上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
夜、某古本屋の店内に入った時のこと。

お店に入ってすぐに

「なんでそうなるんだ!?」

という野太い声が聞こえた。

声のした方向を見てみると、買い取りカウンター前に仁王立ちしているおっさん一人と、困り果てた顔をしている店員さんが一人。
おっさんはその後ろ姿からでも怒っているのが伺える。

「なんでこの本がこの値段なんだよ? はっきりと説明しろよ!」
「申し訳ありません、こちらの本の買い取り価格はこのようになっておりまして」
「だからどんな風に値段を決めてんのかそれを説明しろって言ってんだろ!」

…あー、ありゃ多分売りに来た本の査定結果に腹を立てているんだろうなぁ。
まあ、確かに「折角持って来たのにそんな値段?」みたいな気分になってしまうのは良く解る。
定価1700円とかいう本でも、普通に買い取り額が10~50円になるしな…^^;

学生時代、この某古本屋の系列店にアルバイトとして勤めていた頃の経験を紐解くと、そこでの本の買値は少年漫画は20円、少女漫画も20円、青年漫画(ワイドコミック含む)が30円、文庫サイズの漫画が50円、文庫サイズの小説(エッセイなども含む)が10円、新版サイズの小説が20円、単行本サイズの本(ハードカバー付など)が40円、その他雑誌サイズのものは一律10円(全て1冊の値段)
特定の漫画や本(1,2ヶ月以内に刊行された人気漫画やベストセラーになった小説など知名度の高いもの)にはそれに応じた金額が設定されることもあるが、基本的にはこんな風に本の種類・サイズで値段が決定、更にそれに本の状態(汚れとか日焼けがあるかどうか)を考慮して値段が-10~+50と変動する、という決まりがあった。 今はどうなのか解らないけれど。

なので、本を売ってまとまったお金を得ようとするなら此処では売らない方が良いってことになるのだが、関係者でない一般のお客さんにそのようなことは知る由も無い(時たまそれを熟知していて拾った本をまとめて持って来るような人も居たが)。
お店のルールに乗っ取った買い取り値段に納得してくれないお客さんを納得させるのが今思うと一番キツかったなあ…。 あの店員さんには同情するぜ…。

まあ、そんな僕の過去はさて置き。

おっさんはしきりに

「もっと高く買い取れないのか」

とか

「そうやって年間何億儲けてやがるんだ」

などと騒いでいた。
遠巻きに見ているだけの僕でさえ「うるせぇなぁ」と思っているのだから、対応している店員さんの労苦は推して知るべしである。 んな騒ぐなら別の店持ってけばいいじゃんよ(汗)

そんな風にちょいといらいらしながら本を物色、ついでに立ち読みなどしつつ約20分。

結局小説2冊を手にレジに行こうとしたら、そこには長蛇の列。
列の先にはさっきのおっさん。 どうもおっさんがまた騒いでいるおかげでレジの動きが滞っているらしい。

「これは100円のコーナーにあったのに、なんで200円って書いてあるんだ!」

…もうさ…僕が100円あげるからその本持って帰ってくれないかなおじさん?

騒ぐなら人に迷惑をかけないところで静かに騒げ。 こんな衆人環視の場所でぎゃあぎゃあ抜かすなッ!^^;




――この直後、マク○ナルドに寄ったら

「手さげくらい付けろ!」

と騒ぐさっきとは別のおっさんが居た(最近のマッ○はエコキャンペーンか何かでビニール袋を付けないらしい)。

…一応注意書きの所に書いてあるんだからさ…そこを熟読してから注文しろよ。

それでもイヤだってんならエコバックを常備しろよ。 それが面倒ならファーストフードなんか食うなよ。 つーか深夜に近い時間帯なのに店の前で大声出して騒ぐなッ! イライラするわッ!


人が訳の解らないところで騒いで、それが原因で他の人に(明らかに)迷惑がかかっている所を見ると……もう、こちらが悪いわけでも無いのに疲れるなあ。
そんな場面を一日に二回も見るのは精神的に不健康であります。


気に入らないことがあるのは解るけど、もうちょっと穏便に解決しようぜorz



んで、やっとこさ夜食のポテトとナゲットを購入した後、帰宅するために乗った電車内。

酔っ払ってんだか疲れきってるのか解らないおっさんに肩を枕にされる。 正直重くて邪魔でしかないorz

肩をゆっくり上下に動かして、意識を覚醒させようと促すも効果は無い。
それならばと相手の頭がこちらに倒れこんで来る瞬間を狙って肩をぶつけてやるようにしてやる。 が、おっさんはびくともしない。 それどころかいびきをかいて余裕の面持ちである。 ――鼻っ面に肘をねじ込んだろか、このおっさん(怒)

いい加減鬱陶しいので席を替えたら、おっさんはその後に僕の居た場所に座った人も枕にしてました。 最早狙っているとしか思えねえ…。



なんかもうね。 何て言ったら良いんですかね。 ブックOフとマッ○と電車に乗ってたおっさんよ。

公共の場はあんたらの家じゃねえぞ? 人をイライラさせるのも大概にして下さいな^^;;;



眼に余るような状況に対して口(もしくは手)を出せるような性格をしていないので、余計にイライラが募ってしまいますなあ…こういう場合は(苦笑)
スポンサーサイト
2009.07.10 Fri l 日常 l コメント (5) トラックバック (0) l top

コメント

三大オッサン祭
二度あることは三度あるとは言いますが、
本当に三度も巡り合うとは…おっさん、不快でしたね。ご苦労様でした。

私も、不快なオッサンやオバサンに入る年齢に差し掛かってきたので、
言動には注意しなきゃと思いました。
更年期障害ってのは、男女を問わずあるっていいますが、それを理由に傍若無人な態度はイカンですたい!!!
2009.07.11 Sat l ぶんママ. URL l 編集
No title
金曜に自分が帰ってから
店には社長がいたわけなんですが
10人くらいしか来てないうち
2人に値切り要求されたとか…

いろいろかって10200円になって
200円まけてよ?といわれれば
わりと平気なスタイルの店なんですが
2200円の品一つ持ってきて
2000円になんねーの?とか
それが通じるなら値札の意味NEEEEEE!!
2009.07.12 Sun l MEL. URL l 編集
世の中
何というか...
いくつになっても人としての常識はなくしたくないものですよね。

でも、多分。
上の二つのおっさんに関しては、
そうやって“ごねる”事で得をしてきた
過去を持っているのでしょうね。

今の世の中、どんなに理不尽であっても
何故か声の大きい人が得をする時代。
常識がない人には、常識じゃない対応をしても
本来当然な気がするのに、商売というだけで
それが許されない変な時代。

どんどんこんな世の中になっていくのでしょうかねー(苦笑)。
2009.07.13 Mon l Ash. URL l 編集
No title
このところ中高年の方のモラルというかマナーの低さが目立ちますね・・・年をとると理性が減っていくとはいうけども・・・自分もああなったりするのかなあ・・・

今のうちのおっさんどもを反面教師としてああならないように気をつけよう・・・
2009.07.14 Tue l 記号士. URL l 編集
7月10日レス
>ぶんママさん
一人見るだけでも精一杯なのに、ああいうのを三人も見るのは流石に不快でした…ストレスと言うものは他人(事柄)とのせめぎ合い、触れ合いで生まれるものですが、こんな形で発散するのは止めて貰いたいものです(汗)

外であんな大声で怒鳴られてもなあ…。


>MELさん
値切りに関してはまあ良いとは思うのですが(自分もやるし)、一品しか買ってないのにそれを値切ろうという度胸は自分には(苦笑)
値切るにも方法と言うか、最低限のルールはある(常識とも言う)のだから、せめてそれくらいは守って欲しいもんですね…。


>Ashさん
あれは「ごねる」ではなく、完全にただの「我侭」でしたなあ…^^;
あんな風に我を通すのが、これだけ周りに不快感を催すものだとは。 子供ならともかく(いや、子供でも考え物か?)大人でギャースカ怒鳴り散らすのは問題がありますねぇ。

お客さんだから(お金を払う立場だから)何をしても良い、という意識があるのだろうとは思いますが、そういった認識は一刻も早く改めて欲しいものですね。


>記号士さん
騒いでいるおじさん達を見る機会があると、こっちは逆に冷静になって来ますね。
「ああはなるまい」という感じに(苦笑)

自分も気をつけねばなあ…。
2009.07.22 Wed l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/498-9c36725a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。