上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
久しぶりにビッグコミックスピリッツの「美味しんぼ」を読んだら

士郎と海原雄山が和解してた

え? 仲直りしたの? あれだけ仲直りするのを拒否してたのに?( ̄△ ̄;)

何時かは仲直りするだろうとは思っていたけれど、意外に円満に解決したなあ……しかし、ここまで引っ張らんでも親父がぶっ倒れた時点で仲直りしていた方が上手くまとまったと思うんだが、どうなんだろう(苦笑)


不毛な親子喧嘩をネタにする(実際は違います。 念のためw)という側面があるこの漫画。
連載が開始されてからもう20年以上は経つし(劇中では親子喧嘩が始まってから少なくとも30年以上が経過)、何時かは仲直りしなくちゃ収まらない内容だったし。
当然と言えば当然の展開なのですが、何かが終わったという得体の知れない喪失感があるような。 何とも寂しい気分になっております。

まぁ、最早喧嘩の原因(母親の待遇に於ける見解の相違)もハッキリしなくなってきたし、こんな風に前触れ無しに終わらせた方が座りが良いのかも知れませんね。
それにしても長い親子喧嘩だったなあ……いい加減どっちか折れろよ(^^;;)


今回親子の関係が一応の修復を見せた所で終わっていますが、〝親子喧嘩〟という要素を失くしてしまったことで、今後どのような展開になるのかが気になるところ。

――このまま最終回になって、息子を主人公にした続編が始まったりしないだろうな?

身近な例もあるし、ちょっと心配であります(苦笑)



参考:海原雄山

主人公・山岡士郎と海原雄山が歴史的和解
スポンサーサイト
2008.05.14 Wed l 日常 l コメント (10) トラックバック (0) l top

コメント

Yahoo!ニュースにも出てましたよー歴史的和解ってことでw
一区切りつけるとなると、これからの展開はどうなるんでしょうかね・・・。

美味しんぼとは全く関係ありませんが、長期戦(?)ものといえば鷲巣麻雀はいつ終わるんだか・・・(; ̄□ ̄
まぁ終わったら終わったでやっぱり喪失感g(ry
2008.05.14 Wed l デデデのデ. URL l 編集
孫はカスガイ的な終わり方なのかしら?
それとも、大食いに警鐘を鳴らして感動の一時的ラストなのかしら…
昔は夢中で読んでたけど、すっかり今は飽きてしまったからなぁ~。
原作者と漫画家の人達、印税で暮らしていくのかしら(爆)
2008.05.14 Wed l ぶんママ. URL l 編集
今後は
東西新聞の飛沢と
美食倶楽部の良三で戦う事が
案外スルーされてる罠w
2008.05.15 Thu l MEL. URL l 編集
これが普通にニュースになってることが凄いですね。
でも確かに驚きました。最近読んでないですが。
2008.05.15 Thu l gunchang. URL l 編集
>デデデのデさん
ある意味本作のテーマみたいなものに結論を出されてますからねぇ。
本当にこれから先どうなるのやら…w

>>鷲巣麻雀
いや、あれはもう全くどうなるか読めませんね^^;
「一局に何週かかるんだ」という話だったのが、最近じゃ「一巡経過するのに何週かかるんだ」という話に……何だかなあ……(苦笑)


>ぶんママさん
>>孫
>>大食いに警鐘
うーん、和解の決め手になったのはその両方でしょうね……まぁ、なんだかんだ言っても30年以上も喧嘩していた訳だから、互いに思うところがあったと言えば良いのか(苦笑)

個人的には栗田さんと結婚した辺りで読むのを止めてました。
何時の間にやら100巻を越えているとは思わなかったw


>MELさん
その二人だと、ああいう対決を行うにはキャラが弱過ぎる…!w
漫画のことながら、担当者が変わることで東西(及び帝都)新聞の発行部数が落ちやしないかと心配になります(^^;)


>gunchangさん
よくよく考えると、確かにニュースとして取り上げられているのはちょっと不思議な感じがしますねぇ。
「日本で一番長く続いている親子喧嘩」として、各界から注目を集めていたとか……いや、無いな^^;;
2008.05.15 Thu l じぇふ茶. URL l 編集
一体何年越しの親子喧嘩なのか・・・いやいや、年月の長さよりもあまりにも周囲を巻き込みすぎていることに異議を唱えたいです(^^;)
歴史的ってねぇ(^^;)
2008.05.15 Thu l 明日香. URL l 編集
ネタ作り
いやいやいやいやー!
最近の芸能界でもほら、
人気のなくなってきたタレントとかアイドルが、

 電撃結婚 → 即離婚

的に無理矢理話題作りしてるじゃないですか(爆)。
なので、近々おとずれると私は読んでますよ~。

『山岡士郎と海原雄山、早速決別!』
2008.05.16 Fri l Ash. URL l 編集
私もYAHOOニュースで見て驚愕しました。
そう、私も雄山が弱って回復に手を貸したあたりでもう自分的には充分だと思ってました。
今回のは読んでないのでどういった和解になったのか存じないのですが…ゆう子が大暴れしていると踏んでいます。
(読まれたんですね?どうでした??)
なんにしても二人の親子喧嘩が終わった時点で私の中でも何かが終わった感があります。
2008.05.16 Fri l puriri. URL l 編集
各所で話題でしたのでコンビニで立ち読みしてきました・・・・なんか・・・無理やりというかすっきりしないよな・・・

やっぱり初期の傍若無人親父の海原くんのほうが好きですw
2008.05.16 Fri l 記号士. URL l 編集
>明日香さん
確かに……最早二人だけの話ではなくなってますよね。
考えてみたら、究極と至高の対決も親子喧嘩を新聞紙上で全国展開しているようなものだからなあ(苦笑)

まぁ、これだけ長い間同じ相手と喧嘩をしていた、という漫画は他に類を見ないし、歴史的と言えば言えるのかも……w


>Ashさん
早ッ! 決別早ッ!!
何処の事務所の話題作り戦法ですかッ^^;

でも、もしそういう展開になったら僕はスピリッツを毎週買いそうですね――美味しんぼが完結するまで(ぉ)w


>puririさん
和解した経緯……うーーん、掻い摘んで言うと

いつもの通り究極対至高の勝負があった

これまたいつも通り士郎が雄山にやり込められた

ゆう子やチヨが両者に「そろそろ喧嘩は良いんじゃないか」と提言

両者一応の和解を見せる

みたいな展開だったような(ぉ)

あれだけどろどろとしていた割には、結構あっさりとした和解だったので、ちょっと拍子抜けした感はありますね^^;;


>記号士さん
あれだけ引き伸ばしてきた割には、かなりあっさりとした結末でしたよね。
何と言うか「鯛焼きを食べたら尻尾まで餡子が詰まっていなくてがっかり」みたいな気分が(何)

>>初期
初めの頃は二人ともはっちゃけていたんですけどねぇw
何時からあんな風に丸くなってしまったのか……(苦笑)
2008.05.17 Sat l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/355-eda2cdca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。