上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、実写映画「あしたのジョー」を見てきました。

20110213.jpg

封切りの2月11日に友人と一緒に見に行ってきたのですが、その日に限って何故か関東地方は雪。
この友人と出かける時は何時も天気が悪いよなあ…恐らく彼は類稀なる雨男に違いない。
今度何か嫌なイベントがあった時は、彼を自分の近くに配置させておくことにしよう、うん。


それはさておき、映画なのですが。

……そんなに悪くなかった……いや、むしろ面白かっ……た……??

今までに見た漫画(ゲーム)→実写の流れの作品(「ドラゴンボール」、「宇宙戦艦ヤマト」、「機動戦士ガンダム」、「スーパーマリオブラザーズ」など)と比べると、遥かに楽しめる内容になってました。 これには本気で驚いた。 てっきり思い切り原作を無視した内容になるかと思ってたのに、ほぼ原作準拠だったしなあ。
当たり前と言えば当たり前なんですけれども、漫画原作の話は原作通りにやれば普通に面白いってことですね。 うーむ、本当に意外だ…。


※以下ネタバレ含みます。



映画本編はジョーがドヤ街に流れ着き、丹下段平と出会い少年院に収監、宿命のライバルである力石徹と出会い、ボクシングにのめり込みプロボクサーとしてデビュー、力石と再戦をするまでを描いておりました(原作一部終了まで)。

力石との試合までに原作から削られているエピソードは

ジョーが子供たちを利用し、白木葉子を騙して大金を得るくだり。
高等少年院にて、ジョーが脱走を企てるくだり。
少年院内のボクシング大会にて、段平がディフェンスの極意をジョーに教える為に用意した青山の存在。
ボクシング協会からつまはじきにされていた段平のため、ジョーがウルフ金串に喧嘩を売るくだり。
ジョーがプロテストにて相手を病院送りにするくだり。
林家夫妻と紀子の存在。
ウルフ金串戦へ向けてのトリプルクロス習得の為の練習風景。
力石戦へ向けてのアッパー対策。


原作に改変が加えられていた部分は

ドヤ街を白木財閥が開発しようとしている(原作でそういう話はなし)
白木葉子の生い立ち(映画ではドヤ街の出身ということになっている。 原作は普通に金持ちの孫)
力石が少年院に入っていた理由(白木葉子の生い立ちをスクープしようとした記者をぶちのめす。 原作はただ野次られたことによる衝動的な暴力)
力石がジョーのデビュー時に既に世界挑戦が内定している(原作では普通に日本ランカーだったような)
ジョー&力石戦後の展開。


自分が気付いたのはこれくらいでしょうか。

原作改変の部分は違和感無く見れました。
ただ、必要以上に白木葉子のイメージを良くしようとしているのがちょっと鼻に付きました。 「彼女にはこういう背景があるからこんな性格になっても仕方が無いんだ」って感じで。 嫌いなわけではないのだけれど、何か言動と行動に苛々しちゃうんだよなあ…原作の読みすぎか?(苦笑)

あと、青山のエピソードとトリプルクロス習得のくだりはやって欲しかったと思いますが、それでなくても二時間半の映画。 漫画の話を全部やってたら流石に尺に収められないか。 少々急展開過ぎるような感じも受けましたが、それは仕方が無い部分なのかなー。

個人的に劇中でのハマリ役だと思ったのは力石徹役の伊勢谷友介さん。
少々気障ったらしく、冷静っぽく見せて実は熱くなり易い。 僕が持つ力石のイメージに酷似しておりました。 
映画終盤、ジョーに向けて遺言を残すという原作改変は良かった。 マジで。

逆に山下智久演じる主役のジョーは…力石と比べるとちょっと残念な感じ。
全編通して“無口で暗い青年”って印象しかなかったなぁ。 やくざとの喧嘩の際に踏み潰された紙飛行機を女の子に返してやったりとか、原作譲りの“さりげない優しさ”は描かれていたものの、もうちょっと明るいキャラでも良かったと思う。 気難しいけど優しくて明るい、のが矢吹丈だと思うんだがなあ。 個人的なイメージですけど。


試合解説、主要人物の対戦相手に元プロボクサーを起用していたり(元世界王者の浜田剛史さんとか)、試合パートの組み立て(打ち合いの迫力やコンビネーション)など、演技の面でも結構目を見張るものがありました。
中でも初めてクロスカウンターを繰り出したシーン。 原作での構図を(ほぼ)再現しているのに不覚にもこだわりを感じてしまいました。 原作でも映画でも「こんなに威力あるのはおかしいだろ」と突っ込みを入れたくなりましたが(苦笑)


企画が決まった当初は正直「なんだそりゃ。 名作を変な風にしてくれるなよ」と懐疑的な気分で一杯でしたが。
見てみたら見てみたで、原作をきちんと好きな人が作っているんだなーと好感が持てました。

「ドラゴンボール」は問題外。 「宇宙戦艦ヤマト」は結果的にキムタクを際立たせるための映画。
原作を基にした映画を作るのであれば、原作に対しての愛がなければダメなんだなあ……。



最後に。 

個人的な要望を上げるとするなら、オープニングとエンディングの曲は原作準拠にして欲しかったなー。
エンディングが宇多田ヒカルというのは少々違和感が(苦笑)


スポンサーサイト

2011.02.13 Sun l 映画 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

NoTitle
白木葉子はアニメ版の壇ふみの印象が強くて、
主演女優さんには正直ガックリ来てました・・・
そうか。三割増しのウザさ・・・だったのか!!!!
個人的に一番気になってるのは丹下段平氏のコスプレです。
あの異様なまでの再現にウケ狙い疑惑すら過ぎったのですが、
映画では何ら問題にならなかったんですね。さすが香川照之!!!
主演男優に関してはそうか・・・って言う感じでした。
原画を描いたちばてつや氏も伊勢谷氏を大絶賛でしたし!!!!
2011.02.13 Sun l ぶんママ. URL l 編集
NoTitle
>原作を基にした映画を作るのであれば、原作に対しての愛

やはりこれに尽きますよね
基本的な軸がしっかりしてれば
そうそうおかしい事にはならないはずっていう…

キャラゲームでも同じことがいえますよね…
2011.02.13 Sun l MEL. URL l 編集
NoTitle
原作不足で名作漫画ひっぱりだして・・・な昨今、無茶な原作レイプからはどうにか脱却できているんですね・・・まあ先頃公開されたガンツだかはかなりアレな出来だったらしいので、全部が全部よくなったわけじゃないんでしょうけどもw
2011.02.14 Mon l 記号士. URL l 編集
NoTitle
>ぶんママさん

自分も壇ふみさんのイメージが強いですねぇ。
原作の雰囲気は上手く再現できていると思うのですが、やはりあのキャラを実写で表現するのは…難しいのか…。
あのウザイ感じはちゃんと出てたと思うのですが(苦笑)

>>香川照之さん
彼もかなり良かったですねー。
登場の際にはちょっと微妙でしたが、物語が進んでいくにつれて違和感がなくなっていったのはその演技の成せる技なのでしょうか。
名言の「立つんだジョー!」には必要以上に力が入ってましたw

ちばてつや先生も絶賛されていたとは。
伊勢谷さんマジパねえ…!


>MELさん

“こうすれば面白くなる”という基本的な道しるべは記されているはずなのに、何故そこに余計なアレンジを加えようとするのか。
明らかに無理な原作改変を加える理由っていったいなんなのでしょうね?

現場の監督の見栄とかなのかなあ…「俺ならこうする。 この方がもっと面白くなる」みたいなw


>記号士さん

少なくとも今作からは原作不足という印象は受けませんでした。
原作をインスパイアしている以上当たり前といえば当たり前なのですが…それだけのことが凄い、と思えてしまうのは何故なのだろう(苦笑)

>>ガンツ
主演の松山ケンイチさん好きなんですけどねえ…駄目だったのかorz
2011.02.15 Tue l じぇふ茶. URL l 編集
びっくり
なに! 面白かった!?!?
驚きです。
もの凄い予想外の驚きですよ!(爆)
というか、これだけ原作の細かいエピソードを思い出せるとは……
じぇふ茶さんもやりますなぁ~(笑)。

白木のお嬢様は、第一部ではそんなに重要な位置付けでは
なかったけど、やっぱそれだとヒロインが目立てない云々
といった事情があったのでしょうかね~。

ちなみに、ガンツは見に行った“友”の話によると
戦闘シーン以外は悪くもなかったとか……
あの話、戦闘シーン以外ってあったっけか?(爆)
2011.02.22 Tue l Ash. URL l 編集
2月13日レス
>Ashさん

いやあ、普通に面白かったですw
展開自体はほぼ原作通りなので新鮮味は薄かったですが、役者の方の演技と演出には結構見れるものがありました。
まぁ原作が面白いのだから、原作をそのままやれば面白くなるのはほぼ確実…なのだけれども、いまの原作付きの実写映画はそれすらも出来ていないものが多いからなぁ^^;

>お嬢様
確かに、第二部から目立ち始めてきましたよね。
とは言えヒロインと言うには微妙だし、ジョーの敵…と言うのも違う感じだし。
僕にとっては何時見ても立ち位置のよく分からない微妙なキャラですねえ。
結局何がしたかったんだ? このお嬢様はw

>ガンツ
いや、戦闘シーン以外にもガンツ内の設定とか、敵星人の特異なデザインとか…あれ、戦闘シーンとほぼ同一視して良いのかこの辺は?(苦笑)
2011.02.28 Mon l じぇふ茶. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/617-9c0afc32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。