上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
漫画の面白さと掃除の進行度は反比例するという不文律がこの世にはあると思う。

あれから遅々として掃除が進んでおりません……!^^;

いや、全く進んでいないと言うワケでは無いのですけれども……本来ならばとうに一段落していなければならない時期。
であるのに、未だに部屋の大まかな整理すら終わっていない状況。

実家改築の日が刻一刻と近付いていると言うのにこの体たらく。
自らの意志の弱さに絶望を感じずにはいられない日々を過ごしております(苦笑)


猫の手も借りたい(自業自得だけど)というのはこういう状況のことを言うのかなあ(汗)


08年4月24日1
なあ猫よ、ものは相談なんだが煮干し一本で主人の掃除を手伝ってはくれんかね?

08年4月24日2

ぷいっ

やっぱり駄目か。 そうかー…orz



――それはさておき。

このままだとまたぐだぐだな内容になってしまいそうなので、今回は自身が所有する漫画の〝お勧め〟を挙げてみようかなと思います。
実家の押し入れで発掘した個人的漫画傑作選と言えば聞こえは良いかな? ……ぐだぐだでないかどうかは大変微妙な感じがしますが(苦笑)


BANANA FISH(吉田秋生)(別冊少女コミック)
サスペンス、少女漫画(…にはとても思えないが)。
類まれなる素養と美貌を持って生まれたが故に、数奇な運命を辿ることになった一人の天才の鮮烈な生涯を描いた物語。
絵は好みが分かれそうだが、間違いなく「面白い」と言える漫画の一つ。
読み終えた後に抱くのは、同情なのか、羨望なのか、虚無なのか――切ないものが胸に降りてくるような、そんな何とも言えない感覚。
久しぶりに読んだら、ちょっと泣けました(苦笑)


キャプテン→プレイボール(ちばあきお)(週刊少年ジャンプ)
スポーツ、野球もの。
お世辞にも才能があるとは言えないが、抜群のリーダーシップを持ってチームを率いる「キャプテン」の姿を描く。
最近の野球漫画に良く見られる〝何かしらの才能のあるプレイヤーが活躍する〟内容に対し、こちらは〝努力に努力を重ねた凡人が活躍する〟というもの。
「普通の人が野球に全身全霊を傾けるとこうなる」ということが良く解るお話(笑)
著者が執筆途中で亡くなられた為、未完であるのが非常に悔やまれる…。


Red Eyes(神堂潤)(マガジンGREAT、連載中)
架空兵器(と現行兵器)が数多く登場する、架空戦記漫画。
驚異的な戦闘能力を個人で有することから、敵味方両方より畏怖の念を込めて「虐殺」(ジェノサイド)と称される一兵士が主人公の物語。
「戦う理由を見つける為に」戦場に身を置く主人公と、それを取り巻く人物、世界観、その全てが秀逸過ぎるほどに秀逸な作品である。
これから先がとても気になる漫画なのではあるが、マガジンGREAT自体がうちの近くの本屋に置かれていないのが悩みどころ^^;;


湾岸ミッドナイト(楠みちはる)(週刊ヤングマガジン、連載中)
車漫画。
「悪魔のZ」と呼ばれる初期型S30Zを駆る主人公に、数々の挑戦者が現れては去っていく。 という物語。
……のはずなのだが、この漫画の真の魅力は台詞の秀逸さ。
ファンの間では「湾岸ポエム」と称されるこの台詞群、人生と言うか、生き方についての指標になるものが多い(作者自身の価値観)ので、何だか共感してしまう。

「今夜でなければ駄目なんだ。 同じ夜は――二度とやって来ない」
とか
「忘れなくても良い、ずっと。 引き摺っていても良い、いつまでも。 それでも前に進むのなら」
とか
「間違いを悔やむのはいい。 失敗は忘れなくていい…だが、ソレを数えるな。 いつも自分の手の中を見ろ」
とか

――湾岸ミッドナイトは台詞を楽しむ漫画である(苦笑)


おとぎ奉り(井上淳哉)(コミックガム、連載中)
バトル漫画。
古来より四つの方角から街を護る、と伝えられる四聖獣の神器。
そのうちの一つ〝朱雀の弓〟を身体に宿してしまった主人公が、魑魅魍魎との闘いに巻き込まれていく、という物語。
バトル漫画としては馴染みのあるような内容ではあるが、秀逸な絵と細かい設定で、完成度の高い作品に仕上がっているお話。
今、やっと最後の敵が出てきた所なんですが……どうなるんだッ?!w


ロックマンX(岩本佳宏)(コミックボンボン)
個人的名作。

ゲームのコミカライズとしては一番良い出来……だと個人的には思ってます。
「ロックマンなんて小さい子が読むものだろ?」と思っていると肩透かしを受けること請け合いの内容。 兎に角アツイ!w

ブックオフに行けば100円コーナーに一冊はあると思うので興味のある方は是非(ぇ)


そしてジョジョ、といった感じでしょうか。
「名作だ」と思える漫画は他にも多々ありますが、超個人的にまとめてみるとコレ位かな。


……これを全部きちんと片付けるのか、と思うと気が重いなあ(汗)



まぁ、まだ時間は(ちょっとだけ)あるし、多分大丈夫だろう……大丈夫、だよな?^^;

てなワケで、もう一度これらを読み漁ることにしましょうかね(苦笑)
スポンサーサイト
2008.04.24 Thu l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

キャプテン、湾岸ミッドナイト、読みました。
兄が週刊漫画雑誌を広く読んでいたので、つられて読んでいました。
じぇふ茶さん推薦のロックマンXが非常に興味深いです。アツイ!という言葉に弱い!
名作漫画は、何度読んでも心の汗をバンバンとかいてしまいますな~
2008.04.25 Fri l ぶんママ. URL l 編集
なんか猫と遊んでいるだけで一日が過ぎていきそうな…w
いいなぁ、ぬこ。
ぬこを枕にしてマンガとか最高ですよね(マテ
2008.04.25 Fri l あかねこ. URL l 編集
最終行に
そうじの進行が進まない可能性を
見出してみたりw
2008.04.25 Fri l MEL. URL l 編集
掃除中に古い漫画とか見つけるとついつい読んじゃいますよね(;^_^A

そしてロックマンXが異常に気になるw
2008.04.26 Sat l デデデのデ. URL l 編集
そもそも出来るだけ漫画とか置かないように一定数たまったらブックオフに売り払っているので「うわ!この漫画久しぶりだ!」とならないようにしている記号士です。

自分の意思のなさを自覚しているための行動なんですww
2008.04.27 Sun l 記号士. URL l 編集
>ぶんママさん
おお、読まれておられましたかw
湾岸~の方は今でも連載されているので、コンビニとかに立ち寄るとついつい読んでしまいます…^^;

>>ロックマン
ゲームのロックマンが元々好きだったので、それ繋がりで読み始めた(小学生の頃)のがキッカケです。
これを読んでから、僕の漫画に対する見方が変わりましたw

>あかねこさん
寝ている猫の傍にいると、わけもなく眠くなってしまう…。
そうやってうとうとしていると、何時の間にやら2時間くらいは過ぎてますねぇ。
ぬこ、恐るべし(苦笑)

>>枕にして
うちのヤツは枕にしようとすると、パンチとキックを連続で繰り出して来ます。
――まぁ、(爪を抜きにすれば)攻撃力はほぼ皆無なので気にせず枕にしちゃうのですがw

>MELさん
パーセンテージ的には
掃除を無事に終わらせる 2%
猫と戯れて一日を過ごす 15%
漫画を読み耽る     45%
積みゲー消化      22%
あきらめて寝る     16%
みたいな感じでしょうか(ぉ)

……改めて考え直してみると、ほぼ掃除をする気が無い自分に驚きを隠せません(苦笑)

>デデデのデさん
掃除中であれば尚更……ですよね。
〝やらなきゃいけない〟という意識があるからこそ、余計に気になってしまうと言うか(苦笑)

>>ロックマンX
読んだら「ロックマン」に対するイメージが変わると思います。
単なるアクションゲームにあれだけの〝熱さ〟を付与できるのは珍しい…w

>記号士さん
その方法は良いかも知れない……けど、ジョジョを始めとした捨てるに捨てられない漫画がある今では難しい^^;;
「これは面白いし、また読むよな~」とか思ってしまうと売りにいけないヘタレですorz

父の良く解らない蔵書とかなら平気で持っていけるんだけどなぁー。
2008.05.02 Fri l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/344-cbf91cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。