上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
つい先日、やっとこさ手に入れて来ました^^;
20060910084322.jpg

ちょっとだけやってみた感想です。
少々辛口なので、追記にしておきます(苦笑)
オープニングムービー。
クオリティもさることながら、悠久の風(フィールドのテーマ)から水の巫女のテーマ?へと流れるBGMには昔、やっきになってFC版をやっていた頃の思い出が刺激される。
エンタープライズ。
ノーチラス。
インビシブル…と、当時の自分がこのゲームから受けた感動と衝撃は計り知れない。
その時の経験が、この哀愁にも似た感覚を作り上げているのかどうかは解らないが「名作は色褪せない物」なのだということを最初の最初から痛感させてくれる。

…しかしながら、プレイした他の方々の意見にも多くあるように、幾つかこのリメイクの手法には不満が残る。
一番は、やはり主人公キャラクターへの個性付けが原因なのか、どうにも感情移入し辛い点であろうか。
キャラに固有の名前を付け、キャラクターデザインも一新するというのであれば、ジョブや能力値等の「ゲーム内に於ける性能」も個性を付けて欲しかった(キャラによってなれるジョブが違うとか)。
まぁ、それをやるとFF3でなくなってしまうのだが(汗)
後、パッケージのデザインとゲーム内でのデザインが全然違う点。
説明書でのキャラはカッコいいのに、ゲーム内で3Dになったキャラは…何と言えばよいのかぽっちゃりとして「可愛い」感じになってしまっているのに少々違和感が。
これはゲームをやる上では支障はないのだけれども、ゲームを楽しむ上では(使うキャラに違和感を感じると言うのは)ちょっと問題ではなかろうか。

…とまあ、リメイクして色々良くなった部分があるはずなのに、その良くなった部分を違和感(蛇足?)としてしか捉えられないのは、如何に(自分の中で)FF3というゲームの完成度が高かったか、ということに他ならない。
敵のエンカウント率を下げ、何処でもセーブ出来る機能を追加したFC版の“完全な”移植をアドバンスで出してくれないかなあ…。
旧ファンとしてはそれの登場を心待ちにしております(何)w
スポンサーサイト

2006.09.09 Sat l ゲーム(DS、PS2等) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sokarisu.blog68.fc2.com/tb.php/78-146d383e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。