上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
壊れたPCの代わりとして、密かに新たなマシンの購買を考えている昨今。

こういうPCがちょっと欲しいなあと。

とは言え、記事を見る限りでは個人の趣味で作っているものらしいので
手に入れるのは無理っぽいですけど^^;


――しかし、このPCっぽくない感じ…良いなぁ。

一目見ただけで「あ、PCだ」と理解できるようなデザインが〝普通〟である現在、こういった外部のデザインに特化したPCが市場に流通し出したら売れるんじゃないだろうか?
まぁ、ノートPCが持つ携帯性は限りなく低くなっていそうだけど。
見る限りでは物凄く重そうな感じもするし……^^;


後、もし自分がこんなのを持つとなると、耐久性も気になってしまう所。
5年進退を共にしたデスクトップPCも落っことして壊しちゃったしなあ…。
今日もSDカードをちょっと壊しちゃったしなあ……。
DSCN1547.jpg
間違えて表裏逆に挿しただけなのに、欠けてしまうとはorz


やはり粗暴である僕にはレノボ辺りのPCが合っているのだろうか?

〝落とす〟こと前提でPCを選ぶと言うのも何かが間違っているような気がしますが(苦笑)



買うとするなら、次は何処の製品を買うべきなんだろう……。
スポンサーサイト
2007.11.08 Thu l 日常 l コメント (6) トラックバック (1) l top

コメント

オルゴール風のはスゴイですね…

自分ももうちょっとしたら
買い替えですが…
予算が…w
2007.11.09 Fri l MEL. URL l 編集
ほんとこのPC惹かれますね。
起動音をオルゴールにしたいくらい……
2007.11.09 Fri l コンフェクト. URL l 編集
オルゴール風PC、アンティークな外観でありながら、中身がメチャクチャカスタムされている感じが凄すぎる。

PC、我が家はDELLです。
以前の機種はSOTEC使ってました。
2007.11.10 Sat l ぶんママ. URL l 編集
まえに「総螺鈿作り」のMacを自作している人もいました・・・それなりに熱意があればなんとか自作できるものらしいですよ?w
2007.11.10 Sat l 記号士. URL l 編集
この辺どうでしょ
とりあえずここを見習って...(笑)。
http://ironwork.jp/monkey_farm/computer/pc1.html

でも、丈夫さを求めるならこの辺はどうでしょう...
http://panasonic.biz/pc/prod/note/29f/propose/index.html

落下、振動、雨、粉塵、なんでもござれのようですよ~。
ちょっと高かったような気がするけど(汗)。
2007.11.11 Sun l Ash. URL l 編集
>MELさん
一目見て「欲しい」と思ってしまいましたw

>>買い替え
簡単には決断出来ないですよね…。
ある程度の長い期間使う(であろう)ものだし、本当に慎重に選ぶようにせねば…。


>コンフェクトさん
「鍵を差し込む」のが起動スイッチになっている部分にも心惹かれます。
本文にも似たようなことを書きましたが、PCの性能云々よりも、こういった(性能とは関係ない)細かい所に力を入れたPCがもっと出てもおかしくはないような――まぁ、その所為で性能が平均以下になったら本末転倒ではありますが(苦笑)


>ぶんママさん
見るからに気合が入ってますねぇ。
作り手の方の情熱がひしひしと感じられますな…w

うちのマシンもDELLでした。
もう5年くらい前に買ったもので、とっくのとうに型落ちをしていたものでしたが(苦笑)


>記号士さん
うーむ、そうは言ってもかなりのセンスも必要なような気もします^^;
こういう方面の〝自作〟をやったら、ベースPCを何台も壊してしまいかねない(苦笑)


>Ashさん
>>ほしいから作った。 シリーズ 
まるで魔法のようだ…(ぉ)
あの通称「ポリタンク」を何処をどうしたらこんなカタチに出来るんだろうw
気合の入りっぷりに脱帽しました。

>>丈夫さ追求
最早ノートPCに行う実験内容じゃないよーなw
しかしこの異常なまでの耐久度の高さは魅力……か?(笑)
2007.11.14 Wed l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/276-c3b3eae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 大阪の小さな薬局を、業界初の売上高1兆円企業にまで育てあげたダイエー創業者の中内功氏。「価格破壊」を最大のミッションとして流通革命を志し、一度は成功したが、その後、ダイエーは大きく傾き、中内氏の晩年も決して恵まれてはいなかった。 中内氏は、激動の経営
2007.11.09 Fri l 本ナビ!by Tamecom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。