上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
またまた時間的に前後するんですが、先週の土曜に

09031700.jpg

「ドラゴンボール エヴォリューション」を見て来ました。

…見る前からなんやかんや言われていましたが、実際に見てみるとこれがまた…(汗)


(ストーリー)

約2000年ほど前、遠い宇宙からやって来た魔王が平和だった世界に破壊と混沌をもたらした。
人類は魔王とその弟子――大猿が持つ圧倒的な戦闘力に為す術がなく、逆らう者は次々と殺されていった。

いよいよ絶滅寸前にまで追い込まれた人類だったが、とうとう特別な力を持つ7人の老師が魔王の侵攻を食い止めるべく立ち上がった。
激しい戦いの末、老師たちは伝説の呪文〝マフーバ〟を使用、魔王を封印し地球の奥深くに閉じ込めることに成功した。 こうして地球に平穏が訪れたのだった……。



上映開始2分で此処までがストーリーの骨子として語られるのですが、正直この時点で帰ろうかと思いました
この突っ込みどころがありまくりなあらすじはなんなんだよ! 魔王だけ封印して弟子は放置かよ! と言うか弟子の大猿って悟空だろ! そこら辺の説明をもっと詳しくしてくれよ!!^^;

思い切り顔に〝?〟を浮かべざるを得ない展開ですが、そんな違和感に我慢しながら続きを見てました。

祖父の孫悟飯に修行をつけられる悟空。 〝気〟の使い方を学ぶ悟空。 学校に通う悟空。 そこでは変人として皆に苛められている悟空。 それとは逆に人気者のチチ(幼馴染という設定)。 封印されていた筈なのに唐突に現れるピッコロ(と本来はピラフ一味の一人であるマイ)。 ハイテク機器を駆使してドラゴンボールを追うブルマ。 かなりファンキーな出で立ちの亀仙人。 どっからどう見てもチンピラにしか見えないヤムチャ。 なんでやっているのかどうかが解らない武道会。 原作と激しく原理が異なるかめはめ波。 そして己の宿命に目覚めた悟空とピッコロのラストバトル――。

俺に、一体どうしろと言うんだ

なんかこう「原作をこんなんしちゃいました。 思う存分ツッコミを入れて下さいね♪」って言われている感じがして、逆にツッコめない…! ただ、どうしても言わせて戴きたいことが一つ。

かめはめ波は身体から突っ込む技じゃねえだろ。 気を! 気を放出する技だってばさ! どういう解釈してんだ?!

…作った人は原作を全く見ていないか、熟知しているかのどちらかなんじゃないだろうか…。



まあ、兎に角全体的に展開が唐突過ぎて、原作を見ていないとよく解らない。
しかし前評判からも解るとおり、原作とは似て非なる設定になっているので余計に混乱してしまう。 先がどうなるか全く予測が付かないという恐怖に似たドキドキ感はあるので、その点は(ちょっとだけ。 本当にちょっとだけ)楽しめましたが。

結論を言うと、ドラゴンボールが好きという人ほど泥沼にハマる内容の映画ですね――とは言え、ドラゴンボールを全く知らない人が見たら面白いのかと言われたら…やはりそこは疑問符が付くと言わざるを得ないけど(苦笑)

いちおうドラゴンボールと銘打っている映画なのに、こんなんで良いのかいな?orz


ただ、こんな映画でも良いところは幾つかあるもので。

ポイポイカプセルが異様にカッコイイ。
ドラゴンレーダーが無駄にハイテク。


見終わった後、アニメのドラゴンボールが無性に見たくなる。

ええ、帰りに近くのTSUTAYAでフリーザ編全巻借りて、三日かけて全部見ましたよ! 
久しぶりに見るけど、やはりベジータとかフリーザとか、悪役が良い味出してんなあ…このアニメ。


…映画がこれだけ微妙な出来なのは、来月に始まるドラゴンボールの再放送に向けての期待度を高める為なのかなあ…と勝手に邪推していますが、真相はどうなんでしょうねえ。


>追記

兄にパンフレットを見せた時に言われた一言。

「尻尾は?」







>参考

ドラゴンボール改 公式

ドラゴンボールエボリューションを見てきたわけだが

【映画】『DRAGONBALL EVOLUTION』世界最速上映も厳しいスタート…100人前後の動員で「勢いは今ひとつ」

僕が見に行ったのは新宿のとある映画館なのですが、300人くらい入る所なのに40人くらいしか人が居なかったなあ…いち視聴者ながら、そのあまりの人の少なさに不安になったものです^^;
スポンサーサイト

2009.03.17 Tue l 映画 l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

>「ドラゴンボール エヴォリューション」を見て来ました。

この時点で死相が(汗

まああれですよ
ちょっとした友人との談笑時とかに話すための
ネタを仕入れたと思えば・・・高いか(汗
2009.03.18 Wed l MEL. URL l 編集
真の猛者!!!!
>「ドラゴンボール エヴォリューション」を見て来ました。

映画監督がチャウチンチーなので興味はあるんですが、
いかんせん、主役の俳優の顔がナニコレにしか見えません…
しかし、しかし、観てもいない私が何も言う資格は無いのです!
実際に目で見て、体感したじぇふ茶さんにこそ、何でも語れる資格があるのです!!!
お疲れ様でございましたー!!!
2009.03.18 Wed l ぶんママ. URL l 編集
じぇふ茶さん 今晩はw

これが噂のドラゴンボールwww
話には聞いていましたが実際に体験された方のお言葉は重みが違うわぁww
本当、誰が得するんでしょうねこの映画w

でも酷いと聞くと逆に見たくなる不思議www
2009.03.19 Thu l ACDC. URL l 編集
>MELさん
予想以上に高い代償を支払ってしまいましたorz

兄や会社の同僚の人にも展開を話してみたんですが、誰もが首を傾げるばかりで…やはり直接見に行かないとあの微妙さは伝わらないみたいです(苦笑)


>ぶんママさん
>>監督はチャウ・シンチー
自分も当初はそう思っていたのですが、どうもチャウ氏は今回プロデューサーで、実際の現場監督はジェームズ・ウォン氏(代表作「ミレニアム」など)らしいです…まあ、此処まで来てしまうと誰が録ってもあんまり変わらないような気もしますが(汗)

前評判も酷かったですが、実際に見てみるともっと酷い――「百聞は一見に如かず」って本当のことなんだというのが良く解る映画ですね(苦笑)


>ACDCさん
ACDCさん、こんばんはっすw

本当に何のために、誰のために録ったのか…話題作りなのか、単なるネタとして製作したのか? 何かもう、製作者を直接問い詰めたくなる衝動に駆られそうです。
きっと鳥山先生の方には企画や製作が半分以上進んだ(もう後戻りが出来ない)状態になってから話が行ったんだろうなあ…^^;

>>内容の酷さ
ある意味その酷さを期待して行ったのに、実際に見てみると、その酷さに凹んでしまう不思議w
2009.03.19 Thu l じぇふ茶. URL l 編集
完全にネタ映画www
以前にレビューをする羽目になった「テニプリTHE MOVIE」と同じ臭いと感じます。あれに億単位の金をがつがつかけたらこうなるんだろうなあ・・・・www
2009.03.22 Sun l 記号士. URL l 編集
地雷
地雷!!!
踏む前から明らかにわかる地雷を(大笑)。
じぇふ茶さん、勇者だ~~~。

最終的にどのくらいの興行収入を得るが、
実に楽しみ楽しみ(爆)。
2009.03.22 Sun l Ash. URL l 編集
>記号士さん
始まる前からネタと解っていたはずなのに、そうと知っていても踏みに行きたくなってしまう…。

致命傷を受けてからじゃないと「見なきゃ良かった」とは気が付かないものなんですよね。 人間ってほんとに不思議だ~(ぇ)w


>Ashさん
踏む前と言うよりも、もう500メートル手前くらいから「あそこには地雷があるぞ」と事前に解ってしまっているような感じでしたね(苦笑)

>>興行収入

ttp://guideline.livedoor.biz/archives/51184429.html

ゲームの売上げがこんなでは、興行収入も推して知るべし…?^^;;
2009.03.25 Wed l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/472-4d057c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。