカーペットを使用)^^;


>puririさん
出すという決心をするまでが大変(?)ですが、出してしまえば後は風邪に気を付けるだけで大丈夫w

ただ、真に寒い日はそこから出る気力すらも奪われかねないですが……正に魔物(苦笑)


>黒百合さん
昔、冬に秋田の親戚のうちを訪れた時は、結構な頻度でこたつを占領しておりました。
…東京の片隅で生まれた自分は、とても寒さに弱いのです…(ぇ)^^;

>zip
最近写真整理をさぼってしまってました(汗)
頑張ってまとめなきゃ…。


>ルイスくん
寒い時は正直死活問題ですが(苦笑)

>こたつ
いや、これくらい読めるだろ?w
僕らの高校時代の時の教科書にも載ってた様な気がするぞ(ぉ)
2007.11.07 Wed l じぇふ茶. URL l 編集
まるで我が家を見るかのような・・・w
ちなみにうちは人間があきらめてこたつの外にでますww
2007.11.08 Thu l 記号士. URL l 編集
>記号士さん
何度も諦めかけておりますが、やはり炬燵の魔力には抗えず…^^;
結局猫の邪魔にならないように足を差し込む、というカタチに落ち着いております。

でもそれだと一人か二人しか入れないので、今度は家族間での争いに…(苦笑)
2007.11.09 Fri l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/273-f73990e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。