上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
休みの間にしたこと、その1.

雀荘に行って来た。


仕事が終わって連休に入った直後。
同僚と飲んでいる最中に、何とはなしに「麻雀でもやりに行かない?」という話になる。
仕事終了と同時に酒→麻雀のコンボとは。
なんだか凄い勢いでオヤジ化を果たしているような気もするけれど……まぁいいや(・э・)


そんなこんなで雀荘に向かうことになった我ら一行。

雀荘と言う場所に訪れるのは今回が初めてだったので、少々緊張しておりました。


都内某所にある雀荘に案内され、中に入ってみると……何か自分の想像していた場所と違う。
室内はかなり広く、清潔、食事等のサービスも充実していて、かなり過ごし易そうな感じ。
中でも一番意外だったのは、女性が客全体の3割くらいを占めていること。
それもおばちゃんからお姉さんまで、年齢層も様々である。
勿論ゲームを楽しんでいる人の中には黒服にサングラスといった出で立ちの人や、〝ざわざわざわざわ〟みたいな雰囲気を醸し出している人も居ない。
皆一様に和気藹々と麻雀に興じている。
要するに、(僕の知識にある)雀荘にありそうな柄の悪さは微塵も感じないのである。

てっきりもうちょっと手狭で、暑苦しいくらいにぎゅうぎゅう詰めで、男女比は10:0かと思っていたのになぁ。 少しばかり肩透かしを喰らった気分である。

――いや、此処はむしろ漫画や小説にあるような場所じゃなかったことを安心するべきなんだろうか?

これからの人生とか血液とかを賭けずに済んで良かったみたいな感じで(苦笑)


……何となく麻雀=負けたらヤバイみたいな方程式が自分の中に出来上がってしまっているような(汗)


自身の麻雀知識はほぼ漫画か小説からなのだが、それに登場する人物は皆〝命〟とか〝返済不能なくらいの借金〟とか洒落にならないものを賭けの対象にして勝負することが多いので、その影響を思い切り受けてしまっているからだと思う。
まぁ、だからこそそういった作品群は面白いのであるがw
麻雀放浪記アカギ(アニメの方)とか。



さて、肝心のゲームの方であるが。

気付いたら負けていたという結果と相成りました。 …いや、あれ? もう終わってたの?^^;

どうも、あまりにも過ごし易かった環境の為か、打っている途中で意識を失ったり、ぼんやりしていて切る牌を間違えたりとかしていたらしい。
お酒が入っている状態で、ふかふかとした椅子に座りながら、(比較的)ゆっくりとした進行の麻雀をやるにはあまりにも厳し過ぎた(汗)


約4000円も負けるとは……痛い出費だったなあ……orz
スポンサーサイト
2008.05.07 Wed l 日常 l コメント (9) トラックバック (0) l top

コメント

>黒服にサングラスといった出で立ちの人や、〝ざわざわざわざわ〟みたいな

むしろ行ってみたいwww

血を抜くための変な注射器とかw
2008.05.08 Thu l MEL. URL l 編集
麻雀漫画では「哭きの竜」と「ぎゅわんぶらあ自己中心派」を読んでました。
確かに、雀荘って、血とタバコの煙と札束のニオイがしますね(怖)
ファミリー麻雀ばっかりなので、下手ですが、好きです!
2008.05.08 Thu l ぶんママ. URL l 編集
ざわ…ざわ…としてる人がいなかったのは不幸中の幸いですが、4000円あればゲームが一本買えますよ!w
2008.05.08 Thu l あかねこ. URL l 編集
>MELさん
相手にあがられる度に、どんどん自身の血液が抜かれ…^^;;;
そういう設備があるお店にはきっと、「耳に針を取り付ける装置」もあると思います(ぇ)w


>ぶんママさん
「お前さん、背中が煤けてるぜ」――こういうカッコイイ台詞が似合う状況を作ってみたいものですが、麻雀が弱い自分には無理か…(苦笑)

>>雀荘
何と言うか、少なからず殺伐としたイメージがありますよね。
同じような知的ゲームである将棋や囲碁よりも、麻雀は〝ギャンブル〟的な側面が強いからなのだろうか^^;


>あかねこさん
改めて考えると、4000円は大金でありましたorz

我ながら大敗を喫したもんだよなぁ……あそこで三萬を切らなければ……ッ(苦笑)
2008.05.09 Fri l じぇふ茶. URL l 編集
雀荘には昔行ったことありますが、普通ですよね。「竜」とかの世界は特殊だと言う事で。
長いこと麻雀してないけど今打ったら負けるんだろうなあ。
でも漫画は今でも好きです、最近は竜の外伝と、兎ってのを読んでます。弟の所有物ですが(笑)
2008.05.09 Fri l gunchang. URL l 編集
そもそも麻雀のルール知らないお子様記号士ですw
だから完全に「アカギ」とか「哲」とかそういう世界のものと認識されております・・ww
きっとそういう人ばっかりの雀荘もどっかに・・・あるのか?!w
2008.05.10 Sat l 記号士. URL l 編集
>gunchangさん
そうですねえ……まぁ、目の前で実際に腕とか指とかを賭けているのを見せ付けられたら確実に逃げ出したくなるでしょうし^^; 普通が一番なのかも(ぇ)w

>>兎
自分も結構読んでました。
麻雀をしている最中は「主人公らが有する特殊能力が欲しい…!」と切に願ったものです(苦笑)


>記号士さん
僕は麻雀のルールをそれらの漫画から覚えました……そもそもの入り方から間違っていたのかも知れません^^;
少なくとも今回行った雀荘には、イカサマを使っていそうな人は居ませんでした(苦笑)

>>そういう雀荘
アカギはともかく哲也は実録を基にした漫画(かなり作者によるオリジナル要素が入ってますが)ですから、日本の何処かにはあるのかも?
でもなあ……5秒で山を積んだり、牌の後ろに指紋を付けてその牌を記憶したりとか出来る人なんて居るのかなあ……居たとしても、そんな特技を持った人は麻雀以外のことをしていそうな^^;;
2008.05.12 Mon l じぇふ茶. URL l 編集
小6くらいからやっている気がする...
私も麻雀歴は無駄に長いのですが、
未だに雀荘打ちはしたことがないのですよー(苦笑)。
歴ばっかり長くて凄まじく下手なのもあり...(凹)。

でも、やっぱりそういう環境でにぎって揉まれてこそ
強くなるというのもあるみたいですね(笑)。
今後はカモにならないようご注意を~。
2008.05.14 Wed l Ash. URL l 編集
>Ashさん
麻雀暦は……3年くらいですね。
実際に雀荘に行ったのは今回が初めてなのですが、アルバイトで知り合った人たちと打ったのが最初であります。
強くはなりたいものの、どうすれば強くなるのかが全く解らなかったり(苦笑)

>>そういう環境で打つ
確かに、強くなる為には厳しい環境に自分の身を置く必要がありますね。
強くなるまでに払う必要のあるお金は、ある意味授業料みたいなものか……どれくらい払えば強くなれるのだろうか?w

次にやる時は、是非相手に一矢報いるくらいはしたいですね~(汗)
2008.05.15 Thu l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/350-70fbc812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。