上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
080615.jpg


事件より一週間が経った今日、買い物がてら現場を訪れてみた。


花と飲み物が山のように積まれ、その前を通る殆どの人が黙祷を捧げて行く。
その表情は暗い。 笑っている顔などは一つも無い。 中には事件の関係者なのかどうなのか、涙ぐんでいる人もいる――当然のことだろう、それ程のことがこのすぐ近くで起こったのだから。

音と光の宝庫であるかのようなこの街の中で、この一角だけが異様な雰囲気を醸し出していた。


この近くで惨劇が起こったという事実。
暗い雰囲気に包まれている現場。
……段々「興味本位で(必ずしもそれだけではないが)見に来た」という自分が情けなくて、居た堪れなくなっていく。
寂しさとか、切なさとか、哀しさとか、そのようなものが全てごちゃ混ぜになったような生々しさが、この場所にはあった。 きっと、この“感じ”は薄れることはあっても、完全に消え去ることはないだろう。
誰かが、この事件を覚えている限り。


犯人は、この光景を見てどう思うんだろう?
自分のやったことの結果を目の当たりにして、何を感じるんだろう?
少しは胸の痛みを感じたりはするのだろうか。

――罪の軽重は別にしても、加害者の方には此処に一度は訪れて欲しい、と思った。




東京・秋葉原殺傷:ホコ天、警戒強化 事件受け、各地で防犯カメラ

歩行者天国、という言葉がなくなったりしなけりゃ良いけどなぁ…。


【大量殺人予告】 「加藤に共感した。あす九州の駅で歴史に残る大量殺人を…」…携帯サイトに書き込み。九州の各駅で警戒

昨日の記事ではありますが。
真似をするならもうちょっと尊敬出来るような行為でやれ、と…(汗)
スポンサーサイト
2008.06.15 Sun l 日常 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

自分の記憶の中にある、事件や事故にまつわる場所は、簡単に忘れる事は無いだろうと思います。ソノ場所が、自分の行動範囲内にあったり、愛着のある場所だったら尚更です。何だか、その場所が異空間のように目に映ります。
殺人予告をした人、自分の鬱積した想いをぶつけるのはいいけれど、発散する方向が明らかに間違ってます。実行しないで済んで何よりでした・・・
2008.06.16 Mon l ぶんママ. URL l 編集
この事件絡みってわけでもあるんですが、一週間経ってから警官が無茶な警邏したみたいですね。
無人の人間を強引に取り締まって点数稼ぎしたりしたそうです。
折角犯人捕まって良識あるほとんどの人が冥福を祈っているところで暴れる警察って…。
先週活躍しろよと思いました。
2008.06.16 Mon l あかねこ. URL l 編集
犯人は絶対悪なんですが
自分の立ち位置だと
加害者にも被害者にもなりそうで複雑です…
2008.06.16 Mon l MEL. URL l 編集
この事件が起きてしまってからは、もう歩行者「天国」とは呼べないのかもしれません('・ω・`)
犯人には自分の犯した罪の重大さに早く気付いてほしいです。
2008.06.16 Mon l デデデのデ. URL l 編集
今は東北地方の地震のおかげでマスゴミの話題がうつりつつあります。だからといって忘れちゃいけないことですよね。
現に東京江東区の女性殺害とかあれはもう早くも忘れられつつありますし・・・
2008.06.17 Tue l 記号士. URL l 編集
今のままだと
何故このような事になったのか?
何故このようにしなければならなかったのか?
色々と疑問の残る事件。

それでいて、今後はこういう事件も増えていくんだろうな~
という漠然とした不安の残る今の世の中(苦笑)。

警察が現在やっている取り締まり手段なんて、
ちょっと用意周到にされただけでも...
例えば、今回の事件のようなやり方には
まったく無力にして無意味な対処方法。

もっと根本を見直さなければならない時が
もう来ていると思うのですよね...個人的には。
2008.06.18 Wed l Ash. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/373-85cab965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。