上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
自宅の改築が終了してからほぼ一週間。
すっかり変わった部屋の内装にも段々慣れつつある今日この頃ですが、慣れたと思った時にこそ、気を引き締める必要がある訳で。

今回は油断大敵を地で行くようなお話をしようかと思います。 まぁ、自業自得なのかも知れませんけど(苦笑)


朝起きて、寝惚け眼のまま部屋を出る。
最近はちょっと朝が早いので、物凄く眠い。
まだ誰も起きていない、薄暗い廊下を通って、新聞を取りに出ようと玄関に向かう。 
ふああと欠伸をしながらドアを開けて外に出て――ガシャ キュイイイインという電子音を聞いて、初めて気が付く。 あ、玄関のドアってオートロックになったんだっけ――と。

再びドアを開けようと手に力を込める。 …ビクともしない。
力が足りないのかと渾身の力を込めて引く。 …やはりビクともしない。
引いても駄目なら押すべきか。 いやでもこれは(外側からだと)引き戸だし。 …どうしようもなくビクともしない。

俺、家入れないじゃん。(; ̄△ ̄)

何勝手に鍵閉めてんだ?! 我ながら理不尽なことを言ってるとは思うけどさ! 


――インターホンを派手に鳴らして両親を起こして開けて貰う、というのもアレなので。
結局物置から脚立を持って来て、屋根に飛び移り、2階の自分の部屋の窓から侵入(開け放しにしてた)するという泥棒まがいの行為をすることに。 朝の早い時間帯だったから、他人の目にこの行為が触れなかったのが唯一の救いであった――が、俺は朝から何をやっているんだろう?(汗)


状況に慣れるということは大切ですが、慣れたからと言って気を抜きすぎるのも良くない…ということなんでしょうな。 たぶん。

…今度から鍵は肌身離さず持つようにしよう(苦笑)



>猫ドア近況

ちょっとぶれてますが。

12月3日

猫ドアの効果を知りつつ(?)も、その前でドアが開くのを待ち続ける猫。
…そんなにイヤか? そこを通るのが^^;

もう一匹の方は拙いながらも通るようになった(お腹は支えませんでした)のですが、こちらはまだ猫ドアに疑念を持っている模様。
そんな顔してそこで待ってても、開けてなんかやらんからなッ



~約15分後~



暫く経って見てみたら、さっきと変わらない状態で部屋の中を睨み続けていた。
どうもドアを開けるまで入って来る気はないらしい。 なんて意地っ張りなヤツだ。
…はあ。 解ったよ、開けてやるよ…orz



※ あまりにもスパムなコメントが多いので、設定を弄って画像認証設定をしました。
二週間ほど更新をサボっていた間は6件程度だったのに、何で今日に限って4件も変なコメントが入っているんだ?
…スパムを作っている人に、僕のブログは更新を歓迎されとらんのかな(苦笑)
スポンサーサイト
2008.12.03 Wed l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

猫ドアいいなぁ…。
そこから入りたいw

そして朝から泥棒の真似をwwww
不審者すぎるww
2008.12.04 Thu l あかねこ. URL l 編集
いんてりじぇんと家?
お、オートロック!!!
カッコェェ! 近未来の家だ!!!
(↑発想が古いだけともいう...)

しかし、ご苦労様でした~。
今の御時世いつ何事で警察がやってくるか
さっぱりわからない時代なので、
誰かに見られたりしなくて良かったですねー。
2008.12.04 Thu l Ash. URL l 編集
玄関、オートロックですか!これで防犯対策バッチリ・・・
のはずが、二階の窓から侵入~~!!!誰にも見つからなくって、よかった!!!

>猫ドア近況
最新型のテレビかと見間違えるような!!!
憂いを帯びた目線が何ともイイ味だしてますね。
2008.12.04 Thu l ぶんママ. URL l 編集
猫ドアいかされてないwwww

しかしこの表情を撮れた事に価値がw

オートロックはこういう時に良し悪しですよね…
2008.12.05 Fri l MEL. URL l 編集
最近、職場である薬局のドアが勝手に鍵がかかるようになってしまって困っています。あけっぱにしとけば大丈夫なんだけど麻薬とかあるから無用心だしなあ・・・ていうかさっさと修理してくれよ!!!w
2008.12.05 Fri l 記号士. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/451-0b99d44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。