上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
映画を見た後、AOLで体験したガンダムvsガンダムが稼動していたのでやって来ました。

各作品の主役機、ガンダムを操り戦うこの格闘ゲーム。
僕は今回〝ヴィクトリー〟と呼ばれるガンダムを使用しておりました。
このガンダムは上半身(及び下半身)を分離し、敵にぶつける荒業を使用可能という中々面白いキャラであります。
何度敵にぶつけようが無限に手足のスペアが飛んで来るので、ついつい何回も試してしまう……それ以外の性能は平凡(あんまり強くない)なのですが、面白いから良いかなとw


このヴィクトリーこと「Vガンダム」は僕が初めてリアルタイムで観たガンダム、そしてガンダムを知るきっかけとなった作品なので、僕にとっては特別な思い入れがあります。

激しい雨が 心を奮わせる
あの日のように
ただ走り抜けた 昨日までのMy Dream
信じているのさ
終わりの無い Defenceでもいいよ
君が僕を 見詰め続けてくれるなら

Stand Up To the Victory!
幾つもの朝を迎え 何時かきっと
掴んでみせる
Stand Up To the Victory!
その向こう側に 何も無くても
構わないから
かけがえの無い 君の優しい 笑顔抱いて…


と、主題歌を今でも時々歌ってしまうくらいはまっておりました(苦笑)
放送していたのは15年前――小学生の頃か。 時間の流れるのって早いなあ。

子供(主人公)の眼の前で自爆する敵兵とか。

首だけ残して死んでしまう女の人とか。

裸(にほぼ近い格好)で白兵戦を挑んでくる女性兵とか……あれ、今考えてみると小学生がじっくり見るような話じゃないぞ?
2~3話の間隔でメインキャラが死んでいくって死亡率の高過ぎるよなあ……^^;

金曜日の午後五時に放送していたのですが、放送倫理にうるさい現在では間違いなく深夜帯に回される内容だったと思います。
まぁそんな殺伐とした物語だったが故に、子供心にも〝戦争=くだらなくて哀しいもの〟としっかり理解出来たのですが(苦笑)
大人になった今こそ、再度観てみたい話ではありますね。

――CSで再放送したりしないのかなぁ、コレw
スポンサーサイト
2008.03.08 Sat l ゲーム l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

さまざまな規制によって
不快感とかないようにって事なんでしょうけど
そんなに気にするものなんですかねえ…
あからさまに失礼なのとか以外は
緩和されてもっていう…
2008.03.09 Sun l MEL. URL l 編集
無意識にそうゆうむごい映像を
面白がってみてしまうのも、
問題の原因なのかな。。。
2008.03.10 Mon l tamirin. URL l 編集
中学生のころにプライベートライアンみて号泣してました。いやー、いまだに見てますけどねぇ。
それにしても残虐なシーン過ぎると逆に子供には良い影響もありそうな気がしなくも無い最近ですw
2008.03.11 Tue l 朝比奈. URL l 編集
>MELさん
確かに。 一見しただけでは判別の付き辛いものまで規制をかけてしまうのは、ちょっと違うと思いますね。
正直そこまで神経過敏になられても、視聴者側としては困ってしまうわけで……^^;

>tamirinさん
やはりむごたらしい映像と言うのは、自然と目を引いて(記憶に残って)しまうものですからねぇ。
面白がるかどうかはともかく、そういった映像を「反面教師」として見せるのは教育としてはありなのではないかと…。

>朝比奈さん
感受性が豊かな頃に、そういった感動とか、残酷描写とかを見せるのは中々良いかも知れませんね。
ただ、その後の人格形成にちょっとした影響が見られてしまうやも知れませんが(苦笑)
2008.03.18 Tue l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/329-315867d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。